This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

『訪日ラボ』のインターン生に「最近苦戦したこと」について聞いてみました!

こんにちは。movで学生インターンをしている、吉原です。

4月にインターン生として『訪日ラボ』編集部に入ってから、6月で2ヶ月が経過しました。職場の雰囲気にも慣れてきました。そんなに得意ではなかったPCでのタイピングも、ちょっと速くなってきた気がします( ..)φ

インターンの業務にはルーティーンのタスクもありますが、インターンといえどもメディア運営に携わる一員!日々新しい情報に追いつき、そしてそれを素早くまとめ、情報を求める人たちに届けるためには、臨機応変な対応が必要になります。

今回はそんな、学生生活とは一線を画す!?編集部の業務遂行の実際を皆さんにイメージしていただくべく、インターンをしている6人の「最近苦戦したこと」についての回答を紹介したいと思います!

ヽ(。ゝω・)ノ⌒☆ {重複する部分もあるので、6つではなく4つのトピックです。)

1. 新しい分野の知識をインストールすること

movが運営するWebメディア『訪日ラボ』では、インバウンド業界に向けた様々な情報を発信しています。

インターンは、こうした分野での調査や知識をもとに、編集業務や記事の作成などに携わってきています。

ところが!movでは現在、新たなWebメディアの開設準備が進んでいます。

こちらの媒体では、想定される読者像が『訪日ラボ』とは少し異なるため、新たに「その人達が求める情報とは?」というイメージを膨らませ、それが間違っていないかを確かめていく必要があります。

こうした読者に訴求できる文章を完成させるため、関連する用語を覚えたり、読者の目線を考えたりする際には、正直まだまだ一筋縄でいかないと感じ、苦戦しているなと思います。

2. 自分以外のインターンのタスク管理

インターンの中には、インターン歴が約一年間の古参インターン…もとい、ベテランさんがいます。

こうして業務の全体を見られる人は、新入インターン生への仕事のレクチャーや、インターン生全員のシフトを把握してタスクの振り分け、状況に応じて調整といった業務も担っています。

インターン生には就活をしている人もちらほらいますし、大学の課題との兼ね合いもあって、時には急に調整が必要という事態も考えられます。

また振り分けを誤ると、誰かが暇なのに誰かがいっぱいいっぱい、または一部のタスクだけ大量に対応しなければならないなどあまりバランスのよくない状態になってしまいます。

こうした「業務の全体像の把握」「個人への業務振り分けのバランス」は、慣れるまでは感覚がつかめず、最初はちょっと苦戦することだと思います(でも、相談すれば、インターンも社員も関係なく一緒に考えて、解決に向かうのがmovのいいところです!!)

ちなみに、一通りの業務に慣れたインターンは、企業の社長にインタビュー(!)なんていう難しい仕事を担当することもあります。

3. 作業効率の上昇、求められる完成度の見極め

割り振られたタスクは、基本的に作業時間が見積もられており、その時間内に完成品を提出することを求められます。

媒体たるもの、掲載記事は情報の鮮度だけではなく、わかりやすさも大切です。最短の時間で正確な情報をつかむための調べ方や、前提知識の異なる読者が納得できる記事のまとめ方については、インターン生として常に模索しています。

番外編~知らない町の歩き方~

インターン生の中には、初めてオフィスに来るときにオフィスを見つけるのが難しかったという意見もありました。

学校と、決まった場所でのアルバイトの生活を送っている場合には、見知らぬ土地で目的地を探し出すという経験はあまりないと思います。

決められた時間に知らない場所に行く…という、社会人になったら必須ともいえるスキルです。学生のうちに練習できてラッキー?

ちなみに、当事務所は目黒駅から徒歩2分の好立地です!どうやって迷うの~?なんて思われてしまうかもしれませんが…ビルがところ狭しと並ぶ通りでもあり、事務所につながる階段もまたひっそりとあるので、ちょこっと難しいかもしれません(笑)


▲全然関係ないですが、近くにスタバの本社と店舗があります。ブルーボトルもあります。コーヒー好きな方におすすめの立地です。

■難しいことがあっても大丈夫!

今回は、インターン生がこれまでに苦戦したこと・苦戦していることについてご紹介しました。

といっても、movでは、わからないことがあった場合にはその場にいる他のインターン生や社員にすぐに相談することができます。

事務所には基本的に誰かがいますし、リモート作業中にはスマホから連絡ツールを使ってメッセージを飛ばせばコメントが返ってきます。

どの人も「相手の考え方をまず聞いて、動き方を一緒に考える」というスタンスなので、結果として、自分がわからなかった部分に対する詳しい解説や、ヒントをもらえます。こうして一つずつタスクをクリアしていく達成感はなかなか、いい感じです。

インバウンドやインターネットの知識がなくても少しずつ覚えていけば大丈夫です!

メディア運営に興味がある人、旅行業界に行きたい人、スキマ時間を活用して色々と吸収したい人など、ぜひ訪日ラボで一緒にインターンをやってみませんか?

株式会社movでは一緒に働く仲間を募集しています。

株式会社movs Stellenangebote
3 Likes
3 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.