This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

ミーティングの時間や場所から解放される!新しいオンラインミーティングスペースです。
「課題」「目的」「案件」を基本にした打ち合わせスペース"トピック"を軸にしていることが最大の特徴です。
■□「共通の目的」で繋がった全てのチームを支援する 私たちは、新しい価値を創造しようとしているチームが、場所や時差や職種や職層、また組織などの垣根を超えて、価値を創造するためにチームが協働する世界を理想としています。 ≪どこにいても、成果を出せるチームをつくる「ビジネスコミュニケーションツール」を提供≫ 「Oneteam」(https://one-team.com/ja/)は、共有報告だけの無駄な会議をやめ、マネジメント層の時間を作りたい企業向けのオンラインミーティングスペースを提供しています。最大の特徴は、進行しているプロジェクト・案件ごとに「コンテンツ作成・共有」と「議論」を集約できる点です。チャンネル・グループという概念をなくし、課題・目的・案件別にトピックを作成し、アクションを生み出す。「やり切ること」をプロダクトの目的にすることで、ビジネスチャットツールとは一線を画しています。 ▼ 特に下記のようなシーンで利活用されています。 ・ミーティングに招集され過ぎて仕事にならない ・参加者が揃う時間を確保できずに意思決定が先延ばしになってしまう ・複数の案件のやりとりが混在して、情報が集約できない ・グループチャットでは課題が流れやすく、今、何が課題なのか把握しづらい 私たちのプロダクトは、全てのチームメンバーが、互いに尊重しあい、そのチームの協働を円滑にし、一人ひとりが自由になれることを究極のプロダクトゴールにしています。集合知が必要な時代に、ふさわしいプロダクトを提供することで、ご利用いただいている企業様、チームの新しい価値創造に寄与していきます。

Warum wir das tun

代表の佐々木はリクルート出身。コミュニケーションと円滑な業務遂行を実現すべく、「Oneteam」の開発に着手。
個々がプロフェッショナルであることと同じく「チームであること」も大事だと考えています。
■□ Oneteamの原点は『Be One Team』 欧米企業のCEOがプレゼンの締めくくりによく使われるこのフレーズ。 異なる人々が「共通の目的」で結ばれる時、そのチームは一つになり、大きな飛躍を遂げます。「個人」と「Team」を密接に結びつけるために、社名に「Oneteam」という思いを込めました。 ■□ 場所や時間や言語を超えて新しい価値を創造する時代を生きる 私たちは『個の尊重と協働を起点にした、革新が生まれやすい社会を実現する』ことをミッションとして掲げています。 これからの社会は、ますます有機的に人は結びつき、バックグラウンド、信条、そしてジェンダーや国籍が異なるチームで新しい価値を創造する、そんな時代がすぐそこまできています。私たちはそうした社会をサービスから実現させるとともに、私たち自身もそうあるように努めています。 ■□ GET THINGS DONE やりきるチームづくりをサポートしている私たちもまた、「Oneteam」を通じて部門間のコラボレーションを活発に行っています。全てはプロダクトを起点に、管理本部/デザイン本部/開発本部/カスタマーサクセス本部が連動していくスタイルを重要視しています。 ▼ 受賞歴 ・RISING EXPO JAPAN 2016 住友不動産賞

Wie wir's tun

金曜日はメンバー全員でミーティング。また定期的に目線合わせのための合宿を行っています。
メンバー同士仲が良く、よく一緒にご飯食べたり、お酒飲んだりしてます!
■□ 全員が経営者の目線で働く Oneteamに縦割りの壁はありません。メンバー全員が「良いプロダクトを生み出し、届ける」ことを目指して、事業に参画しています。自社プロダクトを通じて、経営数字や取締役会などの議事録を共有し、いつでもメンバー同士でディスカッションし、アドバイスをし合っています。 ■□ 世界中の多様性の中で働く 私たちは、全員が同じ時間/同じ場所で働くことが、成果を出すために必要なルールであるとは考えていません。現在、Oneteamには、働き方/国・地域/年齢・性別など多岐に渡る様々なメンバーが集まっています。メンバーの半分以上が家庭を持ちながら、個人のスキルアップを図っています。平均年齢32.9歳、このステージのスタートアップの中では大人なチームです。 ■□ オープンな情報共有/コミュニケーションができる企業風土 メンバーのキャリアに合わせたグレード制を採用。グレードごとに給与テーブル、目標+行動+スキル・技術(開発チームのみ)の評価項目を設定しており、メンバー全員に公開しています。組織の中でのポジションや責任、将来のイメージをつかみやすく、プロフェショナルであり続ける制度になっています。 ▼OneteamのMission, Vision and Values https://one-team.com/ja/about/

Page top icon