This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

ママ社員座談会、育休から帰ってきて感じた仕事と家庭のこと ~仕事編~

今年、育休を経て職場に復帰された方々に、今の心境や毎日のできごとについて伺いました。
仕事編では産休・育休前後で感じたデジタルコンサルティング(以下DC)事業本部の変化や復職前に感じていた不安などについて教えていただきました。

写真右から順に

◯田村友美さん
所属:セールス&マーケティング部 営業推進ユニット
2012年入社。SEO(検索エンジン最適化)事業にてセールスを経験。その後アカウント、コンサルサポート、セールスメンバー育成担当を経験。現在1歳になる娘さんがおり、約1年ぶりに復職。現在は営業推進ユニットにて、新規営業部隊の18新卒メンバーを育成する業務に従事。
◯五十嵐和子さん
所属:UZOU事業部 Business Optimizationグループ
2015年入社。トレーディングデスク(以下TD)事業で初の女性トレーダーとして約1年、UZOU(ネイティブ広告)事業へ異動後もトレーダーとして活躍。現在1歳になる娘さんがおり、約1年ぶりに復職。現在はUZOU事業にてUZOU事業推進のサポート、サービス開発や広告審査などの業務に携わる。
◯和田雅代さん
所属:HR開発部 アシスタントグループ
2016年入社。UZOU事業に異動になった五十嵐さんと代わるように、TD事業に配属。2代目女性トレーダーに。現在10ヶ月の娘さんがおり、約9ヶ月ぶりに復職。現在はHR開発部にて、アナリシスなどをサポートをする業務アシスタントを管理する業務を行う。

インタビュアー:HR開発部 入江佐和
※内容は2018年6月時点

職前後でデジタルコンサルティング事業本部に対して変化を感じたことはありましたか?

入江:いかがですか?復職して。

田村:いい方向に本当変わったなって変化を感じています。ちょうど私が産休に入る前って、結構壁にぶつかってる事業部だったと思うんですけど、そこからどう立ち直らせるかみたいな分岐点にいたくらいのタイミングで。そこから戻ってきたら、みんな顔つきも違うし、仕事への向き合い方みたいなのも変わってるし。まぁ、確かにいなくなった人、続けている人いるんですけど、いる人に関してはみんなすべからく前を向いて常勝軍団みたいなオーラをまとってる。この1年間かなりみんな努力してやってきたんだろうなっていうのをすごい感じます。

入江:うんうん。UZOUはどうですか?

五十嵐:UZOUはそうですね。ちょっと落ち込み気味だったこともあったって聞いてました。それが、なんですか帰ってきたら全然そんなことない。落ち込んでないし、今ガンガン行くぜ!みたいなUZOUの雰囲気があって(笑)。逆に拍子抜けしたって感じですね。

入江:へ~前より前向きだった?

五十嵐:そう、そうですそうです。これは良いんじゃないの?みたいな気分になる。びっくりました。

入江:和田さんはいかがですか?ちょっと別なところですが…

和田:そうですね~今の部署だとなかなか出てこないんですけど。トレーディングデスク(広告運用)はいない間に各々のスキルアップが凄いなって感じがして。特に17卒の若手とか結構。それこそSpeeeKaigiにも積極的に登壇してて、個のイロが強くなってきたなってすごい感じましたね。なんかトレーディングデスクだけじゃなくて、SEOとかいろんなところに影響している力がすごい働いているなって外から感じてます。
その傍ら、みんなちゃんとご飯食べてるかな~とも思っちゃいます。没頭するとエナジードリンクで生きる人とかいるんで(笑)

ご自身は何か変化など感じることはありましたか?

和田:今SEOのインプットからっていう新人1年目と同じことをやっている状態。周りがガンガン突き進んでいるなかで、自分がそのスピードについていけるかっていう不安やちょっと焦りみたいなものが出てきてて、それに頑張って立ち向かおうとしています。

入江:そうですよね。育休前とは違う部署ですもんね。

和田:そうなんですよ~。ちょっと焦りは今ありますね。ヤバっ頑張ろみたいな(笑)

五十嵐:私は気持ちの変化だと、産んだ後はきっと子供1番になって仕事2番目になるんじゃないかって思いながら復帰したんですけど、いい意味で変わらなくて。もちろん子供も家族も大事なんですけど、仕事へのスタンスの1番2番が変わらなかったので、それは変化というよりもちょっとラッキーと思うところですね。
あと変わったところでいうと、効率的になった。育児も仕事もいかに何でもいいから使って早くしなきゃみたいな。前は馬力が1番でした(笑)。時間をかけてでもなんとかしたいみたいな感じだったので。自分の中では1番いい変化ですね。

田村:私も同じような感じかもしれないです。優先度、子供か仕事かになっちゃうのかなって思ったんですけど、どっちも1番。しかも、産んで覚悟もついたかも。この子のおむつ代稼ぐための仕事になるのかなって思っていたんですけど、帰ってきたらちゃんと私も成長し続けないといけないよなって改めて思って…そこへのコミット感がより強くなった気がします。

入江:やらなきゃよりはやりたいが結構強くなってる?

田村:そうですね~。やらなきゃもあるんですけど、いきなり育成担当みたいにつけてもらったので、あの~18卒の3人に対して格好悪い姿は見せられないなって思いがあり(笑)。
早急にキャッチアップして、彼ら以上にまた戻らなきゃいけないっていうのがあるので、インプットとかも「やらなきゃ」だけだったら多分続いてないんですけど、その思いがあってできているのかなぁという気がします。

職場に復帰されるまでに不安はありました?

五十嵐:仕事も家庭も両立できるのか…。突然のお休みで迷惑をかけてしまうので、どうすればいいのか、どこまで理解されるのかは不安でした。実際お休みをいただくことも多かったのですが、今はなんとか乗り切り、自分が出せる価値とは何かから奮闘中です。UZOUは派遣さんも含めてママ率が高かったのでお休みの体制や育児に対する理解が進んでいて、かなりありがたかったです!

入江:和田さんは、異動になる不安とか?

和田:そうですね~。配属先が異なるので環境に適応できるか心配でした。SEOのインプットもできるか…入社後すぐTD配属だったんで、SEOのことしっかり把握してなかったし、産後の記憶力低下みたいなのも不安で。
復帰してからは、なんだかんだ人間ってどうにかなるもんだな~って(笑)。環境に適応できるかじゃなくて、自分で環境を作っちゃえばどうにかなるもんだなぁと。でも、まだまだSEOの方々と絡みも少ないので話しかけて欲しいです!インプットの方は育児のすき間時間を見つけては粛々と。日々の積み重ねで覚えていければと思っています。

田村:不安はすごくありました。子供が熱出たときどうしようとか体力が持つかとか、育成ポジションだけどスキルやリテラシーが下がってないかとか。
基本的には案ずるより生むが易しで、復帰後いきなり子供が1週間病気になっちゃったんですが、病児保育でなんとか対応できました。体力も子供と一緒に布団に入っているときに結構回復してます。なんでしょう、足元のできることを1つ1つやれば問題なかったなって。あと、パパが結構多いのでママへの理解があってありがたいです。

現在、お仕事で悩まれていることや不安などはありますか?

入江:みなさん帰ってこられて約1ヶ月といったところですが。

五十嵐:やっぱり時間や突然のお休みって制約条件があるなかで、どこまでバリュー出せるのかなっていうのは悩みですし、不安ですね。上長とすり合わせて最大限やりたいとは思っているんですけど。

和田:わかります!そこはやっぱり悩みますよね。自分がいなくてもどうにかなる状態も考えて業務にあたりたいとは常に思っています。

入江:子供はいつ熱出すか分からないとか、あるもんね。田村さんはどう?

田村:定時後に行われているミーティングに出れなくて…日々のキャッチアップが大変。なるべくタイムラグが出ないように、メンバーの状態や数字の状況は追えるように頑張ってます。

株式会社Speees Stellenangebote

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.