10年後の暮らしを提供するホテル?

こんにちは!

全国に自社ホテルブランド"Randor"を展開する株式会社Satisfillの橋本です。

今回は弊社がこだわるルームデザイニングに関する記事を書きたいと思います。

10年後の暮らしをホテルの客室として提供

Randorが手がける客室のルームデザイニングのテーマは”10年後の暮らしを提供”することです。

宿泊施設に泊まる旅行者が求めるものは多岐に渡ります。

フルサービス、特別感、快適さ、デザイン性、日常生活感、好立地、、、etc

その中でも我々が目指すルームデザイニングのゴールは王様気分を味わえるものでもなければ、日常生活の再現でもありません。

最新家具家電と最新のスパバス付きの40㎡以上のスイートルーム

我々が目指す客室のゴールは非常にシンプルなものです。王様気分を感じさせるものには快適性が欠けてしまい、逆に日常生活感が過度に溢れたものは旅行という非日常の目的を見失わせてしまいます。

快適でかつ非日常を味わさせてくれる客室・・・・

株式会社Satisfillが手がける自社ホテルブランドRandorチェーンの客室のコンセプトの根源はそこにあります。

最新家電を広々とした客室(最大100㎡の客室も!)に取り入れることで10年後の日常を体験でき、広々としたベッドを寝室に取り入れ、最新のスパバスやヒノキ風呂を導入することでお客様のご滞在をゆったりとした快適なものにいたします。

新築ホテルのルームコンセプトを共に構築していただける仲間を大募集してます!


それでは!

株式会社Satisfills Stellenangebote

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen