This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー①】

こんにちは。
最近デスクにアロマ置いている森です。
代表もアロマで癒しをもらっているようです♪

本日は、取扱説明書の第二弾ということで、みなさんにライズフォースでどんなメンバーが働いているのかご紹介したいと思います!

今回は、エンジニアをまとめている、システム事業部長のN.Sさんにインタビューをしました!

ではではインタビュースタートー!!!

Q1.どのようなお仕事をされていますか。

入社してからのメインの仕事は、スマートフォン向けのアプリ開発と研究開発を行っています。現在はお客様の立場で、要件調整や開発チーム、検証チームとのブリッジや社内案件の見積、受注、リスク管理やマネーマネージメントを行っています。
お客様先で実際の開発を行うこともあります。



Q2. ライズフォースに入社して感じたこと。

若い会社ということもあり、会社として決める内容が多々あります。
そのため、年齢や役職に関係なく意見を取り入れる風潮があり自分が会社をより良く構築することが出来るので、やる気があがります。また、失敗を恐れず前向きに作業を行う姿勢が評価されるため、思い切って自分のスキルアップ・キャリアアップに挑戦できる環境だと思います。

Q3. 仕事のやりがいと大変だと感じたこと。

会社設立4期目ということで、開発だけに留まらず、色々やることや考えることが増えています。そのため、割り込み作業をこなしながら全てを捌き切るのがとても大変です。

世の中は働き方改革が加速してきています。その流れを意識して、自分がすべきこと、他の方でも出来ること、今日すべきこと、明日すべきことなど、優先度を判断して遂行することで自分に対する負荷を軽減し、極力定時内での作業に抑えることを可能としています。このように、自身の工夫や頑張りで作業の効率化を図ることで、自分の時間を作ることが出来ます。私の場合は責任者として自社の作業に追われていますが、会社を作っていく充実感や挑戦心がやりがいに繋がっています。

また、お客様先での案件に対してのマネージメントがとても大変です。受注確定するまでの期間と納期のリンクがとれていないことがあり、要員に対する予算管理や要件に関係するスケジュールの再調整が発生してしまうことがあります。

現在は、お客様と調整を行いながら、打開策の検討や施策の実施を行っている状況です。効率化にはまだ一歩及ばないところがありますが、今後改善していくことで、より強い信頼関係を築くことができると考えています。その為に、日々努力しているところであります。



Q4. 代表はどのような方ですか。

第一印象としては、とても話しやすく明るい方です。
私と代表は、付き合いが長く、もう15年程の付き合いとなります。そこから見る第二印象としては、「こんぶ」や「かつお」ですね。

長く付き合えば付き合う程分かりますが、良質な出汁が出てきて、人柄も仕事についても深みがあることが分かります。会社として決断すべきことは、責任をもって遂行する意思が明確なので、安心して自分の仕事に集中出来る環境となっています。

S部長は、社内でも人一倍声が大きいので、帰社日の開発室はいつもより賑わっています。代表からの信頼も厚く、部長の人柄や実績を含めて、ライズフォースにはなくなはならない存在なのだ、と改めて感じました。

次回の社内インタビューもお楽しみに!

株式会社ライズフォースs Stellenangebote
Anonymous
Anonymous

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen

Page top icon