This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

【株式会社マイネットブルーゲームス】メンバーインタビュー!エンジニア経験をフル活用し、課題解決に取り組むRさんの新たな挑戦!

こんにちは!マイネット採用担当です。

前回、大好評をいただいた株式会社マイネットブルーゲームス(以下、ブルーゲームス)のインタビュー第2弾です!ブルーゲームスが新たに取り組む事業「不正検知プロダクトの開発(※注1)」で大活躍中のRさんにインタビューしました。仕事への想いやブルーゲームスの魅力を語っていただきました!

※注1:AIなどの先端技術領域を活用したスマホゲーム内の不正を検知するプロダクト。前回の西村代表インタビュー参照。(https://www.wantedly.com/companies/mynetjapan/post_articles/160942


■ブルーゲームスに入社するまでの経歴について教えてください

沖縄の大学を卒業後、ウェブシステム開発会社でWEBデザイナー、プログラマーとして働き、ゲーム会社にて約3年エンジニアを経験しました。その後、東京のゲーム会社に転職しゲーム開発・運営に関りゲームプランナー・ディレクターとしてキャリアを積みました。

-沖縄にUターンしたきっかけは…?

多くのゲーム会社があり、人も情報も集まる東京で働きたいと考え、約2年東京で働きました。上京時は既に結婚しており家族と離れて生活していましたが、家族との時間を大切にしたいという想いが強くなり、沖縄に戻ることを決意しました。そして、ブルーゲームスに出会いました。

■ブルーゲームスへの入社の決め手は…?

新しい事業「不正検知プロダクトの開発」に挑戦できる環境であることに魅力を感じました。もともとは、ゲームプランナーとして応募したのですが、選考途中で代表の西村さんよりこの事業についての説明を受けました。今までのゲーム運営経験から、ゲームの不正について対処の必要性を感じており、西村さんの考えや想いに共感したんです。

また、今までのエンジニアやゲーム運営経験のどちらも活かせることも決め手でした。

■「不正検知プロダクト」について教えてください

スマホゲームの中では、ごく一部のユーザーさんによって「不正」が日常的に発生しており、そういった心無い不正があると誠実にゲームを楽しむユーザーさんに不利益が発生してしまいます。対処に人的なリソースを投じても非効率であることが多く、課題となっていました。(※注2:前回の西村代表インタビューより)

しかし、このシステムを活用することで、人手に替わり不正に対処するリソースをプロダクトが代替してくれます。ゲーム運営の方々にはユーザーさんにより一層高い価値を届けることに力を注いでもらい、そして、ユーザーさんには安心して安全にゲームを楽しんでもらいたいです。

■仕事のやりがいは…?

ゼロから新たなシステムの開発に関われること、経験のない領域へ挑戦できることに面白味があります。このシステムで提供したい価値は何であるのかをとことん突き詰めてプランニングをしています。プロダクトが機能して、実際にゲーム運営に貢献できた時は、プロダクトの価値に手ごたえを感じられて嬉しかったですね。

データ分析、仮説検証を繰り返し、結果が出るまでに1ヶ月以上の時間がかかることもあります。仮説通りに結果が出ないこともあり、試行錯誤の日々ですが、挑戦していくことにやりがいを感じています。

■ブルーゲームスってどんな会社ですか?

西村さんは「数値に基づく合理判断」という言葉をよく使います。これは、データとして数値の根拠があるか?その主張は論理的であるか?という考えです。会社全体の風土としても、メンバーが、根拠や論理的な思考を自然に考えて業務に取り組んでいます。立場や職種に関係なく意見やアイデアを発言でき、お互いに尊重し合っているように感じています。

-雰囲気はどうですか?

雑談を交えながら仕事をしていて、メンバー同士の距離も近いです。時にはミーティングで意見がぶつかり合い熱い議論となる事もあります。それは、課題や問題についてどのように改善し、解決していくかを一人ひとりが本気で考えているからです。熱く議論した後でも、終わった瞬間から和やかな空気に戻るんです。これは、西村さんの存在が大きいですね。

また、熱い議論の後は「ミーティングでは、あんな事をいいやがって」とお互いに笑いながら、冗談を言い合っています。

-西村代表はどんな方ですか?

物腰が柔らかく、あらゆる表現が丁寧。すごく気持ち良いコミュニケーションで接してくれます。西村さんの人柄の良さもブルーゲームスに入社を決めた要因の一つですね。

■今後の目標について教えてください!

「不正検知プロダクト」の精度をより高め、多くのゲームタイトルで活用してもらうことが目標です。また、ゲームの価値を高め、ブルーゲームスが掲げる「安心・安全・高品質なオンラインコミュニティー」の実現を目指しています。

この開発を経験したことで仕事の幅が広がり、多くの知見を得ることができました。知識や技術をより磨いて、この経験を活かした新たなサービスの開発にも取り組みたいですね。

■Rさんの紹介

ニックネームは「Rさん(アールさん)」。ブルーゲームスに入社当初Ruby on Rails(※注3)を学習していたことから「Rさん」と命名される。※注3:Webアプリケーションフレームワーク

無類のゲーム好き。子供の頃は「親にバレずに、どれだけゲームの時間を捻出し、プレイをするか」を必死に考え、早朝3時に起き、こっそりゲームを楽しむ日々を送る。プライベートでは、2児のパパさん。

株式会社マイネット's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more