This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

数タップするだけで、スマホ画面を共有してリアルタイムで配信が可能。スマホゲームをコミュニケーションと一緒に楽しむユーザーが多数います。
アバター機能のエモモ
《主な事業概要》 ◎ゲーム配信アプリ「Mirrativ」の運営  これまで、ゲーム配信は様々な機材を必要としていましたが、ミラティブはスマートフォン1台あれば配信できる画期的なサービスです。2018年には、VTuberのようなアバターを作成しライブ配信ができる機能「エモモ」を提供するなど、配信の垣根を下げてコミュニケーションを楽しんでもらう工夫を凝らしています。 ◆【多くのアクティブユーザーにより右肩上がりで成長中】 Mirrativは現在、900万IDを突破し成長中です。 また、ユーザーのアクティブさや熱量は他のサービスに類を見ないものとなっています。配信プラットフォームにおけるバイユーザー(配信者かつ視聴者である人)の比率は一般的に1%以下ですが、Mirrativはバイユーザー比率が20%と非常に高いことが特徴です。 Mirrativを使用したスマホゲームの実況数・動画投稿数は日本でもトップクラス(当社調べ)、ゲームのおともとしてこれからも成長していきます。3000万人が存在すると言われるスマホゲーム市場で、可能性を追求しているのがミラティブです。 ◆【新たな自分で生きるサードプレイスを】 当社はMirrativというアプリ空間、エモモというアバター(身体)機能を提供することで、相手をより身近に感じ、お互いのコミュニケーションを円滑にさせていきたいと考えています。この2つを用いて「新たな自分」を構築し、非日常の体験ができる「サードプレイス」のような空間を提供していくことが直近の展望です。2019年2月には35億円の資金調達を実施、ステークホルダーのバックアップを力に、失敗を恐れずどんどんチャレンジしていきます! *株式会社ミラティブ 公式サイト https://www.mirrativ.co.jp/

Warum wir das tun

Mirrativ公式キャラクター(左:ブル太、右:ミラビット)
オフィスを渋谷から目黒に写し、採用も一層強化しています!
◆【人とつながる楽しさを届けたい】 10代のころから音楽鑑賞が趣味だった代表の赤川は、インターネットでの交流を通して、多くの人と音楽への想いを語り合っていました。この経験から、相手と心を通じ合える機会をもっと多くの人に届けたいと思うようになります。 その後、入社したDeNAでゲーム開発に携わったことから、ゲームを通して交流する「コミュニケーション空間」をつくろうと決意。社内スタートアップとして、「Mirrativ」を立ち上げました。本格的に事業を進めるため、DeNAを退職→MBOを経て2018年2月に当社を設立。 サービスリリース後は多くのメディアに取り上げられ、先日はフジテレビのニュース番組で当社の組織づくりについて特集いただきました。 *放送を受け、代表赤川が書いた「組織」に関するnote https://note.mu/jakaguwa/n/nd952aee8ffc8 ◆【わかりあう瞬間をつなぐ】 「人と人とがわかりあう」ことは、簡単なことではありません。でもわかりあえたら、信頼できる仲間ができ、毎日の生活が豊かになっていくと当社は考えています。仲間が増えるその連鎖が、世界を少しずつ良い方向へ導いていくはずです。 信頼する仲間と一緒に楽しめる空間をつくりたい、だからサービスのコンセプトは「友達ん家でドラクエやっている感じ」。 ただゲームをするのではなく、ゲームを通じて友達とコミュニケーションできる空間を、当社はオンライン上で再現します。サービスを通してみんなの「わかりあう瞬間をつないでいく」ために、これからも素敵な居場所を提供していきます。

Wie wir's tun

ときに厳しく、ときににぎやかに働いています。
2019年2月、Gunosy元CFOの伊藤(写真右)が新たにCFOとして参画しました。
◆【事業の魅力に惹かれて入社した社員多数】 元起業家、DeNAの新卒MVPエンジニア、上場規模のスタートアップ執行役員経験者などが参画、30万人超のtwitterフォロワーを持つ、コミュニティマネージャーも在籍しています。「ゲーム×コミュニティの可能性に魅力を感じた」「最強のメンバーと最高のビジョンにワクワクした」など、国籍を問わず当社の可能性にかけて入社したメンバーばかりです。 ◆【ハイクオリティなベンチャー集団】 ベンチャーの良さを活かした少数精鋭&即断即決のスピーディな意思決定で、開発・運営が行われています。経営管理といったビジネスサイドは、複数名が役割分担しながら業務を推進中です。プロフェッショナルが集まっているため、レベルの高い次元で会話を進める→業務を推進という好循環な就業環境ができ上がっています。 ◆【快適に働けるよう、さまざまな制度を用意】 設立して1年ですが、他社に劣らず働きやすい環境を整えてきました。 ◎集中したいときなど、状況に応じてフルリモートOK ◎プレミアムエモイデー  →月に1度、お酒とご飯を用意して開催される全体MTG ◎希望の開発環境を準備  →デュアルディスプレイに加え、作業用のPCはwin/macから選択可能。もちろん椅子はアーロンチェア!