Was wir machen

700万人以上が利用する国内最大級の買物情報サービス「トクバイ」
Google Play 「ベスト オブ 2017 」デイリーヘルパー部門で大賞を受賞
★業界のレガシーな領域を変革する、地域の情報プラットフォームサービス 当社の主軸事業である「トクバイ」は、地域のくらしの中でも“買い物”領域に特化したSaaSサービス。店舗の情報発信から、個人の閲覧・位置情報データを元に、企業の販促・マーケティングを支援しています。私たちはトクバイによって、販促の中心が新聞の折込チラシという、小売業界のレガシーな領域を破壊的イノベーションにより変革。近年のAmazon等のECの拡大により変化を迫られている業界の現状において、パートナー企業様と共に未来の店舗体験・価値創造を創造しています。 今期はさらに事業ドメインを拡大し、新規事業の立ち上げを予定。掲載店舗数約5万店舗・ユーザー数800万人へと成長したトクバイ事業のアセットとノウハウを活かし、業界最大級の“買い物”サービスから、国内最大級の“地域のくらし”サービスへと事業領域を拡大していきます。今後は地域情報のプラットフォームサービス企業になるべく、第二創業期としてさらなる成長を続けていきます。

Warum wir das tun

「買い物を、かしこく、たのしく」するためのサービス開発に全社一丸となって取り組んでいます
★ミッションは「地域のくらしを、かしこく、たのしく」 「昔ながらの喫茶店、商店街のお祭り、近所の花火大会、 お出かけスポットから、料理教室や有名エステ、隠れ家のような飲食店・・・」 多くの情報がWEBで見れるようになった現代でも、 地域には魅力的な情報が未だに「紙」として、 世の中に伝えきれていないまま眠っています。 私たちの使命は地域に埋もれたローカルな情報を掘り出し、 情報プラットフォーマーとして生活者に届けていくこと。 「平日は仕事をこなすのに精一杯、気づけばもう週末」 「今日はどこへ行こう?そう言いつつもたまった家事で一日家にいる休日」 「子供を連れて出かける日曜日は、結局いつものショッピングモール」 ―そんな平日や週末も、 その地域の魅力的な情報が届けば、毎日のくらしがちょっと豊かに変わるはず。 地域のくらしがかしこくたのしくなるような社会を、 私たちはロコガイドで実現していきます。

Wie wir's tun

サービス向上のために全員が議論できるフラットな組織です
事業部の枠組みにとらわれないコミュニケーションが盛んな環境です
★ユーザーファーストを追求するチーム 3名からスタートした事業は、今90名以上の組織に拡大しました。事業を開始した当初は、「この取り組みは、地域店舗では難しい」「販促は紙で十分」といったように反対されることもよくありました。 そんな状況において、私たちが大切にしていたのは、「徹底してユーザーファーストで在ること」。地域に密着した生活情報サービスを目指すからこそ、生活者にとってわかりやすく、毎日使ってもらえるような身近なサービスであるべき。 そういった背景から、組織全体で生活者視点で考え抜き、これまでの慣習にとらわれないチャレンジを続けることで、サービスを大きくしてきました。 「良いなと思ったアイデアは積極的に開発に取り入れてみる」 「パートナー企業の販促効果に繋がったノウハウはチーム全員に共有する」 など、生活者と地域店舗にとってどうすれば喜んでもっと使いたくなるサービスになるか、部署や役職関係なく日々意見を交わしています。 これからも営業、開発、管理といった組織の枠組みにとらわれず、「ユーザーファースト」を大切にサービスづくりをしていきます。