This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

「~しましょう、に”Let’s”はNG!」通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語

○月○日、Kさんは北米企業のクライアントを迎え、商談を行っていました。そこで関係を強めるために、Kさんはクライアントを夕食に誘うことを決心しました。
しかし、そこで通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

◆NG文◆ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Let’s go out for dinner tomorrow night.
(明日の夜、夕食にいきましょう。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

Let’sは気軽に使える表現ですが、カジュアルな雰囲気があり、初対面の相手には馴れ馴れしく聞こえてしまう可能性があります。

◆オススメ英語◆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
If you are free tomorrow night, why don’t we go out for dinner?
(明日の夜空いているようでしたら、夕食にいきませんか。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

≪ポイント解説≫
初対面の方を何かにお誘いする場合は、枕詞を入れたりしながら、間接的にお誘いするのがお勧めです。上記の英文では「お時間があれば」という枕詞を入れて、その後に、具体的な提案をしています。
他には「お時間があれば」というには以下のような表現があります。
■If you have time in your schedule, perhaps we can have dinner tomorrow?
(もしスケジュールが空いているようでしたら、明日の夜、夕食にいきませんか。)

■If your schedule permits, could we have dinner tomorrow?
(もしスケジュールが空いているようでしたら、明日の夜、夕食にいきませんか。)

■If you’re not too busy, perhaps we could have dinner tomorrow?
(もしあまりお忙しくないようでしたら、明日の夜、夕食はいかがですか。)


★編集部からのお知らせ★
これまで1700社以上のグローバル企業に、通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から、通訳メソッドを活用した効果を実感いただける英語プログラムをご提供しています。
英語のプロ、通訳エージェントが開発したプログラムをぜひお試しください。
無料カウンセリング実施中です。

●ビジネスに特化したアウトプット重視の1ヶ月集中プログラム
One Month Program

株式会社テンナイン・コミュニケーション's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more