This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

キュレーションメディアと違いすべて実際に体験したリアルな遊びの体験メディアです。
実際に取材した記事だけを16,000記事以上掲載!
PLAYLIFEは、デート、女子会、ドライブ、旅行など、みんなの楽しい思い出を共有できる実名型の「遊びの集合知」メディアです。 https://play-life.jp/ 他のキュレーションメディアとは違い、すべて実際に体験したパクリなしの写真とテキストで、点を線にした遊びのトータルコーディネートを発信しています。 遊びのプラン数は日本全国で16,000プランを超えて、スタートアップながら急成長中の遊びのメディアです。 「遊びのクックパッド」、「みんなで創る東京ウォーカー」のような、たくさんの笑顔でいっぱいのメディアです。

Why we do

遊び方や、遊びのシーンでのグッズの使い方などを詳しく紹介しています。
遊びが仕事になる、そんな夢のような働き方を実現できる会社です。
外資系コンサルティング会社に勤めていた代表の佐藤太一は、1ヶ月で約500時間以上働いたあげく駅のホームで倒れました。 その時、人生の幸せは、お金じゃない、地位じゃない、名誉じゃない。気の合う仲間たちと、心の底から思いっきり遊ぶことだ。そう人生は遊びでできている。 死ぬ瞬間に「楽しかった!」と笑って死ねるように、僕たちはもっともっと、楽しく、真剣に遊ばなくちゃいけない。 そう考えたのがきっかけでPLAYLIFEを作りました。 学校、仕事、睡眠以外の人生の大部分を占めているのは「遊びの時間」。 PLAYLIFEという名のとおり、一人でも多くの人たちが「人生を遊び倒す」毎日を実現できたら。 この世界そのものが楽しくなればいいなと思っています。 【メディア掲載】 死を意識した時、思い浮かんだのは遊びだった。 人生を遊び倒し、世界を楽しく豊かにする挑戦。 https://an-life.jp/article/740 「“遊び”を充実させることで人の“幸せ”を増やしたい」 – プレイライフ株式会社で想いを実現させるエンジニアに聞く内側 http://readwrite.jp/joboffer/32061/

How we do

ターゲットユーザーである大学生インターンにヒアリングしながらプロダクトのPDCAを回します。
仕事をするときは真剣に、遊ぶときはおもいッきり。
全体のメンバーは社員8名+副業10名+インターン5名。 元アクセンチュア、元DeNAのCEO、全国を飛び回るあそびプロデューサー、元食べログのエンジニアで若きフロントエンジニア、Rails会議で毎年登壇しているプログラマー、東大で人工知能を研究している学生など、さまざまなメンバーが関わってくれています。