This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

「日産だから経験できるやりがいがある」ソフトウェアエンジニアがクルマに関わる楽しさとは

クルマと、テクノロジー。
昔からあるクルマと、最近生まれたばかりの新しいテクノロジー。

交わらないようで交わる点の多いふたつの存在は、近年クルマの最新機能として形を変え注目され始めている。IT企業やスタートアップで注目が集まりやすいソフトウェアエンジニアも、じつはいま自動車メーカーで需要が高まっている。

いったい、自動車メーカーで働く魅力とはどのような点にあるのだろうか。
今回は、ソフトウェアエンジニアとして働く秀島に話を聞いてみた。

“メガネをかけた職業”への憧れから、IT業界へ

秀島裕介(ひでしま・ゆうすけ)
 アライアンスコネクティドカー&モビリティサービス サービス開発部 ソフトウェアエンジニア
So-netにてGガイド.テレビ王国などwebサービスの開発に従事。出向先のゲーム会社にてゆるロボ製作所、わグルま☆などの企画、開発を行う。その後株式会社UEIに転職し、enchantMOONの開発、ディープラーニング事業などに従事。2017年2月より現職。「Leaf Skills for Alexa」の開発、「EasyRide」の運用などを行う。

幼少期の頃から、コンピューターに関わる仕事がしたいと感じていた秀島。幼少期からの想いが形となり大学卒業後はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(旧So-net)に入社。IT企業に就職するまでをこのように振り返ります。

「子どもの頃、メガネをかけている職業が格好良いと感じて憧れを抱いていたんです。そこでメガネをかけている職業として思いついたのが、コンピューター関係の仕事でした。大学も情報工学を専攻したのですが、だんだんとWebやアプリケーションの世界に興味を持ち始めて。そうして、大学院時代にアルバイトとして入社したSo-netに、そのまま新卒入社しました」

So-netでは、インターネットの接続の申し込みページをはじめとする、社内のtoBシステムのエンジニアとして経験を積みます。その後は、テレビの番組表サービスの開発や携帯電話向けのゲーム開発などを行い、当時So-netの子会社であったゲームポット株式会社に出向、スクラムマスターとしてゲームの企画にも携わりました。

「ユーザーがいつも使ってくれるものを作りたい。そう感じてゲームの開発に取り組むようになりました。インターネットの接続の申し込みって、その先に続く未来があまり無いような気がしてやりがいを感じにくくて。それよりも毎日使えるゲームの開発のほうが、ダイレクトな反応を受け取れる分おもしろいと感じられたんですよね」

生み出したサービスがユーザーにどう届くのか。反応を感じられることが、秀島にとってのやりがいにつながっていました。


秀島は、現在の日産に入社する以前に一度、ベンチャーへの転職を経験しています。大手企業に入社したのにも関わらず、転職を決断した理由には「熱意のある開発がしたい」想いがあったといいます。

「ゲームを開発する中で、収益性の悪いゲームにはそれほどリソースを投下できないことがあり、企画と開発を兼任することもありました。企画と開発に携わるようになって感じた問題点に、エンジニアと企画側とで熱意のバランスの悪さがありました。収益性が低い場合などは企画する人間の熱意がなかなか感じられなくて。そんなときに見つけたのが、UEIの取締役代表である清水のブログでした」

開発に対する熱意に溢れたブログを読み、転職を決意。UEIでは、ゲーム用のライブラリメンテナンスや、大企業の受託開発、ディープラーニングなど、さまざまな事業に携わります。

「熱意はあったんですけれど、無茶振りも多くて。ある日突然『君は今日からディープラーニングの人だ』なんて言われて担当業務が変わることがあるんです(笑)。大変でしたが、おかげで、楽しく働かせてもらってましたね」

「世界にまだ無いものをつくりたい」転職の決断

日産への転職は、秀島にとってある意味運命的なものでした。転職サービスから送られてきたメールに興味を持って、話を聞きに足を運んだと言います。

「はじめは、転職する気なんてまったくなかったんです。けれど、日産の話なら聞いてみたいと思って。話を聞いているうちに、日産が描いているビジョンに飲み込まれる自分がいたんですよね。『ここ、本気だな』と感じたというか。それにクルマに関連することって、ほかの企業ではなかなか携われないですから。そういったところも含めて魅力的でしたね」

秀島が属している部署は、日産自動車のなかでもソフトウェアエンジニアを中心にアプリケーションを開発する新しい部署です。そのため、新しいカルチャーを作れる“スタートアップらしさ”も兼ね備えていました。

「大企業なのに、カルチャーがない場所だからこそ作れるカルチャーがあったんです。たとえば、プレミアムフライデーの午後は業務時間外になるから勉強会をしようと、有志を募って自由参加の勉強会の開催をしています。エンジニアリングのカルチャーって、ゼロベースのほうがしっかりと作れるんです。その土壌が整っていたのはとても大きな魅力でした」

現在、「Leaf Skills for Alexa」と呼ばれる、Alexa対応したリーフスキルを開発している秀島。開発を進めていく上では、これまでに経験したIT企業とメーカーの違いには、日産らしい特異な点が挙げらるのだそうです。

「まず、大手の自動車会社でありながら、スタートアップのような雰囲気を持っていること。メンバーがカジュアルな格好で働き、ソフトウェアやデザインの話が飛び交うスタートアップの雰囲気を持つ日産の中目黒オフィス。一方、厚木の本社に行くと、広大な敷地で車の開発の様子が見れる。厚木には自動車メーカーらしい男子のテンションが上がるような光景が目の前には広がっています(笑)」

また、ソフトウェアの開発場面においては、自動車会社ならではの発想が見られる部分も多々あります。

「コラボレーションラボと呼ばれるスペースが社内にあるんです。半分は会議室で、半分はガレージ、壁は一面ホワイトボード、というような。車って乗ってみないとわからないことや、走ってみないと気がつかないことがたくさんあります。だから、ガレージと会議室を同じ空間に置いて、乗りながら話し合うことが珍しくないんですよね。ほかにも、『運転してきます!』と言って、業務時間中に実証実験でドライブするとか。なかなか無い体験なので、すごく新鮮です」

開発の流れも、これまでに過ごした企業とは日産は少し異なるそうだ。そこには、「チームでこそ生まれるプロダクトを大切にする」という日産ならではの想いがあります。

「個人スキルに加え、チーム開発のスキルが高いんです。UEIは、例えるなら“スペックが高い一匹オオカミ”。みんな黙々と作業している印象が強かったです。けれど、日産はチームで一丸となって開発する姿勢があるから、すごく刺激的で。一人ひとり、個性があるしクセがあるから組織としてすごく楽しいですね」

エンジニアそれぞれが、切磋琢磨できるカルチャーを

日産に入社後、自身の部署を“スタートアップっぽい”と表現する秀島。これから先、秀島が目指す組織や業界の未来を聞いてみました。

「今僕が目指しているのは、エンジニアが楽しく学びつつも、最先端の技術とかを触って、切磋琢磨して成長していけるカルチャーです。部署としては切磋琢磨できる環境がありますが、まだまだ組織全体にまでは浸透しきっていません。フランスにある部署ともコミュニケーションを取りながら開発を進めているので、今後今よりも組織全体に影響を与えながら活動したいですね」

今後、さらに進化が予測されるクルマの未来。秀島が考えるこれからのクルマは、いったいどのようなものなのでしょうか。

「僕自身がペーパードライバーなので、運転しなくて良い未来がきたらうれしいです。今って、ペーパードライバー講習に行こうと思っても時間もお金もかかってしまうから。今後、クルマを各家庭が所有しない未来が来ることも予想されていますが、もしそうなっても移動手段としてはきっとなくならないと思うんですよね。だから、これからはどれだけ移動をラクにできるのか。そんな視点でクルマの開発は進むような気がしています」

最後に、日産で一緒に働きたい人物像を秀島に聞きました。

「今までに経験したことのないものをITの力で作りたい人に来てほしいですね。クルマに関することって、メーカーの環境でなければできないことですから。クルマは長い歴史の中で改善され、高いレベルで洗練された技術や開発フローがあります。一方、WebやITに属するコネクティッドカーの技術は、確立されたものがまだないため、毎月・毎週のスピード感で変わっていきます。だから、それなりにコンフリクトもあるし、コミュニケーションが難しい側面もある。そういった、イデオロギーや文化の違う人と一緒に融合しながら新しいものを生み出すのって、本当はすごくおもしろいことなんです。同じ価値観ばかりでなく、多様な文化との融合を楽しめる方だとどんどん活躍できる場所だと思いますよ」

日産自動車株式会社s Stellenangebote
Anonymous
D6af748b f13d 4609 859a 1bbed4d2ec86?1548404394
Picture?1523182318
9ada1afb b601 4623 896b 4686c167c394
76a4c999 70c5 4bf2 ad74 0e1b0f8957df?1543819736
Picture?height=40&width=40
54 Likes
Anonymous
D6af748b f13d 4609 859a 1bbed4d2ec86?1548404394
Picture?1523182318
9ada1afb b601 4623 896b 4686c167c394
76a4c999 70c5 4bf2 ad74 0e1b0f8957df?1543819736
Picture?height=40&width=40
54 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen

Page top icon