This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

最高の事業を最高のチームで創りたい

株式会社メルカリに入る前

 ひとりっ子でさびしがりやのかまって病といううざい人格を持つ私は、学生時代から●●委員長とか、生徒会とかで目立つのが好きな人間でした。浪人時代にそんな自分を徹底的に抑圧していたせいで、大学に入ってかまって病は大爆発。他大学の新歓にも参加しながら情報収集して活動の場を探し、1年の夏休みに参加したビジネスコンテストで優勝し、2年にあがる春休みに参加した国際ビジネスコンテストで準優勝する経験をする中でいろんな人にかまってもらえるようになりました。ビジネスコンテストはいくつかの団体で実行委員をやる中で他大の学生の優秀さにビビりながらも刺激的な日々を過ごさせてもらいました。

 大学生活の前半は、拡大志向期ということで大学の外で活動することが多かったのですが、後半は、収束志向期ということで大学への恩返しも兼ねて大学を盛り上げる活動に軸足を置きながら活動しました。その中で進路相談会という進路支援の企画やミスコン、卒業パーティーの運営などを行う団体をやる中で、たくさんの人にかまってもらえたなと思います。

 ということで様々な機会においてリーダーをやる経験がありました。かまってもらおうとするのは、「出る杭になる」ということでもあるので、それなりにリスクが伴うことでした。仲間と口論になることもありました。メンバーが離れていくこともありました。「そんなのできっこないよ」とまさに出る杭を打たれることもしばしばありました。でもそれを1つ1つ乗り越える中で、「組織が最高のパフォーマンスを出し続けていくにはどうしたらいいのか」ということに関心が及ぶようになりました。

 1社目のリクルートでは当時、HRカンパニーと呼ばれる人材領域の事業部において法人営業を任されました。社長や、人事責任者から人や組織に関する相談をしてもらい、それに対する解決策を提案し、実践する毎日を過ごしました。まさに、「組織が最高のパフォーマンスを出し続けていくにはどうしたらいいのか」をお客さまの数だけ考えてはアウトプットする経験ができました。2年目の時には20名以上のグループにおいて戦略推進リーダーの1人として、チームとしてどうやって勝っていくかを考える経験ができたのも大きなプラスになりました。

 2社目のスターフェスティバルでは人事チームの立ち上げに参加させてもらいながら、早々にマネージャーをやらせてもらいました。「組織が最高のパフォーマンスを出し続けていくにはどうしたらいいのか」を、他社についてではなく、自社に対して考える経験と、自らリーダーシップやマネジメントを発揮する機会を数多くいただくことができました。人事、総務、お客様相談室、CS品質チームなど様々なチームの立ち上げをやらせてもらい、最終的にCSの責任者としての活躍の機会を得ることができました。約40人が所属するチームで、ひたすら「組織が最高のパフォーマンスを出し続けていくにはどうしたらいいのか」を実践する日々でした。最終的にこだわったのは、「人の可能性を信じ、高く求め、きちんと賞賛も含めて指摘する、評価する」ということでした。

 そんな中、メルカリの方と出会い、メルカリ入社にいたります。

株式会社メルカリについて

 メルカリは、日本最大のフリマアプリ「メルカリ」を運営している会社です。世界展開も進めていて、USにもオフィスを構え、今は日米でアプリの展開をしています。今後他の各地にも広げていく予定です。2013年2月の創業なので、まだ会社ができて3年の非常に若いベンチャー企業です。今はおよそ230名ほどの仲間が働いています。

 メルカリは次のようなミッションとバリューを持っています。 <ミッション>  Create value in a global marketplace where anyone can buy & sell  新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る <バリュー>  Go Bold — 大胆にやろう  All for One — 全ては成功のために  Be Professional — プロフェッショナルであれ

 これまで世の中になかったような市場、商習慣そのものを創っていくことが目標で、非常にエキサイティングな仕事です。そしてここに集まっている仲間は名だたる大企業やベンチャー企業のスター選手が多く、大人の組織でありながらもアグレッシブに前のめりな仕事ができる環境です。

今後どういうことをしていきたいか

 自分がメルカリでやることはまず、「社内外にとって超魅力的な”メルカリCSチーム”にしていく。」ということです。その中でこだわっていきたいと思っているのは次の2点。

・事業マネジメントと組織マネジメントをバランスよく行なって、  最高の事業、最高のチームを創る ・(メルカリはもちろん、メルカリに関わらず、)  CSを誰もが憧れるプラチナ職種にする

です。まずは、最高の事業を支える最高のチームを創っていきたいと思います。

株式会社メルカリs Stellenangebote
13 Likes
13 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen