This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

成果にこだわり、入社2年でリーダーに。新しいチャレンジをするためにSpeeeを選択した覚悟とは

▼荒木 理玖

不動産仲介ベンチャーで1年、人事や仲介窓口業務に従事。その後、さらに自分の成長角度をあげ、事業づくりを学ぶべくSpeeeへ。ヌリカエ事業部のカスタマーセールスにてギネス記録を更新したのち、イエウール事業部のパートナーセールスグループへ配属。不動産会社の課題を解決するソリューション営業でプレイヤーとしてトップの成績を収め、現在は複数のメンバーをまとめるチームリーダーに従事。

前職は熱量の多いベンチャー

「何をやるか」よりも「誰と働くか」を軸に会社を選び、大学卒業後不動産仲介のベンチャーに入社しました。学生時代から目標に向かって熱く進む姿勢が根付いていたため、熱量が高い会社であることが、入社の決め手になったかと思います。また、当時は働けば働くほど自分の実力がつくと思っていたので、結構ガツガツ働いていたかなと思います 。

自分の市場価値をもっと上げたい、と思い転職を決意。一つの会社で色んな経験ができるSpeeeへ

転職時に考えていた軸は3つあります。

1点目は市場価値を高められるかどうか。「起業したい」という強い希望があるわけではありませんが、父が経営者ということもあり、自分がやりたいと思ったときに必要なスキルや選択肢を身につけていたいと思いました。

2点目は事業を作る過程が経験できるか。市場価値にも紐づくかと思いますが、いろんなロールや0→1を経験することで幅が広がるかなと。

最後は、社員の熱量があるかどうかです。「自分のやっていることに対する想い」がある人と一緒に働きたいなと思ったんですよね。

その上で、Speeeは「事業を開発する、という事業。」と全社Visionでもうたっているように、事業を継続的に創造していく会社であり、0→1が経験できるチャンスがあることが魅力でした。また、人事や事業責任者と面談などをしているときに、皆さん目が輝いていたんですよね。一緒に事業を作っていこう!というメッセージや想いがとても伝わってきました。それが決め手です。


自分の次なるステップのためにコミットした、「圧倒的な成果」

入社当初は、ヌリカエ事業部でカスタマーセールスチームに配属になりました。正直、Speeeでは事業作りの過程を学んでいきたいと思っていたので、「早く圧倒的な成果を出して、次のステップにいきたい!」と思って仕事に臨んでいました。

そのために実行したこととしては、まずは「圧倒的な量をこなす」ことでした。営業MVPだった当時の上長に、自らロープレを依頼したり、営業の型を盗んだり、当時は育成フローが無い中で、成果を出すためのことは何でもしました。その上長が自分の想いを理解して、営業の基礎を叩き込んでくれたりして引き上げてくれたのも大きかったと思います。

Speeeに入社を決めた覚悟もあったので、とりあえず目の前の成果を出すことにコミットしました。努力が実を結び、早い段階でチームの過去最高数値を叩き出すことができたのですが、次のステップにいくには、自分が抜けても達成し続ける組織にしてからであると感じていました。

そこで、ノウハウを体系化し、後輩やスタッフの育成に力をいれ、順調に回り始めたところで、イエウール事業部のパートナーセールスグループに異動となりました。

部署異動後も、早期に成果を残すことができた理由

イエウールは、成果を出すために、まずはビジネスモデルの構造を把握することから入り、ヌリカエのときに培った営業の型を活用しながらPDCAを回していきました。ヌリカエでの下積みが今の営業に活きていると強く実感しています。

振り返りの精度が高くなるにつれて、成果もあがっていきました。イエウールでは、今自分が何をやるべきかを考え、やりたいといったら、やらせてもらえる裁量があったので、早い段階で成果を出せたのだと思います。

新しいチャレンジを経て知った、組織を動かすことの難しさ

新しいチャレンジとして、イエウール異動後から、セールスだけではなくマネジメントもやりたいと上長にも伝えていました。

個人の努力で頑張れる領域に関してはある程度見えるようになったのですが、自分の影響範囲が全部自分に起因していないが故の難しさに、チャレンジしたいと思ったからです。自分のアクションで、どう周りを動かし、成果を出すか。これは今まで経験したことのないことでした。

現在、マネジメントに携わって約半年経ちますが、まだ成果は出ていないと思っています。しかし、PDCAを回しながら改善の選択肢は着実に拡げられていると思います。なにが課題で成果が出なかったのか、直接メンバーと話し合うようにしていて、自分もフィードバックをもらっています。

イエウールのパートナーセールスグループが持つ「目的思考」

私がイエウールに異動したときからは人数も増え、活気があるとともに、組織としてのレベルがあがってきたと感じています。組織を引っ張る役割の人が増えている、事業の目的を理解して成果を出すことを意識している人が増えている、という感じですね。目的思考を持っている人が多く、何のためにやるのか、を考える癖付けがされてきていると感じています。

その中で、パートナーセールスグループでは、成果に対してコミットできる人が早く成長し、活躍しています。同時に、常に「目的思考」を意識しての行動をとっていくので、プレイヤーとして成果をだして、営業スペシャリストだったり、事業開発・企画だったりとその先の自分自身のキャリアを形成していく人が多いと思います。


事業の目指す先を、当事者意識をもって参画できるキャリアを目指したい

まずはパートナーセールスグループのチームリーダーをやりながら、視座を高め、事業運営にもっと関与していきたいです。そして営業面からのアプローチだけでなく、様々な側面から事業全体を良くしていきたいです。

そこで経験を積み、また新しいロールにチャレンジしていきたいと思っています。例えば事業責任者であったり、新規事業が立ち上がったときの営業マネージャーなどですね。いずれにせよ、強い当事者意識をもって取り組んでいきたいと思っています。

株式会社Speees Stellenangebote
Anonymous
2bbbcc25 82b1 4f8e a69d f5026fc0d6e0?1558939871
Picture?1523136479
16730461 1460627853981503 6460598302130173088 n
26173673 1446629655458994 8830203454013770205 o
D732967c 54c9 4339 88b8 6e0ee6a16bd7?1558079844
5 Likes
Anonymous
2bbbcc25 82b1 4f8e a69d f5026fc0d6e0?1558939871
Picture?1523136479
16730461 1460627853981503 6460598302130173088 n
26173673 1446629655458994 8830203454013770205 o
D732967c 54c9 4339 88b8 6e0ee6a16bd7?1558079844
5 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen

Page top icon