This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

絶対負けられない戦いがある、スタメンリーグってなに?

こんにちは、スタメンで広報を担当している森田です。

ただいま、当社では絶対に負けられない熱い熱い戦い「Stmnリーグ」が開催されています。今日はその「Stmnリーグ」についてを、お伝えすることで、スタメンのカルチャーの一端を感じていただければ、と思います。

Stmnリーグってなに?

スタメンが企画・開発・運営をしている次世代型グループウェア「TUNAG」を使ったバーチャルマッチです。

部署の垣根を超えて、シャッフルした6チームの総当たり戦。社内制度や社内施策を利用すればするほど、どんどんポイントが貯まるという仕組み。獲得したポイントの合計数をチーム毎で競い合います。

社内制度のポイントとは?

上記は「ムビサポ」の制度利用画面です。映画をみて、感想を書くと会社から補助金が支給されます。今回のSリーグでは、20star(社内ポイント)も付与されます。

その他にも....
☆ 業務で成果を出して「鐘」を鳴らした場合…100pt
☆ サンクスメッセージ 送った場合...10pt /もらった場合...20pt
☆ Webニュースなど業務に関わることを情報共有した場合...10pt
☆ 役員とご飯に行く「役員食堂」を利用した場合...20pt
☆ 上司もしくは、先輩と1on1MTGした場合...10pt
☆ 家族や恋人などにサプライズをした場合…20pt
☆ 映画や書籍を読んで感想を書いた場合...20~30pt
        などなど。

それぞれを実施してTUNAGで報告するだけで、自動的にポイントが加算されていきます。制度や施策を利用してスキルアップをしながら、Sリーグのポイントももらえるという一度で二度美味しい企画なんです。
スタメンの社内制度についてはこちらも読んでみてくださいね。


毎週、マッチ速報が流れる!


メンバーのポイントを集計し、TUNAG上でチームの試合結果と順位速報、次節の予告が流れます。

勝つには戦略と、それぞれのメンバー個々のアクションが欠かせません。経営メンバーが監督となり、チームを引っ張って作戦を立てたり、反省して次節につなげたり。ちょっとした社内のゲーム一つにも、学ぶことがたくさんあります。

やっぱり、大事なのは「エンゲージメント」

成果を問われるベンチャーでは、時に個人主義になり、ギスギスした組織になってしまうこともあると思います。

でもスタメンでは、行動指針にある「Say Niceplay」や「Enjoy Together」の精神を大切にしています。こうしたゲームを通して、社内施策を活性化させたり、チームのエンゲージメントを高めたり、「働きがい」を高めていける工夫をしています。

また、仕事をしていく上では、時に成果を出し続けることが苦しくなったり、辛くなったりします。でもこうした楽しみが加わることで、仲間と一緒に走り続けれる、と思うのです。チームが一丸となって「勝つ」ことに貪欲になり、その結果、勝ち続けられる組織ができると感じています。

いかがでしたか? 

バーチャルリーグ、「Stmnリーグ」を通して、スタメンがどういう組織かということが少し伝われば幸いです。ご興味を持っていただけたら、ぜひ気軽にエントリーしてくださいね。お待ちしています。

株式会社スタメンs Stellenangebote
Anonymous
Bde1431d b16a 4e9e bfeb 6f630af87168?1502858845
Picture?height=40&width=40
787d4ee8 bc35 4f3b 89a4 e7e82a65ce91?1548384586
9a09344f 52f2 443d bf98 f417e6e45dae?1558594937
575a318f 4f08 44eb acca 80153831208a?1554601146
13 Likes
Anonymous
Bde1431d b16a 4e9e bfeb 6f630af87168?1502858845
Picture?height=40&width=40
787d4ee8 bc35 4f3b 89a4 e7e82a65ce91?1548384586
9a09344f 52f2 443d bf98 f417e6e45dae?1558594937
575a318f 4f08 44eb acca 80153831208a?1554601146
13 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.

Page top icon