This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

早稲田大学卒業後メガバンクに就職した私が現在設立5期目のベンチャー企業にいる理由

こんにちは!株式会社リアステージの松本幸一郎です。

まず簡単に自己紹介させてもらいます。


私は小中高と暁星学園という私立の一貫校を卒業し、早稲田大学に入学。

大学もストレートで卒業しメガバンクに入行。

その後転職し現在に至ります。


小学生から始めたサッカーでは高校時代に選手権都大会準優勝経験。

大学では、フットサルサークルの代表を務め、楽しい学生ライフを送っていました。


では、何故そんな私が大手企業を辞めてリアステージというベンチャー企業に転職したのか。

それをこれから話そうと思います。


現在就職活動している学生の方々は1度目を通してみてください!

きっと参考になると思います!

(私自身学生時代にこんな記事に出会いたかった・・・笑)


この記事では

1.私が大学時代どういう就活をしてきたのか

2.メガバンクの1.2年目でどういった仕事をしてきたのか

3.転職を決めたきっかけ

4.リアステージに入社を決めた理由

5.今後実現したいこと

の順で話していきたいと思います。少し長いですけどお付き合いください!


1. 私が大学時代どういう就活をしてきたのか

いわゆる『典型的な就活生』でした。3月になり周りが就活始めたから自分もやらなきゃ、

でも大学時代は麻雀とサークルに明け暮れていた私には特にやりたいこともなく。。。

大学柄周りが皆大手企業を目指すようにとりあえず大手企業に入れたらいいな、

くらいの気持ちで就活を始めました。

なんとなく名前の知れた皆が行くような合説に行き、なんとなくtoC向けのサービスを提供していて、

名前知ってるという企業に片っ端からエントリーして。

しかしどこの説明会に行ってもあまりピンとくるものがなく。

最終的には父親が大手証券会社に勤めていたことから、

金融業界でいいかな、くらいの気持ちで大手金融企業15社にES提出し、6月に8社程面接、4社内定。

メガバンクに入行を決めた理由も『最大手だから』

この時は、大手企業に入る為に会社説明会にはとりあえず全部参加し、

OB訪問も何回も繰り返し行っていました。

今こうして振り返ってみると完全に『就活=大手企業に入るための活動』になっていました。

それがその後の自分にどう影響を与えて行くのかを次にお伝えします。


2. メガバンクの1.2年目でどういった仕事をしてきたのか

入行して最初の3ヶ月間は横浜の研修所に泊まり込みで新人研修を行います。

6畳くらいの部屋に3人で泊まるのでなかなかムサイです(笑)

研修内容は主に、社会人としてのマナー、金融知識、内部事務といたことで、

毎日テストを行いランキング付けされます。

そして、6月末頃に研修の最終試験があり、それに合格しないと支店配属されません。

私は無事最終試験に合格し、ラッキーなことに都内配属になりました。

配属後、また3ヶ月間実務研修があり、営業に出たのは10月からでした。

ちなみに、支店によって配属後の研修期間は異なり、

大きい支店だと1年以上1人で営業に出ることができません。

10月になり、中小企業を20社程担当に持たせて頂き、

融資や運用等を中心にグループと連携して営業を行っていました。

最初は浅い知識のまま営業に行き、お客様に怒られることもありましたが、

徐々に慣れていき2年目には担当社数が50社程度に増え、

支店内でも貸出残高管理という役割を頂きました。

ここまでざっくりと説明しましたが、

ほとんどの学生は銀行員が何をしているのかイメージできないと思います。

中小企業相手にお金貸すのかな?くらいだと思います。

正直今の私でも知りきれていません。(笑)

今の銀行(主にメガバン)では、グループと連携すれば株も保険も不動産までもなんでも売れます。

金融業界に関して、もっと詳しく聞きたい方は是非弊社までお越しください!


