This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

人々に愛されるロボットを目指しています。
法人向けの利用が拡大しています。
「ロボット革命で人々を幸せに」 私たちは、ソフトバンクグループのグループ会社であり、 200人以上の従業員を持つべンチャー企業です。 2014年に人型ヒューマノイドロボット「Pepper」を発表し、 設立から5年の現在、全世界に25,000台以上出荷、2500社以上の企業様にご利用いただいております。 導入事例:https://www.softbankrobotics.com/jp/solution/service/  2019年には掃除ロボット「Whiz」を発表し、海外進出も含めた事業を広く展開中です。 日本初のロボットプラットフォームを世界に展開するため、日々邁進中です。 ※詳細はプレリリースに掲載 URLhttps://www.softbankrobotics.com/jp/news/press/20150220a/ 

Warum wir das tun

ディベロッパーと協力し、新たな可能性を生み出し続けています
多様な業界での活用が進展しています
「 ロボットは、世界を丸ごと再定義する 」 今後20年で日本国内の3人に1人は65歳以上の高齢者が占め、人口は1000万人以上減ると言われています。 そういった労働人口の減少、高齢者の増加に伴い、ロボットによる業務代替の必要性が高まっています。 そんな日本の未来を支えるべく、私たちは 「Pepper(ペッパー)」や「Whiz」などの ロボットの開発から販売まで行っています。 また、人とロボットが共生する未来の主役となる子どもたちに対して、プログラミング教育を提供する社会貢献プログラムなど、ロボットに関する様々なサービスの提供も行っています。

Wie wir's tun

様々な開発者と一緒に実施するハッカソン
社内イベントの様子
「人とロボットが一緒に暮らすことで、より心が豊かになる時代」を切り開く 【成長できる環境】 ロボット事業という前例の少ない新規事業においては、 私たちは自ら新たに価値を見出し、市場を創り出す必要があります。 0→1の価値を創造する仕事で論理的思考力、課題分析力、そしてこの業界ならではの ITリテラシーなどのスキルが身につきます。 【フラットな職場】 日々成長するということに、社員もインターンも関係ありません。 ソフトバンクロボティクスでは 会社も社員もインターンも一丸となって切磋琢磨し、楽しんで働いています。