This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

検査から、レンズのセレクト、レンズ加工まで、自分のメガネが出来るまでの行程を全て見ることができるなど、業界の常識を覆すようなアイデアで溢れたお店です。
webとリアル店舗、両軸で展開していきます。海外のWEBで購入されたお客様が日本に旅行に来た際に、東京の店舗で修理を受けるなんてことも
【自分達のアイウェアブランドOWNDAYSをWEB ECと店舗の両方で世界へ向けて広げて行きたい】 私達は「OWNDAYS」ブランドの名の下に、国内外で年間200万本以上のメガネを製造販売しています。 高品質、低価格で企画製造から販売まで全て自社で行う「SPA方式」により、この10年間常に増収増益を達成しながら、成長をし、毎月新店舗をオープンし拡大を続けています。 オフィシャルWEB http://www.owndays.com 現在、日本に加え世界12か国に出店しており、海外店舗数は150店舗を超え、毎月3-4店舗の新店舗が世界中でオープンし続けています。日本発のメガネのファストファッションブランドとしての「OWNDAYS」私たちは「メガネ」ではなく「OWNDAYS」そんな風に自分たちのプロダクトが世界中の人々から「名前」で呼ばれることを目標にしています。 【多種多様なオリジナルブランド】 メガネはファッションアイテム。 私たちは、お客様のファッションスタイル、ライフスタイルを彩る最適な1本を見つけ出します。 オンデーズのメガネをかけることで昨日よりもちょっとだけウキウキできちゃうような、新しい自分に出会えるような感動を伝える為に、シーンやカテゴリー毎に沢山の魅力的な自社ブランドを多数産み出しています。 OWNDAYS BRAND http://www.owndays.sg/brand/ 【僕らが作るメガネで、まだ見ぬ明日を見て欲しい】 オンデーズの名前の由来は「Own Days(それぞれの日々)」と「切り替える」という意味の「OnOff」の「On」の発音を組み合わせ、私たちの眼鏡で日々新たな気持ちで過ごせることができるように。という思いを込めて「OWNDAYS(オンデーズ)」と名付けられました。 昨日よりも今日、今日よりも明日「オンデーズに関わる、全ての人の幸せを最大化させるために...」 世界中の人たちから必要とされる、オンリーワンの企業を目指して、私たちは、今日も世界へ向けてメガネを提供し続けていきます。 【メガネを通じて、「快適な生活」を届けたい】 「半医半商」といわれるメガネ業界。 取り扱うメガネは、あくまで「視力矯正器具」です。 お客様へ快適な視界を提供するために、確かな知識と技術を身につけていきます。快適な「生活」を提供し続けるために、日々の努力を惜しみません。

Warum wir das tun

古い商習慣に縛られた世界中のメガネ業界を変えて行き、高品質で良いサービスのメガネや、アイケアを多くの人に届けて、一人でも多くの方を「見えるようにする」こと。
「半医半商」といわれるメガネ業界ですから取り扱うメガネはあくまで「視力矯正器具」。お客様へ快適な視界を提供するために、確かな知識技術を身につけていきます。
オンデーズが存在する目的は 「オンデーズに関わる全ての人が豊かになるように」 という一言に全てが集約されています。 「関わる全ての人」というのは、オンデーズの店舗で実際に働くスタッフはもちろん、 商品を購入されたお客様、商品を製造しているメーカーの方、お店を貸して下さっている大家さん、 運送業者の方、取引している金融機関の方、etc…と、文字通りオンデーズに「関わる全ての人」を指します。 皆がオンデーズに関わる事で、少しでも豊かになれるようにしていく。 それがオンデーズが存在している唯一の理由であり、「目的」です 昨日よりも今日、今日よりも明日、OWNDAYSを通じて「笑顔」を一つでも増やせるように。 私たちは世界中の人たちから必要とされるオンリーワンの企業を目指しています。

Wie wir's tun

年に1度のOWNDAYS SUMMITはすべて手作りの社内イベントです。
新オフィスは1月に移転したばかり!開放感あふれるオフィスに仕上がりました。
会社全体では2000名以上のスタッフが働き、ヘッドオフィスの東京本社では約50人ほどのスタッフが日々切磋琢磨して業務を行っています。また台湾、シンガポール、タイにそれぞれ海外j拠点のオフィスがあります。 ”ベンチャーらしさ” を忘れずに、スピード感を常に重視して働く環境です。 本社スタッフの約4割が外国人社員で、働き方もフレキシブル。勤務中のイヤホンもOK。スーツは禁止。 「社長室」なんてものもなく、代表とも近距離でディスカッションが可能な風通しのいい環境です。 【社長ブログ】 https://note.mu/shuji7771/m/m0cec6abf11a0

Page top icon