This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

READYFOR(https://readyfor.jp/)は、日本最大級※のクラウドファンディングサービスです。2011年3月のオープンから1万件以上のプロジェクトを掲載、総額100億円の資金を全国のチャレンジャーへ流してきました。 2019年7月にはこれまでのクラウドファンディングの実績や培ったネットワークを活かし、「READYFOR SDGs」(https://sdgs.readyfor.jp/)をローンチ。企業のお金を志のある活動へ流していく取り組みを始めています。 ※日本最大級=プロジェクト掲載件数、累計支援額 <READYFORが、第5回日本ベンチャー大賞 経済産業大臣賞を受賞!> https://blog.readyfor.jp/n/n18aeda6e4989 <READYFORで実際に資金を集めたプロジェクト> ・ぜん息の子供と親の負担を減らしたい。新しい治療法への挑戦 https://readyfor.jp/projects/difto ・認知症の方と作る「注文をまちがえる料理店」広がれてへぺろの輪 https://readyfor.jp/projects/ORDERMISTAKES

Why we do

プロジェクトの記者会見の様子
第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞
私たちREADYFORは、資金がないことを理由に「やりたいこと」や「夢」を諦めてしまう、そんな人々を1人でも減らしたいという思いから、クラウドファンディングサービスを業界に先駆けて2011年よりスタートしました。 最初は6件のプロジェクトからスタートしましたが、8年かけて掲載は10,000件ほどに。少しずつクラウドファンディングの認知も広がり、個人から個人のお金の流れのみならず、研究機関や医療法人・ソーシャルセクターなどに資金調達の手段を提供してきました。 今後はよりお金の「出し手」「受け手」を増やしていくため、人や事業への投資を加速させています。 2019年10月にはCI(コーポレート・アイデンディティ)の刷新を敢行し、クラウドファンディングの枠を超えたお金の流れの創出を目指しています。 <CI刷新について> https://blog.readyfor.jp/n/nc1e3777a53e4

How we do

緑に囲まれた開放的なオフィス
社内はソファーやビーズクッションもありリフレッシュしながら働ける環境です。
【組織】 社員80名、アルバイトやインターンのメンバー含めると120名を超える組織となりました。 Web・コンサル・金融・メーカーなど様々なバックボーンを持つメンバーがそれぞれの専門性を活かしながら、部署をまたいで協力しつつ、仕事に取り組んでいます 【大切にしていること】 「安心してエネルギー高く働き続けられる組織」を掲げ、相互の信頼と尊敬を持ってアクションしています。 全メンバーがSlackにジョインしており、カジュアルなコミュニケーションで情報共有しながら、組織としてのアウトプット最大化を重視しています。