This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

知られざるオレコンのリモートワーク

オレコンは「オフィスを捨てた」会社。

現在働いている21名のスタッフは
住んでいる地域も国もバラバラ。

オンライン秘書はもちろん、
北海道のコピーライター、
名古屋の採用担当者や、
海外ロサンゼルスで働いているWEB担当者、
インドネシアのジャカルタ在住者もいます。

僕らは、完全なリモートワーク企業です。

オレコンは、
ウェブ時代のありがたい恩恵、
テクノロジーをフル活用することで成り立ってマス。

小学生の子育てをしながら、
スキマ時間で超優秀な
人材を発掘してくる採用担当者。

(外部企業の人事採用までできる凄腕)

オレコンのA/Bテストを担当し、

UXやセールスLPを
少なくとも
100回以上は改善し続けている
ウェブセールスデザイナー。
(ザ・マイクロコピー書籍の担当者)

セミナーでは
私ヤマタクの右腕、
クライアントへのコンサルや、
「これは儲かる」という千里眼で、
サプリ開発しているブランドマネージャー。

全国各地に住むオンライン秘書は、

僕のスケジューリングから、
セミナー会場の手配、
航空券やホテルのチケット手配、
決済周りの管理、
お店や贈り物選びなどなど・・・

僕や、オレコンのクライアントのために、
一生懸命サポートしてくれている。

正直言って昔は、
泥のように働いていたこともあったケド、
オレコンを作ってから、
やりたくない雑務やルーティン業務はゼロになった。

だから、
ビジネスに集中ができるし、
売り上げは伸びているのに、
ちっとも忙しくならない。

たぶん、
一般的な経営者よりは、
家族との時間も、
確保できていると思う。

(ついこの間も、仕事はスタッフに任せて、
7日間ほど沖縄旅行に行ってきました。)

世界には自由な働き方の技術があるのに、
多くの企業はまだ、
昔ながらの働き方に縛られている。

会議で幅を効かせる声だけ大きな仕事しないオジサン。

「なる早」だらけの仕事で残業続き、
同じ机と椅子に固定され、
働き方まで監視される…

世界は狭く、市場は広い。

僕たちは自分の働き方を変えれる。

だから僕たちは、
最高のチームを作るためオフィスを捨て、
世界レベルの人たちと仕事をすることに決めたのだ。
ーヤマタク

これからの10年は、
未来の働き方へ
少しずつシフトしていく時代。

サラリーマンの副業は当たり前になり、
外国人労働者は増え、
生活やビジネスにAIが入り込んで来る。

オレコンではこんな新しい働き方をする仲間を募集しています。

株式会社オレコン's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings