This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

2017年12月に東証一部へ上場。 業界を盛り上げる事業を創りつづけていきます!
A-PLACEオフィスのラウンジ。広くて開放的な空間です!
当社は、ゲームサービス事業を牽引する企業として、独自のノウハウとM&Aの力をもってスマートフォンゲームタイトルの買取・仕入れからサービス運営までを手がけています。様々なサービスがオンライン化する時代の中で、100年成長し続ける企業として、これまでに蓄積したノウハウと強みを活かし、世の中に価値を提供し続けていきます。 ------------------------------------------------------------------------- ◆ゲーム業界の問題点を解決するビジネスモデル ------------------------------------------------------------------------- 日本のゲーム業界の問題点は、「新規ゲームが立ち上がりにくい環境」になっていることが挙げられます。 ゲームパブリッシャーはもちろん新規ゲームを開発したいと思っているのですが、運営しているタイトルを手放すわけにもいかず、新規ゲーム開発にリソースを割けない事情があります。新規ゲームを開発するために売上が上がっている運営ゲームを終了させる決断は取りにくいことです。 そうしたゲームの新規開発を得意としているゲームパブリッシャーに対して  「運営しているゲームを買い取らせて頂き、得たキャッシュと出来た余力によって新しいゲームを開発して頂く」 という取り組みをしています。それによって、ゲームを売却した企業は得意な新規ゲーム開発を行い、当社としても得意なゲームの運用を行うというwin-winの関係が成り立っています。 当社で運用するゲームが増えることにより、日本国内から新規のゲームが生まれる好循環が生まれることから、当事業は日本のゲーム業界の活性化に貢献しています。 ------------------------------------------------------------------------- ◆ゲームの「運営」に対しての見方が変わりつつあります ------------------------------------------------------------------------- 3〜4年前と比較すると、ゲーム「運営」の面白さを感じているゲームクリエイターが増えてきていることを感じます。 ゲームタイトルが溢れてきている現在、新規タイトルをリリースしてもヒットさせることが難しくなってきており、「ゲームは運営に掛かっている」という見方が増えてきています。 ------------------------------------------------------------------------- ◆ゲームの運営の一番の醍醐味は「ユーザー様と接点を持つ」ことだと考えます ------------------------------------------------------------------------- ゲームの「新規開発」フェーズはお客様と接することがないのですが、「運営」フェーズはユーザー様との接点を常に持つことになります。 現状、日本で最大規模のゲーム運営タイトル数をほこるマイネットですが、ユーザー様と接する量が多いゲーム企業が当社とも言えます。 「100タイトルの運営」をすることを目標にしており、他ゲーム企業よりも明らかに運営ノウハウが身につく環境がマイネットにはあります。 何より日本では他社と比較して圧倒的にユーザーと接している企業のため、他企業が真似できないビジネスモデルがあります。 -------------------------------------------------------------------- ◆株式市場から当社が評価されている理由 -------------------------------------------------------------------- 実は、上場企業でゲーム運営に特化した事業展開をしている企業は当社だけなのです。 この分野でのパイオニア的存在として、投資家から評価されています。 国内ゲーム業界の市場規模は1兆3000億円とも言われており、中でもスマホアプリ市場は年々増加傾向にあります。それに伴い市場からの期待も大きくなってきています。

