This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

FREAK'S HOUSE
MAQuillAGE
デジタル領域を中心にコミュニケーションプランニング、デザイン、テクノロジーまでを一気通貫で行うデジタルクリエイティブエージェンシー。昨年は創業15周年を迎え、「ワークするクリエイティブ」と「一人ひとりのためのワークスタイル」を追求する『WORKS GOOD!』という合言葉を掲げました。企業/製品のブランディング、採用、キャンペーンなどを中心に、紙/デジタル/映像の範囲での制作を幅広く行っています。 詳しくは、以下のサイトをご覧ください。 ●弊社オフィシャルサイト:http://www.shiftbrain.com/ ●WORKS GOOD! MAGAZINE:https://works-good.com/ https://twitter.com/worksgoodmag ●SHIFTBRAIN Backyard(制作の舞台裏):http://shiftbrain.tumblr.com/ ●Facebook:http://www.facebook.com/SHIFTBRAIN ●Instagram:https://www.instagram.com/shiftbrain_tokyo/ --- ●SHIFTBRAIN Showreel 2018(制作実績動画):https://vimeo.com/265154647

Warum wir das tun

レンガ造りの建物とロゴのフラッグが目印です
国際交流の機会も増やしています
世の中は、色んな人たちの想いであふれています。 それらをすべて正しく、楽しく伝えることができれば、 世の中はもっと良くなるんじゃないでしょうか。 そんな世の中を作るためにわたしたちができること。 それは"想いを変換し、楽しく伝える"お手伝いをすること。 想いは伝え方次第で、つまらなくも、楽しくもなる。 「モノは言いよう」だなんて、昔の人はよく言ったものです。 だからこそ、伝えたい想いを少しでも楽しく、素敵にシフトする。 「SHIFTBRAIN」という社名にはそんなモノづくりのできる会社を目指すというビジョンが込められています。 ◆コンセプト 「WE WILL MAKE IT “WORKS GOOD!”」 ひとつ。ワークするクリエイティブ。 クライアント、ひいては世の中の課題を解決して初めて、僕らのクリエイティブはワークしたと言える。クライアントよりもクライアントを知る、そんな気概で臨むヒアリングで。確かなロジックから導き出された多角的な戦略で。そして何よりも、不確かな感情を強く揺さぶり、記憶に焼き付けるようなクリエイティブで。理屈は大事だ。大事だけれど、僕らはかつてなかったアイデアのために、レイアウトの1ピクセルのために、一つひとつのモーションのために、ずっと頭を悩ませていきたい。 ひとつ。一人ひとりのためのワークスタイル。 それはつまり、いい生きかたをするということでもある。それぞれの価値観を持ったメンバーがそれぞれの人生を生きる中で、それでも仲間として同じ船に乗って、同じ目的地にむかうために。どう生きて、どう働いていくべきなのかを全員で考えて、全員でつくっていけるような組織でありたい。 これらふたつのWORKS GOODが綺麗な円を描き、皆さまに驚きや喜びをお届けできるようこれからも歩んでいきます。

Wie wir's tun

1階のカフェスペースは自由に使えます
フリーアドレスなのでどこで仕事をしてもOKです
◆会社について ・朝はコーヒー、グラノーラ飲み食べ放題。週1でフルーツ支給制度も実施中。 ・シエスタ(お昼寝)制度あります。眠気を我慢して仕事するなら、寝てスッキリしてから仕事してください。 ・社用車(自動車と自転車)あります。 ・基本フリーアドレス制。オフィス内なら場所変えて仕事してOKです。 ・隔月で、スタッフ飲み会(Chill Out Party通称チルパ)開催してます。 ・サークル支援制度あります。いろんな趣味をみんなで楽しもう。(テニス、ゲーム、映画などなど) ・週に1度、弊社カフェスペースでご近所のCOPILOTさんとSONICJAMさんと3社合同のワンコインランチケータリング(通称DONDELI)やってます。 ・英語学習支援や海外イベント・セミナーへの補助あり。セブ留学なども企画中。 ・定期的に社員旅行を実施。一昨年はシンガポール、昨年は河口湖に行きました。 ◆チーム(部)活動について 技術革新の激しい昨今、案件だけに取り組んでいては革新的なものづくりは難しいと考えています。個人がアンテナを張って情報収集し、自ら勉強していけるような環境を作るため、部を支援する制度があります。 ・アカウント、PM、制作チーム(designer+planner)×2、ディベロッパー、Admin、というチーム(部)があります。 ・各部署に「部費」が割り当てられています。部内で相談して、飲み代にしたり、セミナーに行ったり、比較的自由に使えます。作ったサイトがアワードを受賞したり、雑誌に掲載されると増額されます。 ◆オランダにブランチを設立 「国も人種もメディアもデバイスも越えたモノづくり」を指針とし、2017年2月、オランダアムステルダムに支店を設立しました。 ◆プチ情報 ●代表の加藤自己紹介 ・長野県出身、42歳、O型、2児のパパです。 ・普段は社長的存在感全くないです。が、デザイナー上がりなので、ものづくりとなると蒸気があふれ出します。多分バカが付くほど真面目です。 ・大学卒業後、熱意だけで起業しちゃったのでいろいろ未熟なところがあり、みんなに助けてもらっています。 ●社員について ・最年少が23歳、最年長が43歳、平均年齢33歳ぐらい。 ・全部で25人、男19人女6人です。 ・個性的な人はいますが、悪人やズルい人はいません。これは間違いない。 ●仲良くさせていただいている会社 ・ソニックジャムさん:http://www.sonicjam.co.jp/ 徒歩10秒の場所にオフィスがあるので飲み会や勉強会など、定期的に交流があります。 ・コパイロツトさん:http://copilot.jp/ 毎日やりとりする仲です。海外研修や研修旅行なども一緒に行くことがあります。

Page top icon