This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

医療情報メディア「いしゃまち」
マーケティングソリューションサービス「歯科ピタ」
メディウィルは「大切な人の健康を守るお手伝い」という理念の下、 ・患者向け医療情報メディア「いしゃまち」 ・病院・クリニックにおけるマーケティングソリューションサービス「歯科ピタ」「医者ピタ」 を提供しています。 患者向け医療情報メディア「いしゃまち」は、医師や歯科医師、薬剤師などの医療従事者の協力・監修のもと、症状や病気について「わかりやすく」「公平に」「正確に」コンテンツを作り、発信しています。現時点(2017年3月時点)で、月間1,100万ユーザーに読んでいただけているメディアになりました。 マーケティングソリューションサービス「歯科ピタ」「医者ピタ」は、病院・クリニックにおけるマーケティングや広告、広報を支援するサービスです。Webサイトの制作からSEO対策、運用型広告、アクセス解析などのデジタルマーケティングのソリューションを一気通貫で提供しています。 この2つのメイン事業以外にメディウィルでは、一定の時間と費用、機会を研究開発に充てています。 Project “John Snow”と名付けたこのプロジェクトでは、人工知能を利用した医療情報サービスを研究開発しております。機械学習やディープラーニング、ビッグデータといったトピックに関わるビジネスです。

Why we do

弊社代表の城間波留人
ご協力いただいている医療従事者の方々に感謝の気持ちを込めて「いしゃまち感謝祭」を開催
創業者の城間は、心臓外科医の次男として誕生。 親族にも医師が多かったため、幼少期は漠然とそういう将来を考えていました。 しかし、中学・高校時代はバレーボールに熱中。 弱小チームの部長を務め、メンバーのモチベーションを上げながら、チームを強くすることのやりがいを感じるようになりました。 一つの転機となったのは、大学2年生のとき。 大学の先輩である楽天・三木谷さんの講演を聴き、世の中には「起業」という選択肢があることを初めて知ったのです。 それから大学を1年間休学し、シンガポール人のベンチャー起業家が立ち上げた会社にジョイン。わずか1年の間に組織は急成長、そして清算手続きへ…という激動の日々を送り、世の中の厳しさと自分の無力さを痛感。修業をすべく、一度就職をすることを決めました。 そこで、たまたまご縁があったのが前職となるゴールドマン・サックス。資本調達、株式投資の仕事を通じて上場企業の社長との出会いが増え、多くの刺激をもらううちに起業熱が高まってきました。 そこで入社4年後、思いきって会社を辞め、事業に専念することを決意。当時、漠然と「医療業界に貢献したい」という想いはあったものの最初の数ヵ月間は試行錯誤ばかりで人材紹介、コンサル…挑戦しては、失敗の繰り返し。 そんな中、たまたま知人の開業医の方から、新規の患者さんを増やしたい、という話を聞き、ホームページの制作を提案。自ら形にしたところ「患者さんが増えた」と喜んでくれ、ここにビジネスチャンスがあるのではないかと考えました。 当時、クリニックのホームページ開設率は2割にも達していない状況。そこで、当時のインターン生と一緒にひたすら飛び込み営業を行ってみると、なかでも歯科業界のニーズがすごく高いことを発見。それが、現在につながる事業が誕生した瞬間でした。現在では、入社4年目の新卒社員が事業部長を務め、事業を推進しています。 また、2014年に立ち上げた医療情報メディア「いしゃまち」にも注力しており、2017年3月時点で月間1000万人を超える利用者までに急成長しています。「症状」に悩む人達の問題解決となる医療情報サービスに向けて、日々研究開発しています。 当社には、必ず成し遂げるべきミッション「2026年に10億人が使う医療情報サービスを提供」があります。 想いを共有できる情熱的な皆さんと出会えることを心待ちにしています。

How we do

オフィス
忘年会
何よりもまず、「大切な人の健康を守るお手伝い」という理念が重要視されています。心身ともに健康でいられる社会を実現するため活動するメディウィルでは、まずはメンバーからその考え方を実践しています。 この理念に加えて、人として最低限守るべき「8つの行動規範」を定めています。 ①感謝と謝罪:常に「ありがとう」と「ごめんなさい」を言う ②約束と時間:常に「約束」と「時間」を守る ③利他:常に相手を思いやり、相手の立場になって考え、利他の心で行動する ④自己管理:常に自己管理し、健康管理に励む ⑤学習と教育:常に謙虚に学び、成長する ⑥創造:常に自分の頭で考え、「創意工夫」する ⑦仕組み化:常にアイデアを共有し、「仕組み化」する ⑧挑戦:常に新しいことに挑戦する この経営理念と行動規範以外は、各自の裁量に任せています。メディウィルのメンバーの大半は、デザイナーやプログラマー、エンジニア、エディター、ライターです。彼ら彼女らの自由な発想と熱い想いを尊重し、マネジメントがバックアップしながらプロダクトやサービスを開発しています。