3. 転職を決めたきっかけ

そんな感じで始まった私の社会人生活ですが、

2年目になった頃から『このままで大丈夫かな』と考えるようになりました。

ネットニュースではメガバンクの人員整理の話が話題になったり、

フィンテックだのAIだので人の仕事が無くなるとかいう話もみる機会が増え。

将来どうなるのかなーと、そこで初めて『自分の将来』について考えるようになりました。

それまではなんとなく大手メガバンクで、なんとなく出世競争して、

自分の家族と同じような幸せな家庭作って、子供は有名私立の大学に行かせて、

就職する頃には自分も定年退職して、第二の人生歩んで、とかを想像していたのですが、

父の時代はそうだったかも知れませんが、

変化の激しい今の時代で果たして今のこの仕事を続けることが

そういった自分の将来の実現に繋がっているのか、と考えるようになりました。


実際自分の仕事は、新規営業は一切無し。

いわゆる契約していただいている企業さまのルートセールス。

困ってることありませんかと聞いて回る毎日。

しかし困ってることがあっても、大手なのでそりゃ自由度はありません。

厳格なルールの中で、この仕事ならこの部署へと仕事の細分化もされています。

もちろんそんな仕事を続ける中で、

課長、部長、支店長とキャリアを築くこともできますが

1−2年ではなく、10年単位。

父が30歳のときに家庭を持ったことを考えると、現在24歳であと6年しかない。

あと6年間この仕事を続けることが自分の未来の実現に繋がるかと考えた時に答えはNOでした。

そんなこともあり、休日に学生時代大手しか見ていなかったので、

試しに真逆のベンチャー企業の説明会でも受けてみようと新卒に混じって参加しましたのですが、

そこで人生180度変わったんです。


自分と同い年の人事の方が、会社のビジョンについて熱く語り、

その中で人事の方がどんな想いで働いていて、

それでいて一緒にビジョン実現するための仲間集めに本気であることを

100名くらいの就活生に対して語っていて。

純粋にかっこいいなと思うとともに、今の自分とこの人事の方を比べた時に、

勝てないって思っちゃったんです。


名門私立をエスカレーターで上がり、一流大学に入り、一流企業に入り、

正直同世代の中で自分は『勝ち組』なのではと思っていました。

しかし名前も聞いたことない企業で熱く語る同い年のこの人事の方の方が

人間として圧倒的に勝っている。

その瞬間に転職を決めました。


4.リアステージに入社を決めた理由

転職を決意してから、改めて自分の未来について考えました。

そこで出た答えが、松本家のような家庭を作ることでした。

へっと思うかも知れませんが、根底がここでした。

何不自由することなくここまで育ててくれた両親を心から尊敬していますし、

そんな両親に対して息子の自分どうなったら恩が返せるのか。

大手メガバンクに就職しました、と伝えても、言うても子供は子供。

心配させてしまいます。

それならば、いつか松本家のような家庭を築き、

子供から尊敬される父親になった姿を見せること。

そうなって初めて安心してくれるのかなと考えました。

じゃあそうなるためにこれからの時代の中で必要なスキルや力は何か、

1. 誰からも信頼される人

2. 0から1を創れる人

3. 変化に対応できる人

この3つであると考え、それを身につけることが出来る企業選びをしました。



業界に関しては、銀行営業マン時代に多くの企業が人手不足であったこと。

自分のように何となく就活している学生にしっかりと企業選びをしてもらいたい。

そういった理由から、人材業界にしようと決めました。

強く志望していたのは、前述の会社(説明会を受けた会社)とリアステージでした。


そのうちリアステージに決めた理由は、

1、社員全員が本気で日本一を目指している

2、入社後すぐ即戦力として裁量を持つことができる

3、結果を出せば新規事業の立ち上げを経験できる

4、学生と親身に向き合っている

5、就活を変えるというビジョン

の5点です。


ここであれば、なりたい自分を実現でき、そしてその先の自分自身がそうだったように、

何も考えず、周りに流されてる就職活動の在り方を本気で変えることができると素直に感じました。

実際に今働いていて、こんなに全員が前向きで元気のある会社は他に無いと思います!

正直ここではリアステージの魅力を話しきれないので、興味のある方は連絡ください!


5.今後実現したいこと

現在、私は主に法人営業部で採用コンサルタントを行なっています。

まずは、自社のサービスをより多くの企業に知ってもらい、新卒紹介事業で日本一を取ること。

そして、最も信頼される学生のキャリアアドバイザーとして活躍していきたいと考えています。

経験を積み、結果を出した後は、

マネージャーとして現場をまとめグループでしっかりと結果を残せるようになる。

そんな自分を実現したいです。


現状リアステージは業界3番手くらいの立ち位置で、まだまだ成長する必要があります。

実現したいことを口で言うのは簡単ですが、

どんなことにおいても日本一を取るためには半端な覚悟では無理です。

しかし、覚悟を決めて何度も壁にぶち当たり、

それを乗り越え日本一を取ることかできたら想像出来ない程の喜びと達成感があります。

自分はまだまだ未熟ですが、これからは日本一を取る気持ちを常に持ち、

夢を実現するために全力で仕事に向かっていこうと思います。


是非一緒に日本一を目指しませんか!?

株式会社リアステージ's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more