This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

こんなにエンジニアを尊重してくれる会社はない。ソーシャルゲーム開発エンジニアが語る、メディカルノートの魅力。

メディカルノートが展開するサービスに横断的に関わっている長友俊介(ながともしゅんすけ)さん。外資系企業でのサポートエンジニア、SIerでの業務アプリ開発、自社ソーシャルゲーム開発を経て、現在はメディカルノートでエンジニアとして活躍しています。

前職ではマネジメントも任されていた長友さんですが、なぜメディカルノートに転職したのでしょうか。長友さんにその理由やメディカルノートで働く魅力について聞いてみました!

OSSを使った開発に挑戦したかった

ーーこれまでのキャリアについて教えてください。

新卒で外資系企業に入社して、ハードウェアのサポートエンジニアとして3年半ほど働きました。外資系だったこともあり風通しはよく、上司・部下が分け隔てなく意見を交えることができる自由な社風でした。

サポートの業務は楽しかったのですが、次第に作る仕事に携わりたいと考えるようになり、実務未経験でエンジニアを募集していたSIerに転職することに。そこでは、工場の在庫管理や勤怠管理システムの開発を任されていました。おかげさまでスキルは身に付いたのですが、社風が肌に合わず転職を考えるようになりました。

そこで重視したのが、自由な社風である程度の収入も担保できること。そんな中、当時ゲーム業界の中でも勢いのあった前職が目に止まり、ジョインすることに。4年半在籍した中で、ソーシャルゲーム開発やマネジメントに携わってきました。

ーーそんな中、なぜメディカルノートに転職しようと思ったのでしょうか。

お金ではなく技術で問題を解決したいと思ったからです。

前職で開発を手がけていたソーシャルゲームはトラフィックも多く、仕事のやりがいはありました。ただ、ユーザーからのアクセスが集中してサーバーに負荷がかかった時に、根本的な技術的解決よりも速度を優先してサーバーの台数を増やして解決することが多かったんです。

また、ベンダーのフレームワークを使用していたこともあり、OSSを用いた業務開発にも興味がありました。そのため、当時担当していたプロジェクトがひと段落したタイミングで、RubyやRailsを使った開発に挑戦しようと思いました。

あと、ちょうどその頃、子どもが生まれたこともあって「社会的意義を強く感じられる仕事をしたい」と考えていました。メディカルノートでは培った経験も活かせるし、事業内容も社会貢献度が高い。自分が欲しいと思うサービスを作れそうだということもメディカルノートを選ぶ決め手になりましたね。

新しい技術にチャレンジしやすい社風

ーーメディカルノートに転職して感じた前職との違いについて教えてください。

まず驚いたのは、新しい技術にカジュアルにチャレンジできる社風です。これまでいた会社では長く運用しているものが多かったので、リスクヘッジ的な観点から実績のある技術やフレームワークから大きく外れることが難しかった。今はプロダクトの価値を高めるためなら、エンジニア発信でどんどん新しい技術の導入を提案できます。

ーープロダクトの価値を高めるために、エンジニア発信で新しい技術が導入された事例はありますか?

僕がまだメディカルノートに入社する前から動いていたことなのですが、エンジニアからの提案でトラフィックの上昇に備えてFastlyを導入したことがありました。それまでのメディカルノートは、例えば1分間に1000人がアクセスしたらサーバーがダウンしてしまう状況だったそうです。キャッシュサーバーの一種であるFastlyを導入した結果、その30倍以上ものアクセスにも耐えられるようになりました。

ーーエンジニアが新しい技術にチャレンジしやすい環境ということですね。

そうですね。現在はマイクロサービス化を進めていますし、先日スマートフォンアプリもリリースされました。その他にもまだまだ新しいことに携わるチャンスがあります。メディカルノートは「これがやりたい」と発信すれば、それを任せてくれる風土。これからもできることを増やしていきたいし、それができる環境がここにはあると思います。

1番の魅力は、気持ちよく仕事ができる環境

ーー他にメディカルノートで働く環境として魅力に感じることはありますか?

メディカルノートで働くの1番の魅力は、気持ちよく仕事ができることです。エンジニアとして働いていると、急な仕様変更や無理な納期設定に直面するケースも多いと思いますが、メディカルノートのディレクターはそこに対するケアが素晴らしい。

納期がタイトになりそうな場合は、「どの機能を減らせば間に合うか(減らしても良いか)」あるいは「納期を後ろにずらしましょう」と、業務を調整する議論もきちんと行われます。しかも、ユーザーに対するプロダクトの提供価値には妥協しません。

そこを守りながら、こんなにエンジニアを尊重してくれる会社は他にありません。この環境を1度知ってしまうともう他で働くのは無理でしょう(笑)。それくらいエンジニアがストレスなく働ける環境ですし、僕にとってはそれがここで働く1番の魅力です。ディレクター、エンジニアをはじめ、一緒に働くメンバーはみな優秀な方ばかり。だからこそ、いろんな観点で妥協せずよい方向に改善できているのだと思います。

もう1つ、レビュー文化が徹底されていることも強みだと感じます。メディカルノートではリリース前に必ずエンジニアが2名以上でコードをチェックしています。これまでいた会社でここまでレビュー文化が根付いている職場はありませんでした。自分よりスキルの高い人のコードを見て勉強することもできるし、自分のコードに対するフィードバックもある。こうした環境があるからこそ、エンジニア同士が切磋琢磨して成長していくことができます。

ーーそれは素晴らしい文化ですね。

はい。あとは、講座やセミナー費用を会社負担してくれる文化も魅力です。実際に当社で活躍しているエンジニアの中には、こうした会社の支援制度を活用して講座やセミナーに参加している人もいます。成長意欲のある方にはお得ですよね。

ーー制度的なところでいうと、リモートワークもOKですよね。

そうですね。中には1週間フルリモートしているエンジニアもいます。僕も子どもが熱を出した時はリモートすることが多いのですが、そういった緊急の場合でも有給を使う必要がないのでとても助かっています。ZOOMやSlackで密にコミュニケーションをとっているので、リモートだからといって困ったことはありません。

「プロダクトを通して社会をよくしていきたい」そんな熱意を持った方と仕事がしたい

ーー最後に、どんな方と一緒に働きたいか教えてください。

やっぱり情熱がある人と一緒に働きたいですね。技術は学べば後からいくらでもついてきますが、熱意だけは学んで身に付くものではありません。「自分のつくったページによってユーザーを助けたい」「プロダクトを通じて社会をより良くしていきたい」そんな熱意を持った方と一緒に、これからのメディカルノートを盛り上げていけたらと思います。

メディカルノートでは、共に働く仲間を募集しています

少しでも興味をもってくださった方、まずはフランクにお話しませんか?ご応募お待ちしています。

株式会社メディカルノートs Stellenangebote
12 Likes
12 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen