This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

【PLAN-Bインタビューシリーズ①】「ワクワクして生きていたい」。営業部立ち上げからコーポレートデザインへ。人事部部長が語るPLAN-Bの裏側は「!」(驚き)と「♡」(感動)で溢れていた!!

PLAN-Bは【世界中の人々に「!」(驚き)と「♡」(感動)を】をミッションに、「おもてなし」や「ホスピタリティ」を大切にし、世の中のITサービスの基準となることを目指すデジタルカンパニーです。現在では、SEOや広告を中心とした「集客」、サービスサイトやLPの「制作」をワンストップで提供しています。

「理念のまわりに人が集まり、人のまわりに事業ができる」と代表の鳥居本が語るように、PLAN-Bは事業ありきで人を集めるのではなく、理念に共感する仲間を集めてその仲間で理念に基づいたサービスを連続的につくり続けるという考えのもと経営を行ってきました。

そんなPLAN-BのWantedlyインタビューシリーズ第1弾にあたる今回は、人事部長である渡辺にインタビューを敢行。10年以上の営業経験、そして新たに始まった人事としてのキャリア。何故PLAN-Bを選び、そして何故PLAN-Bで働き続けるのか。その思いを赤裸々に語っていただきました。

渡辺 錬平
人事部 部長
21歳から一貫として営業キャリアを積み、2011年から営業部の立ち上げのためPLAN-Bに参画。
現在はコーポレートデザインに繋がるあらゆる業務に従事。

ーー 本日はよろしくお願いいたします!はじめに、渡辺さんの今の業務内容を教えてください。

私は今人事部の部長として、採用や育成、社内活性化など、コーポレートデザインに繋がるあらゆる業務に従事しています。新卒・中途の面接を担当することは勿論、会社説明会への登壇、四半期ごとに行われる社内総会の総指揮、社員面談の実施、制度設計など。「人事としてのやるべきこと」はなんでもやっているという形ですね。

ーー なるほど。PLAN-Bの「人に関わる事柄」全てが担当領域なんですね。

はい。現状ですと全体稼働時間の6割ほどは採用に関わる業務となっています。

また、社員面談も直近の業務では高い比重を占めていますね。通常は事業部の責任者やマネージャーが各メンバーと面談実施しているのですが、社内活性化のための施策として最近始めました。私も以前は営業部にいたので面談も実施していたのですが、人事部へ異動してからしばらくは採用業務をメインに行っていましたので、懐かしくも身が引き締まる思いで取り組んでいます。

営業としてのキャリアを通して出会えた人、思い描いていた理想の働き方

ーー 社員との対話の機会が増えるのは良いことですね。以前は営業部にいらっしゃったとのことでしたが、人事部にはいつ頃異動されたのでしょうか。

2014年いっぱいまでです。私が入社したのが2011年の10月ですので、約3年間は営業として従事していました。私が入社した当初はまだSEOサービス一本で勝負をしていた時代で、PLAN-Bの名前もまだまだ知られてはいませんでした。

一日中ひらすらテレアポをしたり、当時流行していたサービス比較サイトからのインバウンド問い合わせ対応を全部巻き取ったりと、完全に新規営業からのスタートで。当時は営業も3人しかおらず、SEOコンサルティングも売り切りではなく発注をしてくださってからの運用が勝負となるサービスですので、業務量としてはとても多かったですね(笑)。

各広告代理店との連携が促進されてからは新規開拓の業務量はある程度緩和していきましたが、代理店とのリレーションを生み出すまでも結構大変でした(笑)。一日の限界までアポイントを入れて出張して、都内のみならず地方の代理店をいくつも訪問しました。「どんな相談事でも結構ですので、いつでも連絡ください!」というような形で(笑)。

ーー すごい、いわゆる「ゴリゴリの営業マン」ですね(笑)。入社当初は営業ということは、それまでのキャリアも営業だったのでしょうか。

はい、21歳で訪問販売の営業会社に入社してからPLAN-Bで人事になるまでは一貫として営業をやっていました。ファーストキャリアとなった訪問販売会社には約5年ほど勤めて、セカンドキャリアは不動産会社での営業です。

その後28歳の時に営業代行をドメインに置いた会社を起業しました。太陽光発電やオフィス機器、光回線など、様々なクライアント商材を卸し企業と提携して販売するというスキームを取って、約3年ほど経営と営業の2軸を担っていました。

PLAN-Bに入社する前は人材派遣会社の営業として活動しておりまして、そこで出会ったのが現在PLAN-BにてWEB戦略事業のマネージャーを務めている行平と、西日本営業部の営業部長を務めている岩永でした。

ーー そこで運命的な出会いを果たしたんですね。ちなみに前職ではどのような業務をされていたのでしょうか。

主な業務としてはクライアント企業の商材販売促進です。社内数名でひとつのチームを組み、約2週間ずつ家電量販店で特販スタッフとして商材を販売し、各店舗に対して成果を上げるための施策を提案することで売上の向上を目指すという内容です。そのようなコンサルティングと営業の両軸を持った業務を約3年ほど行っていました。

最初は1店舗から2店舗を担当していましたが、成果を出すにつれて人数もチーム数も増えていき、どんどん仕事が拡大していきました。仕事は順調だし、行平と岩永と一緒に仕事しているのも楽しかったのですが、なんとなく物足りなさも感じていたのがこの頃です。

全身に衝撃が走った入社初日、直感から生まれた「この会社を大きくしたい」という気持ち

ーー その後PLAN-Bに入社となります。入社されたきっかけはなんだったのでしょうか。

そもそものきっかけは私より先にPLAN-Bに参加していた行平の紹介でした。当時行平が代表の鳥居本から「営業部を作ってもっと商材を拡販していきたいから営業できる人材がいれば紹介してほしい」と依頼されていた経緯もあり、前職の縁から私に声をかけてくれたんです。私も行平の人間性が好きだったので、もし良い社長だったら是非参加してみたいと返答をしました。

面接を実施していただいたのは2011年の7月24日でした。今でもはっきりと覚えています。実はその前日にあたる7月23日は私の次男が生まれた日だったんです。当時私は水戸におりまして、家族は大阪にいたんですが、子供が生まれるタイミングで大阪に行くからそのついでに面接に行こうかなと(笑)。

ーー お子さんがキューピッドだったんですね(笑)。

そうなんです(笑)。

その面接で代表の鳥居本と初めて会ったんです。内容はほとんど雑談みたいな感じだったのですが、話を通してとても誠実な方だという印象を持って。「この人絶対に嘘はつかない人だろうな」と直感で思ったのと同時に、「この人は今よりももっともっと大きな存在になる。それに比例して会社も絶対に大きくなっていく」と確信をして、2ヶ月後に入社しました。

ーー 入社当時のPLAN-Bへの印象はいかがでしたか?

入社初日から全身に衝撃が走ったのを覚えています。私が作りたいと思っていた組織がすでにPLAN-Bに存在していたというのがその理由です。

そもそも私の仕事に対するモチベーションはお金だけではなく、それよりも働き方に重きを置いていて、ワクワクして生きていたいという気持ちが強かったんです。仲間と一緒に、チームとして切磋琢磨しながら常に楽しんで仕事をしたい。

その組織や雰囲気がすでにPLAN-Bには存在していました。これは運命だと思いました。そのような環境に身を置くことが目的だったので、前々職のように独立をしたいという気持ちもなくなり、「この会社を大きくしたい」という気持ちだけが強く心に響いてきました。

勝てている要素などほぼない、だからこそ勝てる部分は絶対に負けちゃいけない

ーー 前職でご一緒だった行平さんからご紹介いただき、鳥居本さんの人間性に惹かれ、いざ入社をしてみたら理想的な環境がそこにはあったという。。本当に運命ですね。。入社初日からそのような体験をされた訳ですが、実際に働き始めてからの思い出深い出来事はありましたか

色々あるのですが、営業と人事で1つずつあげますと、

1つ目は営業時代の話なのですが、ある日鳥居本に「会食費用っていつもどうしてる?」と訊かれて「立て替てます」と答えたんです。すると鳥居本は「立て替えていると大変だからこれ使いな」と言って会社のカードを渡してくれました。それはとても思い出深いです。

本当に社員に対して信頼を向けてくれていると実感しましたし、絶対に裏切れないという気持ちになりました。そこまで性善説で人は行動ができるのかと。信じて任せてくれているという真意をすごく感じ取りました。そのような部分からしてみても、私が入社した当時から「人が人で集まっている会社」という雰囲気はありました。

2つ目も鳥居本との話になります。人事を始めた当初ですが、私の中で「採用できる」と思って鳥居本にぶつけてみても、なかなか面接にまで至らなかったんです。選考者の疑問や懸念がすべて潰れている状態でないといけない。「僕にジャッジさせた時点で自分の仕事ができていないよ」という感じで言われて。。社長の基準がとてつもなく高くて。

しかしそれは、経営視点から人事面を判断する基準部分をシェアしてくれていると感じました。同じ目線を持って、会社を考えて、採用をしていく。こうあるべきだ、という基準をぶらしていない。どこまで突き詰めるか、どこまでやるかの程度を示してくれた忘れられない出来事であり、経験でしたね。

ーー 渡辺さんはそれまでずっと営業をやられてきたかと思います。人事は営業に比べると理論では説明のできない要因が常に降りかかってくる職種だと感じるのですが、最初はそこのギャップに慣れるの大変だったのではないでしょうか?

