This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

「働くヒト」私のミッションは、マーケティング専門の組織を無くすこと。執行役員 根本悠子 後編

こんにちは。採用担当の行徳です。
ミクシィグループでは、メディア「ミクシル」を運営しています。
『ミクシィグループの魅力がまるわかりできるメディア』というコンセプトで運営されています。

https://mixil.mixi.co.jp/

記事コンテンツは、ミクシィグループの「会社のコト」、「働くヒト」を中心とした記事です。

マーケティング領域を担う執行役員 根本のインタビュー後編です。求人サイト「Find Job!」からSNS「mixi」、スマホアプリ「モンスターストライク」(以下、「モンスト」)というさまざまなプロダクトの企画運営、そしてプロモーション、マーケティングを経験する中で辿り着いた、組織戦略・マーケティング戦略について語ってもらいました。

※前編はコチラ

■ミクシィ社におけるマーケティング本部の組織戦略

【マーケットインの思考を会社全体に根付かせていくため、マーケティング本部が誕生。】


2018年4月から、プロダクトの成長をより加速させていくため、全プロダクトを統括するマーケティング本部が誕生しました。背景には、事業領域が広がりモンストで実践してきたバイラルマーケティングをはじめナレッジシェアやマーケットインの思考を社員全体に根付かせるためです。

また、もう一つの背景として、モンストのマーケティング戦略を担うメンバーとサービス企画・運営を手掛けるメンバーが、プロダクトサイドと一緒に課題、仮説、実行、検証をきちんと導き出すことの重要性を実感していることが挙げられます。モンストの周年イベントなどはそれの最たる取り組みだと思ってます。

【ロジックとストーリーは、モノ作りの指針になる】

新しいアイデア・技術・UI/UXを通じて質の高い体験を作り、プロダクトをスピーディーに生み出せる組織体制は私たちミクシィグループの強みです。

しかし、

「このサービスのターゲットとは?」
「どう使ってもらうべきか?」
「市場でのポジションは?」
「どのような差別化をしていくべきか?」
「バイラルマーケティングがどう効いて、どうグロースするのか?」

など、勝つための「ストーリー」や「戦略」は重要。と、頭ではわかっているものの、ぼんやりしたゴールやスケジュールドリブンでモノを作ることが、まだまだ多いような気がしています。それ自体を否定しているわけではなく、すぐに形にできるのは強みですが、企業である以上「プロダクトとして勝てるかどうか」の青写真を描くことが必要です。確実な未来は誰もわかりませんし、「必ず勝てる戦略」は難しいかもしれませんが、勝てる確率を上げていくためにマーケティング思考をモノ作りと伴走させていくべきだと考えています。

例えば、ポジショニングマップを引いて、狙うべき市場を決めただけで安心してしまうことが実は多いような気がしていて。誰も参入していないということは、もしかしたらブルーオーシャンではなくて参入障壁が高いから誰も参入しない、そもそもそこにニーズがない可能性もあるのかもしれない。

でも「非合理だけどリスクを取ってでも参入するべきだ、なぜなら●●だから勝てる可能性が高い」といったように分析結果とストーリーがあります。それがプロジェクトメンバーに浸透していれば、モノ作りの情熱を持ちつつも、事業としての成功確率を高めていくために「やること・やらないこと」が明確になり、マーケティング側とプロダクト側が対立することなく効率的に推進ができるのではと思っています。

【同じ方向を目指す。社員全員がマーケターになってほしい。】


同じ船に乗っているメンバーが、「この船はどこに向かうのか分かりません」という状況になってはいけない。マーケティングの部署だけがマーケティングのことを考えるのは本質的には違うんだろうなと感じています。職種問わず、プロジェクトに関わるメンバーがプロダクトの価値を言語化できて、同じ目標に向かって進んでいくことが一番大事だと思っています。とはいえマーケティング思考を、あるべき論で推進し過ぎると「評論家?」「面倒くさいかも」と思う方もいるかもしれません。

だからこそ、マーケティングのメンバーには「“寄り添う”というイメージを持ってほしい」と伝えています。お互いの関係性を早く積み上げて、プロジェクトとしての一体感や達成感も味わえると考えているためです。そして、マーケティング思考をプラスしたモノ作りがあたりまえになれば、マーケティング本部は解体しようと思っています。

・・続きはミクシルで! https://mixil.mixi.co.jp/people/3694

株式会社ミクシィs Stellenangebote
3 Likes
3 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.