This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

働きやすさが何よりの魅力-日本で働きたいという“想い”からネットネイティブで働きたいという“想い”へ

株式会社ネットネイティブ 社員インタビューvol.3「システムエンジニア B・A」

------------------------------

1、なぜネットネイティブを選んだのか

-ネットネイティブを選んだきっかけは?
前職でもWEBの開発をしていたんですが、技術的にレベルアップできて、もっと待遇のいい会社を探していました。その時にネットネイティブで面接をしてくれた開発チームの方がすごく良い人で、この会社ならやっていけるなって思って。最初に面接した人事の方もスゴイ印象が良くて安心できました。

-環境としてのレベルアップも叶った?
すごいレベルアップしました。前職は1つのサーバーで運用していたんですけど、今はすごい複雑で。働いているエンジニアもみんなスキルが高くて、尊敬できる人ばかり。チーフエンジニアのSさんのおかげで、難しい仕事もどんどん慣れてきました。本当にすごい人で、ずっとそばにいたいです(笑)。

-そもそも日本に来たキッカケは?
日本のアニメやゲームが好きで、5年くらい前にウクライナから日本に来ました。日本に行ってみようと思って、色々な日本の会社をネットで調べて、履歴書をメールで送ったんです。「なんでもします」「チャレンジさせてください」って。前職が日本で初めて働いた会社なんですけど、ビザを作るのに時間がかかって内定から入社まで3ヶ月かかってしまいました。

2、現在担当している内容・今後力を入れていきたいこと

-現在、対応している業務内容は?
他サイトのニュース記事を受け取って配信する「フィード」の作業を担当しています。最初は分からないこともあったけど、色々教えてもらえて今では完ぺきに出来るようになりました。社内で「フィード」といえば僕みたいな。それにやるべき業務が整理されていて、プライオリティもしっかり決められているから、働きやすい環境です。

-今後、力を入れていきたいことは?
今すぐに取り入れられるわけではないですが、最新のテクノロジーにも触れていきたいです。最近流行っているVR(virtual reality)とかも面白いなって。新しい技術を取り入れることにより、モデルプレス読者がワクワクするような機能を作っていけたらいいなと思います。

3、ネットネイティブらしさ・好きなところ

-会社のいいところは?
フレックス制度があるのはすごくいいと思います。出社時間を調整することができるから、満員電車が辛くてストレスが溜まることもないので。それにみんなすごく良い人で優しい。建設的でない言い合いなどはありません。

-社員との具体的なエピソードは?
Vimというテキストエディタをネットネイティブに入る前から使っていたんですが、Sさんに使い方を教わったらコードを書くのが3倍4倍くらい早くなりました。1人で調べるとすごく大変なんですけど、みんな分からないことは教えてくれるので。前からVimを使うのが好きだったんですけど、ここに入ってからもっと好きになりました。

-他の部署と関わることは?
結構あります。人事や編集部、マーケティング部とも。日本人らしいインダイレクト(遠回し)な表現が分からなくて困ったこともありましたが、そういうことも教えてもらって、今ではもう慣れました。

4、どんな人と働きたいか

-どんな方に入社してもらいたい?
明るくて楽しい人がいいですね。開発チームは緩いわけじゃないんですけど、みんな優しくて。ピリピリしている職場は好きじゃないから(笑)。あとはSさんのように技術的に優れた人だと、刺激になっていいと思います。

株式会社ネットネイティブs Stellenangebote
Anonymous
E51d0b09 eea6 4aa2 b27a 1e677966888f?1564568368
Anonymous
Anonymous
E9da7d5c 9572 45d0 9533 6e362a6a217d
Picture?height=40&width=40
7 Likes
Anonymous
E51d0b09 eea6 4aa2 b27a 1e677966888f?1564568368
Anonymous
Anonymous
E9da7d5c 9572 45d0 9533 6e362a6a217d
Picture?height=40&width=40
7 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen

Page top icon