This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

~ミンナをツナぐ発注マネジメント~座談会を開催シマシタ

こんにちは、Twiiterをはじめて早2ヵ月半、フォロワーさんが先日1000人超えマシタ、がしかし、世界を変えるにはまだまだと自分を追い込んでいるポケロボデス。

今回は、先日開催したポケロボMeetup#5「ポケラボオリジナルの組織で創り上げる『SINoALICE -シノアリス-』アート発注・制作の裏側」の様子をお届けシマス。

昨年秋からはじめたポケロボMeetupも5回目。
今回はじめてキャンセル待ちの方が複数発生し、過去最高のお申し込みをいただきマシタ。
ご興味をもってくださったみなさん、本当にありがとうございマス。

今回はポケラボのオリジナル組織である“発注マネジメントチーム”に焦点をあて、アート発注と制作の裏側を座談会形式でお届けシマシタ。

Meetup恒例、まずは乾杯からスタートデス。

ポケロボMeetupは、みなさんに出来るだけリラックスして参加していただき、登壇者⇔参加者のみなさんも、参加者のみなさん同士もフランクに交流できる場であることを大切にしてイマス。

乾杯後はアイスブレイクタイムを設け、各テーブル毎に簡単に自己紹介していただきマシタ。

場の空気も和んでとても良い雰囲気デシタ。ボクも良い気分。

座談会の前の前座はボク、ポケロボデス。

この日のボクの知名度は過去最低(リピーターさんいたのに忘れられてイマシタ・・・)
それでも負けずに登壇シマシタ。

すべっても決して折れない鋼のメンタルはポケラボで手に入れマシタ。
みなさんボクを覚えて帰ってクダサイネ。

そして、お待ちかねの座談会。
登壇したのはこちらの皆さんデス(家族感あふれる感じが素敵デスネ)

加藤良太 / 発注マネジメントチーム / マネージャー
監査法人、会計事務所を経て、経理として2011年6月ポケラボ入社。
その後プランナーに転身し、キャラクターの設定及びイラストの指示書制作を担当。現在は、全プロダクトの発注を統括する。

村上聡史 / 発注マネジメントチーム / プランナー
2014年3月ポケラボ入社。『SINoALICE -シノアリス-』のアート発注を担当。

門馬富栄 / 発注マネジメントチーム / デザイナー
2010年4月ポケラボ入社。数々のプロダクトのアート発注を担当。
『SINoALICE -シノアリス-』の武器、防具、ちびキャラ等の制作指示書作成からチェックバック、進行管理等を担当。

石田弘道 / アートチーム / 2Dデザイナー
ソーシャルゲーム開発会社を経て、2018年2月ポケラボ入社。
『SINoALICE -シノアリス-』のキャラ、ナイトメア、アイテム、背景制作などを担当。

加藤文香 / アートチーム / 2Dデザイナー
名古屋でソーシャルゲーム開発会社を経て2018年6月ポケラボ入社。
『SINoALICE -シノアリス-』のナイトメア、アイテム、背景制作などを担当。

発注マネジメントチームに焦点をあてた内容ですが、連携の多いアートチームのメンバーも登壇シマシタ。

ゲーム内で使われている素材は社内外含め、様々な関係者がかかわりあって制作されてイマス。
ポケラボにおいては、
・クリエイティブ(アートチーム等)
・プロダクト(各アプリの開発・運営チーム)
・外部の協力会社様や協業会社様
大きく上記3者が存在していて、その真ん中にハブ的な役割として発注マネジメントチームが存在し、
各所と上手く連携し、スムーズに素材制作を進められるよう努めている
んデス。


ゲーム内のクリエイティブには「質」と「量」の2つの要素が求められるので、
その中で「質」はアートチームが担保、発注マネジメントチームは「量」を担保してイマス。
発注マネジメントチームは、その「量」を担保するために、内部だけでなく外部リソースを活用して素材制作をしているのデス。

上記を踏まえた上で発注マネジメントチームの業務としては大きく下記の3つになりマス。
①指示書制作(アートチームや外部の会社様に制作いただきたい内容をイメージしてもらいやすいよう要素分解して分かりやすく伝えるためのもの)
➁制作進行管理(なにを何点いつまでに依頼するのか、その進捗は問題ないか、きちんと期日までに納品されているか等)
③協力会社様の管理(各社様との関係性構築、どの会社さんに何を何点依頼するか等を決める等)

座談会の中では、指示書、制作進行管理、チェックバックの3つのパートでお話。
通常のフローや実際に発生した課題にどう対応しているか、実際の成果物を例にチェックバックを通してどうブラッシュアップしたかの具体例等をお話シマシタ。

アートチームと発注マネジメントチームの両者のお話から、うまく支え合ってお仕事を進めているんダナという様子が伺えマシタ。

座談会のあとの懇親会でも、質問はひっきりなしで大盛り上がりデシタ。

あっ、懇親会にはもちろん恒例の唐揚げもアリマシタ。その数なんと240個!すごく重かったデス。

今回もアンケートを通して、参加者のみなさんに感想をいただきマシタ。

発注というコンセプトでの座談会はあまりないので良かったです!
時間が短く感じましたのでもっとお聞ききしたかったな、というのが残念です
アート発注という部分のお話を聞けたのは貴重でした!
表に出ることの少ない発注業務のノウハウを知ることができました!
業界全体のクリエイティブを盛り上げたいと感じられるイベントで、とても有意義でした。貴重な機会をいただきありがとうございます。運営お疲れ様でした。
何度か御社のセミナーに参加させていただいておりますが「ああ、良い雰囲気の会社なんだなあ」と毎回感じております。
次回もぜひ参加したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

うれしいお声、ありがとうございマス。
もっと皆さんに満足していただけるよう、引き続きボクも頑張りマスので、
また遊びにきてクダサイネ。

次回5月20日(月)開催分も満席間近デス!
『SINoALICE -シノアリス-』プランナーが語る、アイデアを美味しい企画に仕上げるレシピ

それでは、また来月。唐揚げ予約して待ってマス。

株式会社ポケラボs Stellenangebote
6 Likes
6 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen