This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

今回募集する新規事業部門専用で、コミュニティ型コワーキングスペース「WeWork」と契約しています。
最新の「働く環境」で、最高の大型メディアグロース案件に携わっていただきます!
株式会社ストロボは、コンテンツマーケティング事業をメインに手がける、2016年設立のベンチャー企業です。各業界の大手企業と手を組み、“事業ハッカー集団”として累計投資額400億円を超える大規模メディアのグロースハックに携わっています。 《主な事業概要》 ◆デジタルマーケティング事業 メディアやECサイト改善に向け、SEO、UI/UX、データ解析、コンテンツ制作・運用など、各分野のコンサルタントやプロデューサーにて専門体制を構築、大手クライアントの事業成長にコミットします。多様なビジネスモデルに対応し、戦略〜実行までワンストップでサービスを提供します。 ◆メディア&コンテンツ開発事業 メディアの設計を含めた全体的なプロデュースからはじまり、制作・編集、高速PDCAの実行など、独自ノウハウでオペレーションを展開。美容・ヘルスケア領域や金融といった「専門領域特化型」に加え、「コンテンツグロースハック」「海外コンテンツマーケティング」という3つの切り口で展開しています。 ◆ベンチャー投資育成事業 クライアントへの強力なコミットのため、コンテンツマーケティングやメディア制作・運営に携わる企業を対象に、総額10億円規模の投資育成事業「コンテンツグロースハックファンド」を展開。出資先企業に対して、ときには数億円かけて採用や教育、制作体制構築、営業支援などの支援を行っています。 【ハンズオン型のデジタルマーケティングブティック】 当社の強みは、ワンストップで対応する「ハンズオン型のデジタルマーケティングブティック」という点です。クライアントの課題に応じてチームを編成する、ブティック型(伴走型)のビジネスを展開しています。ハンズオンで進めるために受け身にならず、率先して提案し成果を生み出すことを信条としてきました。 *株式会社ストロボ 公式サイト https://www.strobo-inc.jp/ *代表・下山哲平 登壇イベント 【Web担当者フォーラムミーティング 2018秋】 「オウンドメディアの成長に不可欠な「コントローラブルな体制」構築のための2つのポイント~コンテンツマーケティングの成果改善(グロースハック)に必要なアクションとは~」 https://webtan.impress.co.jp/e/2019/01/31/31560

Why we do

M&Aも含めたアグレッシブな事業拡大を体感できる環境です。
大手企業も巻き込んだ新規事業を、ともに1からつくっていきましょう。
【クライアントにとって唯一無二の存在に】 代表の下山は長年、大手エージェンシーでクライアントのデジタルマーケティング領域全体に携わってきました。しかし時代とともに、一般的なエージェンシーという立ち位置では、クライアント側から開示いただけるデータの範囲が狭くなってきました。下山はクライアントの懐に入り込んでビジネスができないことに、もどかしさを感じるようになります。 「One of them」の代理店ではなく、クライアントにとって唯一無二の存在となりたいと思い、2016年にストロボを設立。国内ではまだ珍しいブティック型という事業形態を取り、「最速×最高確率のマーケティング手法を提供する」という方針のもと始動しました。 *代表取締役 下山哲平インタビュー 「クライアント企業との“ドライ”な関係を変える--コンテンツマーケに特化した投資育成ファンドの狙い」 https://japan.cnet.com/article/35114319/ 【コンテンツ制作・運用実務を担う地方拠点に続き、東京も新規事業を発足】 ストロボは東京に本社を置き、クライアントも東京の大手企業が中心です。昨年、大規模なメディア運用を担う専門組織を構築すべく、CONTENT GROWTH HACK CENTERという拠点を名古屋にて立ち上げました。 ここはコンテンツ制作・編集・解析などをはじめ、メディアのグロースハックに必要な制作実務を一手に担う、いわば右脳的アプローチを担う部署です。設立3年弱のベンチャー企業ですが、マーケティングに必要なすべての技術を網羅した、数十人のプロフェッショナル部隊を半年で整えました。 一方、東京は左脳的なアプローチ、つまりクライアントと戦略を練り戦術を決める役割を担っています。名古屋は制作・運用、東京はマーケティングという、この両輪の体制で「デジタルメディアの成功請負人」になるべく挑みはじめたところです。東京本社ではデジタルマーケティング強化に向けて新規事業も立ち上げ、クライアントの事業成果創出により一層貢献したいと考えています。

How we do

プロジェクトメンバーとCEOとのMTGは、 ホテルラウンジや美味しいレストランなど様々な場所で開催
専門コンサルタントの研修のもと、成長スピードが早い環境で働けます。
【高みを目指して当社へジョイン】 当社には現在、グループ全体で約50名のメンバーが在籍しています。コンサルティング会社にて経験を積むも、もっとクライアントに寄り添った提案がしたいと考え転職した社員や、事業会社でメディア運用を経験し、大規模案件に携わるためにジョインした社員など、高い目標を持った誠実なメンバーが集まっています。 【トップコンサルタントによる独自教育】 最速、かつワンストップでデジタルマーケティグを手がけるために、社員には当社独自の教育メソッドを展開してきました。入社後は各分野のコンサルタントから直接研修を受け、スキルを身につけてもらいます。社員からは「研修・実務を通して、短期間で相当高い成長を実感できた」という声が挙がっています。 【入社当日に子会社を立ち上げた社員も】 社員それぞれに合わせた「多様な働き方」を奨励している会社です。たとえばある社員は、入社初日から子会社を立ち上げて代表に就任、当社と連携し大規模メディアの運用を推進しています。さらに子育て中の女性社員は時短勤務制度を使い、限られた時間のなかでもグロースハッカーとして活躍中です。ステータスや状況に左右されない、幅広いキャリアを積める環境を用意しています。 【プロフェッショナル集団だからこそ横のつながりを】 今回募集する東京拠点のメンバーは、一人ひとりがプロフェッショナルになり、顧客の事業成果創出にコミットする立場を目指していただきます。そのため個人の裁量によって動く部分も多いですが、ストロボとしてのチーム力を上げるためには社員同士のつながりも大切です。そこで各々が経験した成功事例を共有したり、交流の機会を増やすなど、メンバー間での交流活性化に向けた取り組みを重視しています。