This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

エンジニアインタビュー SIerから事業会社へ 僕がラクマを選んだ理由とそこで目指すもの

こんにちは、僕はラクマの非公式キャラクター、ラクマくんだよ。
夢の中で謎のパンダに「ラクマ開発チームの中の人にインタビューをしてこい」って言われたから、今日はインタビューをしてみようと思うんだ。

みんな忙しそうにしている中、優しそうなサーバーサイドエンジニアのお兄さんがいたから、話しかけてみたよ。

「優しそうなサーバーサイドエンジニア」こと三谷さんは、今年初頭に入社し、すでにチームの中核で大活躍をしているよ。

仕事としてのやりがいとメンバーの人柄でラクマ開発チームを選んだ

ラクマくん(以下 ラクマ): ラクマ開発チームに入ったきっかけは?

三谷さん(以下 三谷): もともとSIerでIoTを使ったクラウドサービスの開発をやっていました。新規事業を立ち上げる部署だったので、サービスの企画から設計〜開発、運用・保守まで幅広くやっていたんですが、もっと大きなサービスを開発できるところで技術力を磨きたいなと思い転職活動をはじめました。 BtoC/CtoCで事業会社を探す中でラクマに出会って転職を決めました。その時は面接が4回あって多いなーって印象だったんですが、その分だけお話しできるエンジニアの人も多く、人柄と雰囲気に魅力を感じたっていうところが動機としては大きかったです。

ラクマ: 人柄と雰囲気(笑)

三谷: エンジニアの面接って途中に技術面接することが多いと思うんですけど、私の時は面接担当の人とディスカッションしながらコード考えるっていう感じの進め方で、ペアプロでコーチ受けながら面接してる感じだったのが印象的でしたね(笑)。

ラクマ: 面接でペアプロは斬新だね。

三谷: もちろんサービスとしてユーザー数や出品されてるアイテム数、流通金額がC2C業界の中でトップクラスだったので、仕事としてのやりがいと一緒に働けるメンバーの人柄が良いってことで入社を決めました。

ラクマは技術的に成長できる環境

ラクマ: 一緒に働く人って重要だもんね。三谷さんは、今どんな領域の仕事をしているの?

三谷: 今年の4月からラクマの決済・配送システムを開発するチームに入りました。今はラクマと楽天のサービスを連携させる機能の開発をメインでやりつつ、決済周りのコードを改善してシステムを安定稼働させるようなことをやってます。

ラクマ: 大変そうな感じがするね。

三谷: ちょっとずつチームメンバーも増えてきて、今はエンジニア4人、ディレクター2人、デザイナー1人と開発チームとして体制が整ってきました。決済・配送周りはサービスのドメイン知識が必要なところなので色々と覚えることも多いですね。

ラクマ: 実際にラクマ開発チームで働いてみてどう?

三谷: ラクマは俗にいう分断されたモノリスなサービスになっていて、複数のサーバー間でやりとりしたり、外部サービスとの通信が多く発生します。遅延や非同期なシステムでの冪等性など設計周りで気にしないといけない部分が多く、技術的に成長できる環境だなと思ってます。月間の流通金額の大きいサービスなので、過去に踏んできた失敗や経験の蓄積があって、チームメンバーと知恵を出し合いながら開発できる面白さがあります。

ラクマ: 失敗や経験の蓄積、ラクマはたくさんあるよね (笑)

三谷: 話が少し逸れますが、前職はJavaメインでやっていて、ラクマからRubyとRuby on Railsを触りはじめました。Ruby界隈はコミュニティが幅広くて、勉強やカンファレンスに参加するのも楽しいです。今年のRuby Kaigiには、私含めて3人でスタッフとして参加してきました。そういった外部との繋がりも大事にしているメンバーが多いのも魅力の一つだと思います。

和気あいあいながらも試行錯誤しつつ新しいことを試せるチーム

ラクマ: コミュニティとの繋がり大事だよね。三谷さんの所属するチームってどんな雰囲気?

三谷: 長期間開発するプロジェクトのチームなので、開発手法としてスクラムを取り入れています。楽天はスクラム開発するためのツールも揃っていて、初めてスクラムで開発するメンバーも多かったんですが始めやすかったです。今は試行錯誤しながら良いチーム作りをしていこうって段階なので和気あいあいとした雰囲気だと思います。

ラクマ: 和気あいあいで試行錯誤できるのっていいね。楽しそう。どんな感じで開発進めてるの?

三谷: ラクマ開発チームに入ってから、雑にコミュニケーション取れる場って大事だなって思っていて、すごい触りにくいコードを変更するときとか、厳しめな要求受けたりした時にSlackでちょっと発狂して仕事に戻る的なことをしてるメンバーが多いです(笑)。

ラクマ: 発狂(笑)!!

三谷: そういう時は助け合ったりしてて、チームとしてまとまってるなぁって感じですね。ちょっと伝わりにくいですが(笑)。

職種を超えたコミュニケーションの場が欲しくて社内勉強会を立ち上げた

ラクマ: なるほど、みんなとワイワイやってるわけですね。発狂しつつも(笑)。そういえば、社内勉強会を始めたらしいけど?

三谷: 恵比寿から二子玉に移動してきて雑多に集まれる場所が少なくなってしまったので、職種跨いでコミュニケーションを取れる機会が少なくなった印象がありました。そこで同期で入社した牧くんと、ShobyNightというLightning Talkの会を引き継いで、MakiTani Nightというのを立ち上げました。毎週金曜日にエンジニア、ディレクター、マーケターが自由に集まって好きな話をするって会なんですが、毎週10人程度集まってくれて技術的な話から、最近気になるアプリの話とかしてます。

ラクマ: MakiTani Night...一瞬「MlKlTANl Night」かと思った。ゆるい感じのLT会って感じなんだね。

三谷: 気軽にコミュニケーションを取れる場があることが大切だと思っていて、他にも新入社員が入った時にシャッフルランチする制度があったり、横の繋がりを広げる環境作りの一環だと思ってやっています。

技術的負債の解消から生産性の向上まで - ラクマで目指していくこと

ラクマ: 今後、どういうことをやっていくの?

三谷: ラクマは今後も楽天の他のサービスと連携しながら機能開発するっていうケースが増えていくと思っています。そういった時に変更がしやすいコードやアーキテクチャになっているっていうのはすごい大事だと思っていて、その部分で負債になっている所を改善していくことが一つ重要だと思ってます。当たり前かもしれないですけど、新機能開発しながら古いコードをリファクタリングしつつ、開発の生産性を上げるって所に注力したいなと考えてます。

ラクマ: 生産性を高める活動は大事だよね!!

三谷: あとはチームビルディングの面で、かなり大きな会社の中の一つのチームですが、小さく、素早く、継続的に新しい機能を作れる組織でいたいなと思ってるので、チームで成果をあげるってところに力を入れたいなと思ってます。

ラクマ: ありがとう! じゃあ最後に、これを読んでくれてる読者の皆さんにラクマのいいところ3つくらい伝えて締めましょうか。

三谷:

  1. 思ったことを行動に移す人が多い
  2. サービスが大きいのでやりがいも大きい
  3. 金曜日は飲み好きが集まる飲み会開催!

ラクマ: 三谷さん、ありがとう!いいチームを作っていけそうだね。これからも頑張ってね!


エンジニア・デザイナー積極採用中!

ラクマ事業部では、チーム作りからより高いレベルの開発を目指したいエンジニア、デザイナーを積極採用中です!

以下のリンクよりぜひご応募ください!(楽天キャリア採用の募集が開きます)

シニアWebアプリケーションエンジニア - CtoC事業
インフラエンジニア/サイトリライアビリティエンジニア - CtoC事業
iOSモバイルエンジニア - CtoC事業
Androidモバイルエンジニア - CtoC事業
リードUI/UXデザイナー - CtoC事業

楽天株式会社ラクマ事業部's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings