This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

モノづくりの楽しさを知り大手企業の営業からwebディレクターへ

TAMのwebディレクターとして活躍しながらも、ディレクター同士の繋がりを大阪で作っていきたいという想いから現在「大阪デジマケミートアップ」を企画・運営をしている飯田健さんにインタビューをして来ました。

飯田 健(いいだ けん)
新卒で大手電機メーカーに営業職として勤務。並行してグラフィックデザインのスクールに通い、その後webディレクターとしてweb制作会社に転職。
2017年4月よりTAMのwebディレクターとして入社し、2018年2月より大阪デジマケミー トアップを開始。

――まずはTAMのwebディレクターについて教えてください!

TAMのwebディレクターは、まずクライアントが抱えている問題や課題をヒアリングします。それを解決するためのデジタルマーケティング施策を考え、提案し、webサイト制作のプロジェクトマネジメントを行います。他にもSNSの運用や、メディア系サイトのコンテンツ制作など、デジタルプロモーションの全領域が活躍の舞台となります。

――飯田さんは元々大手の電機メーカーにお勤めされていたとお伺いしたのですが、なぜ転職を考えたのですか?

メーカーにいた頃、マーケティング業務やカタログなどの販促物制作に携わり、自分の手でモノを作るのが楽しいと思うようになりました。
それがきっかけで、日曜日にグラフィックデザインの学校に通い始めました。1年くらいしたときに、新しいトレンドに常に関われるweb業界に興味を持って、そのままweb制作会社のディレクターとして転職をしました。
そこで約3年間webディレクションの経験を積み、もっと規模の大きな案件を担当してみたいと思うようになって、TAMに入りました。


――実際にTAMで働いてみてどんなところが面白いですか?

TAMのいい所でもあり、働いていて面白いと感じるのは、「自分次第でいくらでも成長できる機会があって、TAMとしてもそのチャンスを与えてくれるところ」です。会社の理念で「生きる力を鍛える」とありますが、まさにその言葉通りで「生きる力が身に着く」会社だと僕は実感しています。
とういのも、会社の風通しが凄くよく、リーダーでも社長でも自分の意見を聞いてくれる環境があり、会社の事業にとってプラスになることであればやりたいことさせてくれます。ただ、一方で「これをしなさい」という上からの指示が欲しい人とっては厳しい会社ではあると思います。
「生きる力をつけよう」と思っている人は自分次第でいくらでも成長をしていけますし、それを応援してくれる体制があるのは働いていてモチベーションにもなっているところです。

ーー逆に以前働いていてた大手企業と比較したときに、ここは大きく違うなと感じるところはどこでしょう?

一番の大きな違いは役割分担がはっきりとされていないので、全員がオールラウンドプレーヤーになっていかないといけないところです。
組織体制としても年功序列がなく、全員がフラットな職場なので、歯車感が少なく、自分で仕事を作らないといけないという意識が常にあります。なので、スポーツで例えると全員が守りと攻めの両方をしないといけないという感じですかね。あと、働き方がものすごく自由なので自分らしく働くということができます。

ーーでは、最後に今後TAMで挑戦していきたいことを教えてください!

「人を幸せにする、新しい仕事を作れる人」になっていきたいです。
短期的な目標としては新規のクライアント様へ積極的に提案していきたいです。長期的な目標は新規領域のサービス開発をしてみたいです。TAMのグループ会社のtambourineがCRM(Customer Relationship Management)をやったみたいに自分も何か新しい領域で新しいサービスを作り出してみたいです。特に今は「コト売りのインバウンド」に興味があって、実際にそういった案件にも携わっているので海外やインバウンド系の日本に留まらない仕事がしたいですね。


Webディレクター/プロマネ
クライアントのWeb戦略を一緒に考えたいWebディレクター募集!
■今、これから、TAMが目指していくもの(ビジョン) デジタル・エージェンシー / TAMのビジョンは、 「クライアントと課題を共有し、共に売れる仕組みを作る」こと。 TAMには7つの専門チームがありますが、 メンバーはプロジェクト横断的に連携しており、 TAMのビジョン達成に向けて、 自分たちで「つくる」「開発する」だけでなく、 「つなげる」「デリバリーする」までを担う、 デジタル・マーケティングのフルサービスを提供しています。 ■仕事を楽しむ人の時代 TAMでは今を「仕事を楽しむ人の時代」と考え、 ますます仕事を楽しむ人たちの集まりになっていこうとしています。 「仕事を楽しむ」ことの定義は、 ・あなたがそこで「成長できるか?」 or ・あなたはその仕事や会社が「好きか?(共感するか?)」 の2つだと考えています。 「ここで成長できる!」と「仕事や会社が好き!」なことで仕事を楽しめるなら、 個人も会社もお互いWinWinにまだまだ成長していけるはずなのです。 ■デジタルも大きな転換点 インターネットの本格的な普及が始まってから20年以上経ち、 古いインターネットサービスや事業者は新旧の入替えで激しく変化しています。 また、デジタルが生活者にとってコモディティなものになったので、 ビジネス側にとってもデジタルシフトへの変化が喫緊の課題となっています。 まさに時代の大きな転換点です。 この転換点では、「AI」「IoT」「ブロックチェーン」「AR・VR」「量子コンピューティング」、、、といったさらに新しい流れが勃興し、 デジタル領域はますますカオスな状態となっています。 身近なところでは、「広告・プロモーション」領域の変化も激しく、 ますます「One to One」のスタイルに近付いており、 「CRM(顧客管理)やMA(リード育成)」の領域とクロスオーバーし、 どちらもパーソナルなレコメンドが求められるようになっています。 ■不確実な時代を生き抜くには 従来型の「知識」や「経験」だけに頼っていては、 今の不確実な時代は、生き抜くことはできそうにありません。 過去の成功体験や積み上げてきた経験は大事なものですが、そこに頼ってはならないと考えています。 時代にアンテナを張り、学習する手を休めず、直感を大事にしながら、失敗を恐れず、素早く、チャレンジを繰り返す、それらを楽しむ、ことが大事です。 この過渡期にあたる時代の転換点では「変化するものだけが生き残っていく」ことになります。 TAMは「ものづくりに対する誇り」という創業以来の普遍的な軸は大事にすると同時に、 デジタルの「ダイナミックな変化に対応する」組織として、 個人の「成長」「好き」というモチベーションをベースにまだまだ成長していきます! ======= ■ 事務所と在籍スタッフ数 TAMグループは約150名です。 * 大阪(扇町)70名 * 東京(御茶ノ水)65名 * シンガポール 5名 * サンフランシスコ 1名 * ロンドン2名 * アムステルダム1名 * 台湾2名 スタッフ数が増え、拠点が増えても ・著しく自由 ・若く成長意欲高い(平均年齢33歳) この社風が変わることはありません。 30代が全体の約半数で20代が約4割、40代が約1割程度です。 柔軟な働き方を推進しているため、パラレルキャリアや副業や社内独立で TAMをいったん卒業して外部で活躍している人や、 再度TAMにフリーやパラレルとして参加している人も多いです。
株式会社TAM
株式会社TAMs Stellenangebote
2 Likes
2 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen