This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

正直転職するつもりはなかった…!イベント参加でmofmofにハマった理由とは?

みなさんこんにちは!採用・広報のたかなしです。

今回は、今年ジョインし、早くも活躍が光る20代若手エンジニアの永井にインタビューしてきました!



がっつり開発がしたかった。mofmofならそれができると思えた

ーmofmofへジョイン前は、どういったことをしていたのですか?

永井:今はエンジニアとして働いていますが、もともとは文系で大学は法学部出身なので、営業の業務経験があります。私の出身が愛知県なのですが、愛知県では東京都内のようにプログラミングスクールが多くなく、オンラインで学ぶことのできるテックアカデミーに入校し技術を習得しました。テックアカデミーから前職の会社に転職し、東京に上京してきました。

前職は不動産の会社でエンジニアとして勤務していました。具体的に言うと自社のオウンドメディアにおける機能改修や追加や、会員限定で行われていた物件マッチングアプリの作成を担当していました。


ー入社のきっかけは?

永井:実は、転職とかする予定がなかったんですよね。たまたま前職で会社の開発が進まない時期があって、少し時間に余裕ができたので、エンジニア交流をしようかなと思っていたところで、wantedlyで掲載されていたmofmofのミートアップ募集(mofmof初開催だったコードリーディング会)を見つけたのです。早速行ってみようと応募し、参加しました。

その時はと言うか今もそうですが、すごい開発欲が強くて。前職の会社では機能としての追加の開発はなかったので、もっとがっつり開発業務に携われることがしたいとは思っていました。


ーどんなことをしたいと思って入社したのですか?

永井:コードリーディング会に参加してみて、「mofmofっていい会社かも」と思えて、面談を重ねて「mofmofなら開発業務に思う存分関われるな」と思って、「何かを作りたい」という一心で入社をしました。



開発に貪欲なメンバーが多く、モチベーションが上がる!


ー入社してみて実際どうでしたか?

永井:もちろん業務でも開発をしていますが、mofmofでは個人開発が非常に活発なので、自分も個人開発をし始めました。Unityを使ってVR空間内で障害物をどれだけのスピードでゴール出来るか、いわばタイムアタックをするようなアプリを作っています。

mofmofでは、社内のメンバーが開発に対して貪欲なところがいいなぁと思っています。また、研修終わったらすぐ実際の開発に携われたことがとても良いなぁと。


ー現在の業務はどのようなことを行なっているのですか?

永井:とあるマッチングサービスWEBアプリケーションの開発と、婚活に関するアプリケーションの開発を担当しています。




Railsに限らず、幅広くチャレンジし続けたい!


ー今後の展望を教えてください

永井:今はRailsを触っておりますが、今後は他の言語もチャレンジしてみたいし、iosアプリなどモバイル系も対応できるエンジニアになれたななぁと思っています!


ーmofmofはどんな人なら活躍できますかね・・・?

永井:良くも悪くも自立をしていかないとmofmofではやっていけないので、受け身ではなく自発的に物事を行なっていける方は活躍できるのではないでしょうか?

また、会社のカルチャー面で行くと向上心の高い方や・技術に対する興味が強い人は向いているのではないかと思います。


ーmofmofを希望する人へのメッセージをどうぞ!

永井:新規プロジェクトを立ち上げて、設計から立ち会って、プロジェクトを成功させると言ういわゆる「0→1の開発経験」を積むことが出来、特に開発だけじゃなくて設計からクライアントとともにプロジェクトを成功させることは貴重な体験だと思うので、これをやってみたい!と思う方はmofmofで働くことをおすすめします!

また、技術が好きな人がとても多い会社なので、個人開発で仕事が休みの日でも開発しているような単純に技術が好きな方と是非一緒に働ければなと思っています。


ーありがとうございました!今後の永井のさらなる活躍が期待されます!!


永井の入社のきっかけでもあるイベントに関しては、月2回ほどのペースで開催しております。

適宜ミートアップ募集をあげておりますので、是非チェックしてみてください!


以上、メンバーインタビューでした!

株式会社mofmof's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more