Why we do

私たちは「人」を大切にする会社です。
ユーザーの方を向いて、社員同士助け合いながら日々チャレンジしています!
------------------------------------------------------------------------------------ 『会いたいときに 会いたい人に 会える社会』を実現する ------------------------------------------------------------------------------------ 当グループの企業理念です。人と人が会うときに、人にとって最高の価値が生まれると私たちは考えます。私たちマイネットグループは、社会のオンライン化の先端で「人と人が会う」を世界中に生み出し、社会に貢献していきます。 代表あいさつ http://mynet.co.jp/vision/message.html ------------------------------------------------------------------------------------ ◆当社が運営するゲームは、”クローズ”ではなく「エンディング」を迎えます ------------------------------------------------------------------------------------ 大好きなオンラインゲーム、ソーシャルゲームが終了になってしまうことは業界では通例ですが 突然終了になってしまうこともあり、悲しい想いをしたユーザー様も多いかと思います。 買取をしたゲームに関しては、ゲームが運営終了となる際は「エンディング」と呼んでいます。 「ゲームオーバー」 ではなく、 「エンディング」 にも運営と同様に重きを置いています。 突然終了になって悲しい想いを経験されたユーザー様を一人でも無くしたいのです。 当社で考えるエンディングの時期が決まった際、その時期に向けてゲームのストーリーを設計していきます。 例えば、そのゲームのキャラクターの「オールスターをフィナーレに向けて出す」など、 ユーザー視点にたち、長くワクワクする空間をユーザー様へ届けた後には、突然エンディングになることでの悲しみを減らすため、 エンディングまでのストーリーも設計し、段階を経てエンディングを迎えています。 ------------------------------------------------------------------------------------ ◆ゲームを売却ゲームパブリッシャーから見たニーズ ------------------------------------------------------------------------------------ 私たちはゲームパブリッシャーからの声から生まれました。 私たちのクライアントであるゲームパブリッシャーは、 ⇒新規ゲームを開発するための「人員」を作りたい ⇒新規ゲームを開発するための「資金」を作りたい といったニーズを抱えています。 その声に応えるために、タイトルの運営買取を行っています。

How we do

早期裁量、スピード成長ができる環境。若手が活躍しています!
LT大会やUIレビュー会など、社内での横の交流が盛んです!
現在、当グループが主力事業としているゲームサービス事業および、働く環境についてご紹介します! ------------------------------------------------------------------------- ◆ゲームサービス事業 ------------------------------------------------------------------------- 買取・協業を通じてゲームメーカーより獲得したスマートフォンゲームの運営課題を解決し継続的に利益が出る構造に変革させることで、収益力のさらなる拡大を目指しています。 ・ゲームサービスレーベル「PARADE(パレード)」 当グループのゲームサービスレーベルです。ゲーム領域においてサービス運営に特化した事業者(ゲームサービス事業者)として、ユーザーに「ずっとワクワク」を体験いただけるようスマートフォンゲームの機能追加、運営開発の改善・強化し、ゲームサービスレーベル「PARADE(パレード)」の拡大を図っています。 ・相互送客ネットワーク「CroPro(クロプロ)」 相互送客とは、ゲーム間でユーザーを送りあうことで、親和性の高いユーザーの集客が可能となる取り組みです。「CroPro(クロプロ)」はこの相互送客の活性化を目的とした、相互送客ネットワークです。現在、92社のスマートフォンゲーム事業社がこのネットワークに参画しており、多くのゲームが「CroPro(クロプロ)」上で相互送客を実施しています。 ※数値は全てグループ全体数/2018年2月時点 ゲームサービス事業について http://mynet.co.jp/service/ ------------------------------------------------------------------------------------ ◆わたしたちのゲームのサービス意志決定権限は全て「ディレクター」が持っています ------------------------------------------------------------------------------------ 他のゲーム会社でもディレクターが持っているケースもあるかと思いますが、 結局のところ役員や部長クラスが決裁権を持っているケースが多いです。 現状39つのタイトルを運営しており、ディレクターが各タイトル毎に39名存在します。 その39名のディレクターが権限を持っており、役員や社長もアドバイスは行いますが、制御はしないような仕組みを取っています。 ------------------------------------------------------------------------------------ ◆ゲームサービスレーベル「PARADAE」が掲げるビジョンと価値観 ------------------------------------------------------------------------------------ PARADEでは 「長くワクワクする空間を提供する」 というビジョンがあります。 PARADEにおいて大事にしたい価値観は2つあります。 a)「ユーザーさんのほうを見て仕事をする」 ⇒上司が言ったから、社内の発言権がどうこう、ではなくユーザー第一主義は念頭に置いています。 b)「利益が社会からの通信簿」 ⇒「ユーザーさんのほうを見て仕事をする」と言えど、利益が出ていないゲームを放置するわけにはいかないため、利益は社会からの評価⇒通信簿だと思って運営しています。 ----------------------------------------------------------------------------- ◆当グループの働く環境 ----------------------------------------------------------------------------- 各種研修制度や評価・表彰制度はもちろん、記念日休暇など社員を大切にする仕組みを整えています。 また、職種別交流会・勉強会・研修会など、社内交流が盛んに行われており、横のつながりも大切にしています! 研修制度や交流会、オフィス環境などについては、お会いした際にお話させていただきます! 当グループについて http://mynet.co.jp/company