This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

驚異の「アプリ前年比280%成長」をまるっと体系的に振り返り。見えてきたグロースPOINTとは?

お久しぶりの方も、初めましての方も、みなさんこんにちは。

リジョブでWebマーケ兼社長室に所属してます、吉田です。実は1年ほど前にこんな記事を書いていたのですが・・・



あれから1年近くなんて・・・時の流れはとてつもなく早いですね。前回の記事でも、自慢みたいなタイトルになってますねと自分で突っ込んでますが、今回も自慢のようなタイトルになってしまっていますね笑人の癖は急には変わらないようです笑

・・・という冗談はさておき。今回のブログでは、私がこの1年担当領域であるアプリで「前年比280%という成果を出せたのはなぜだろう?」という振り返りをしてみたので、ぜひいろんな方にも見ていただきたく、このようなタイトルにさせていただきました。お題はアプリのグロースですが、他業務/職種の皆さまにも、何か応用できる手がかりになればと思っています!

なお、私自身に関しては、以前のブログに自己紹介を記載させていただきましたので、今回は割愛させていただきます。(興味のある方は上記のブログ、ぜひご覧ください!)

ー アプリ担当スタート!するものの。。。

私は入社当時からWebマーケをやっていたわけではなく、もともとはお客様サポートや求職者の採用率を向上する部署にいました。その後、2年ほど前にWebマーケDivへ異動となり、そこでアプリを担当するようになりました。

私は本格的にマーケティングをやるのは初めてで、当時一生懸命取り組んではいたものの、あまり成果を出せているとは言い難い状況でした。

セミナーに行ったり、他社の事例を集めたりとアプリの成長のために模索はしていましたし、自分なりにアプリの改善もしているつもりなのに、なんで数値がこんなについてこないんだろう・・・・

とずっと悩んでいました。



ー アプリを体系的に見てみよう!

なかなか成果がでず悩んでいるなか、リソースも限られているのにこのままやみくもに施策を打っても成果は上がらないな・・・と思い、「アプリというものをもう少し体系的に考えてみよう」と決意しました。

そこで、「そもそもアプリとはどういう性質のものなのか?」そのうえで最終的にアプリで「応募」というゴールに至るまで(弊社は求人支援サービスを提供しているため)に、「どういうところからのインストールが考えられ、どんなKPIで成り立っているのか?」「そのKPIは今どのくらいの値で、伸び余地はあるのか?」というのを徹底的に見てみることにしました。



ー 見えてきたこと

そして実際にアプリにまつわるKPIを係数分解してみると、今まではアプリの開発の方に注力していたのですが、実は「インストール」の方にまだまだ伸び余地があることが分かったのです。

そして、それまではインストールを経路別に分けて伸び余地を見られていなかったのですが、主なインストール経路である、

すべてに伸び余地があり、十分に施策を打てていないことが分かりました。

同時に、「アプリってWebと比較してなにが優位なの?」「サービスにとってアプリをどういう立ち位置にすべきなの?」というのを改めて突き詰めた結果、アプリにはユーザー/サービス提供側それぞれにとって、下記のような価値があることを再認識しました。

また他社の人材採用系アプリの動向を見てみると、

・2017年度当初→Webビューとのハイブリッドアプリが多かった

・2017年度後半~→フルネイティブのアプリが増えてきた

という動きがみられ、そのような他社の動きも参考にし、リジョブも『ユーザー/サービス提供側それぞれの利点を網羅できるようなネイティブアプリにリニューアルしよう!』と決めました。

上記のような考えのもと、2018年度は、

・インストールを徹底的に増やす

・アプリリニューアル(まずは主要な機能)

に注力してみようと決めました。

ー 結果。。。


・・・応募UU、前年比MAX280%成長!!!

その当時、アプリチームはマーケ3名・エンジニア3-4名程度で動いていたのですが、有料集客の担当者はターゲティング・クリエイティブを試しまくり、Webサイトからのインストール促進の担当者はユーザーの行動を仮説立て、施策を試しまくりました。

また、アプリのリニューアルでは開発にかかわってくださったエンジニア・デザイナーさんに相当頑張っていただき、テストの段階ではマーケ以外の部署にもたくさんご協力をいただきました。

その結果、インストールを大幅に増やすことができ、リニューアルも成功させることができ(iOSのみ。androidは今後)、CVR(応募率)も向上させることができました!

それにより、2018年度7月から現在まで毎月、前年比200%の応募UUを達成できることにつながり、MAX前年比280%の成果にもつながりました。

ー この1年の結果から得たこと

自分自身この結果から得たこととしては、

ということです。

当たり前のような気もしますが、「言うは易く行うは難し」で、上記をしっかりと腑に落ちるまで理解し、その行動ができるようになったのは自分にとっても、サービスにとっても大きな財産だと思います。

私がこのような大切なことに気づけたのも、アプリをまるっと任せてもらえ、本質的なところから試行錯誤することができた結果だと思います。そしてこのようにリジョブには未経験であっても、想いと思考と行動力があれば、責任あるミッションを任せてもらえ、本気であればあるほど周りのみなさんも惜しみなく協力してくれるカルチャーがあります。

終わりになりますが、このブログを読んで、私たちと一緒に裁量・自由度が大きいミッションを担い自分自身・サービスを成長させたいと思ってくださった方、興味を持たれた方、ぜひ一度気軽に話を聞きに来てみてください!

お待ちしてますー!

株式会社リジョブs Stellenangebote
Anonymous
Picture?1522981459
24129560 1572244642840642 6034290648990595179 n
Picture?height=40&width=40
Picture?1523058349
Picture?height=40&width=40
16 Likes
Anonymous
Picture?1522981459
24129560 1572244642840642 6034290648990595179 n
Picture?height=40&width=40
Picture?1523058349
Picture?height=40&width=40
16 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen

Page top icon