そうですね。営業は毎月の数字があって、週単位に落とし込んで、日次に落とし込んで数字を追えますが、人事ですと結果が出るのが本当に活動期間の最後の最後なので歩留まりがわかっていない当初は大変でした。「どれくらい人に声をかけたらどれくらい興味を持ってもらえるのか」という明確な数字も正直わかりません。最初は感覚を掴むのに苦労しましたね。最初は私しか専属の人事担当者がいないという状況でもありましたので。

ただ、当時から鳥居本とのミーティングは多く実施していました。その中で鳥居本と一つだけ約束したことがあったんです。

会社の規模では大手企業には当然負けているし、社員数でも負けているし、売上でも負けている。サービスの幅でも、優秀な先輩の数でも。勝てている要素などほぼない。だからこそ勝てる部分は絶対に負けちゃいけないと。PLAN-Bが勝てるのはどこなのか。それを考えたときに導き出されたのが「本気で向き合う」という部分でした。

それだけは絶対負けないでおこうということを決めて人事をスタートし、勿論PLAN-Bには入ってきてほしいけど、その学生が別の会社に行きたいという意思を持っているのであればそちらを応援するというスタンスも崩していません。他社を否定・批判してまでとか、オワハラ(いつまでに決めて、などの追いかけ行為にをするハラスメント)とかも一切しませんでした。本気で、一番傍で理解することに徹しました。

PLAN-Bに来られなかった学生からも「それでも一番向き合ってくれたのはPLAN-Bでした」って言ってもらえたり。向き合いの強さでPLAN-Bに決めてくれた人もいました。大手と被るとオワハラするベンチャー企業はいると思いますけど、それは絶対にしない。

常に誰かのことを考えて、誰かのために生きる才能を持っている人

ーー 渡辺さんの思うPLAN-Bらしさとはどこでしょうか。

ポジティブなところだと思います。私も昔から楽観的な部分がありますが、そこの文脈ではなく、過去をいくら悔やんでいてもしょうがないので、ここからどうするのかを考えないといけないと考える人が多いです。

あとは社員全員が良い人です。明るいですしフレンドリーです。そして、そのような空気感を持っていても本気でやるというところも共通しています。メリハリはつけてやっていくという。私としては「甲子園行こうぜ」という感じの会社だと思っているので。楽しく働くというのは大事だと思うんですけど、苦しいことがある中で達成した時のギャップが楽しいということに繋がるので。

ーー 部署間・上下間の距離はいかがでしょうか?

とてもフランクです。意見が言いづらいという雰囲気は一切ないですね。一人一人が四苦八苦しながら事業を作っているので多忙ではあると思うんですけど、自分のことだけを思っていないからこそ目の前のこと、相手のことに集中できる部分がありますね。

みんなで飲みに行くのが好きな社員も多いです。もともと仲が良くてフランクなので、毎晩どこかしらでは飲んでいると思います(笑)。

そのような社員間の交流もあって、昼は社員食堂・夜は居酒屋という形式を取った「でんらく」というお店を大阪では出しています。「みんなお酒を飲むのが好きだから居酒屋を作ってしまおう!」という発想で生まれたサービスですね。栄養の偏った食生活はしてほしくないという社長の思いも込められています。

ーー ご入社されて以来会社の色々な面を見てきたと思いますが、「こういう人と働きたい」という人物象はございますか。

大前提として、誰かのために生きる才能を持っている人と働きたいです。PLAN-Bは【世界中の人々に「!」(驚き)と「♡」(感動)を】というテーマを掲げているので、常に誰かのことを考えて仕事できる・生きていけるという思いを持っている人が理想です。

同じ野球チームにいるにも関わらず、ヒットを打った人間に嫉妬するのは変ですよね。活躍してる人は素晴らしいですし、会社の見ている方向に進めてくれている訳ですし。そう思ってくれる人が良いです。”FOR ME”だけでなく、”FOR YOUでありFOR ME”という精神が大切ですね。

PLAN-Bはデジタルマーケティングだけをやっていこうと思っている訳ではありません。【世界中の人々に「!」(驚き)と「♡」(感動)を】与えられれば良い。ドメインは問わずチャレンジしていきたいですし、チャレンジしてもらいたいです。

「朝起きて会社に行きたいな」という感覚。そのような感覚で人生を送れる人が一人でも多くなれば

ーー ありがとうございます。最後となりますが、ズバリ今後PLAN-Bどのようになっていくでしょうか。

ディズニーランドやリッツカールトンホテルのような、”聞くだけでワクワクする”ようなイメージを持たれるサービスカンパニーにしていきたいと本気で思っています。ユーザーからは「PLAN-Bだったら安心」、競合からは「PLAN-Bにいられると厳しい」。そのようなことを思われるような会社にしていきたいですね。

個人としては、外部の人事担当の方や経営者の方々から「PLAN-Bをどのように作っていったのか」を問われるくらい、大きな何かを成し遂げたいですね。今は「朝起きて会社に行きたいな」と思えている状態を自分で作れているので、そのような感覚で人生を送れる人が一人でも多くなれば良いなと考えています。

PLAN-Bが好きでPLAN-Bで働く人に対しても「休み前になると寂しい」というような気持ちになってもらえるように頑張りたいです。

ーー 渡辺さん、本日はありがとうございました!

株式会社PLAN-Bs Stellenangebote
23 Likes
23 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen