This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

デザイナーKが語る一流デザイナーの条件


幼い頃からお絵描きやゲームが好きで、将来はゲームを作りたいと思うように。学業のかたわら独学でデザインを学び、大学卒業後は似顔絵を描く会社に入社。以降いくつかのゲーム会社に勤め、translimitへ。

ーどのようにデザインを勉強したのか。
 「本を買って読んだり、ネットで調べたり、美術サークルの先輩からアドバイスをもらったりしながらデザインの勉強に励みました。自分のやっていることが正しいのか不安でしたし焦りもありましたが、ひたすら練習をしました。」

ー今はどんなことを。
 「translimitに入ってからは、ボクセル(3Dのドットを積みあげて作るモデル)で『Craft Warriors』の武器や『Highway Surf』のキャラクターを作りました。最近はゲーム世界のエフェクト、モーションを担当しています。エフェクトとは、キャラクターがジャンプしたときの煙や風などの効果のことで、エフェクト専用のツールでパラメータを設定しリアルなエフェクトにしていきます。モーションは3Dキャラクターの動きのことで、ボーンと呼ばれるキャラクターの骨組みにアニメーションを適用させて歩かせたり走らせたりします。」

ーデザイン画を作るときに心がけていることは。
 「何に使われ、何のために用いられているのかを第一に考えています。例えばゲームの企画段階で使われるコンセプトアートは社内にしか出回らないから大雑把でもいい。一方で、リリースするゲームのデザインは最高のクオリティで作らなければならない。自分の仕事が何のために求められているのかを考えながら仕事しています。」

ー今までの仕事の中で成長させられたと思うような経験は。
 「何度か転職を経験しましたが、その度に勉強させてもらっている実感はあります。自分自身の幅が広がり、できることも増えているなという印象です。逆に失敗もあります。今になって、あの時こうしておけばよかったのにと思うことがたくさんありますね。こういう方向性でやればよかったとか、ああしておけばよかったとか。ただ、失敗から学ぶこともありますがあらゆることに共通して通用するものではないと思います。失敗よりもむしろうまくいったことから学ぶ方が大きいと思います。」

ーなぜtranslimitに?
「この会社に入ってコンセプトアートをやりたいと思いまして。コンセプトアートは、ゲームの目標とするためにチームで共有するビジュアルイメージ、つまり指針になるものです。ゲームの内容や世界観、ビジュアルやルールが一目でわかるように作ります。その点ではシナリオライターの仕事に近いですね。もともと創作が好きで、ゲームをゼロイチで作りたいという気持ちがあった。でも、今までのゲーム会社ではコンセプトアートを作るチャンスがなかったんです。次こそは自分のやりたいことができる会社に入ろうと誓い転職活動中を始め、Wantedlyでtranslimitを見つけて代表の高場に連絡をとりました。コンセプトアートをやりたいと言ったら『ちょうどそんなメンバーを探していた』と言われ、転職を決めました。本当にいいタイミングでした。」

ー自身が目指すデザイナーとしてのあり方は?
 「私の目標は弊社のキュンさん。彼は私が今まで見てきた中で最も優れているデザイナーだと思います。センスも仕事のやり方もすべてが素晴らしい。フィードバックは的確ですし、かつ理屈も通っている。全体がきちんとうまくいくような形で仕事をしていて、一流とはこのことだと感じています。そんなすごい人が職場にいる影響はとても大きい。」

 今年でゲームデザイナー歴9年目を迎えたK。デザイナーとしての意気込みは他にもある。「まず相手のニーズを的確に知り、自分の仕事は何のためなのかをまず第一に考えています。効率性や力の入れ具合を的確に考えるといった目に見えない部分にも注力していきたい。そして、どのような状況下でも最善の取捨選択、何が大事で何が大事じゃないかを見極めていきたい。」

株式会社トランスリミット's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more