This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

【UZUZ日記】座談会第二弾!NYリモート勤務に、結婚がきっかけで入社?私たちが自分らしく働けている理由。

こんにちは−!

いきなり寒くなったりと、気温差が激しいですね…

そんな中ついに今週末は桜が満開になりそうです^^

さて、今回は座談会第二弾ということで、入社時期も仕事内容もバラバラの女性社員3名で開催してきました!


メンバー

御代田 侑佳(以下:み) ★広報/CS

UZUZ5人目の社員として入社。優しくて美人、なのにUZUZで一番酒豪、強い。最近入籍、からのなんと旦那さんがNY勤務となったため、UZUZ初の海外リモート社員に挑戦する。

岡安 希帆(以下:お) ★ウズカレ運営/ウズカレ講師

ウズカレ講師をメインに担当し、ヒューマンスキルの講座の講師だけではなく、最近からプログラマーコースの講師もスタート。旦那さんにめちゃくちゃ愛されてる。スタイル抜群、羨ましいです。。

今山 明日香(以下:い) ★営業/キャリアカウンセラー

2017年入社。大学時代に台湾に留学したり、帰国したのちにベンチャーでインターンを経験して、UZUZに入社。台湾語も話せる才色兼備。入社後はCS業務を担当し、現在はキャリアカウンセラーとしての実績もあげて活躍している。いろんなあだ名がある、よく社内で言われているのはガチ。(UZUZ用語)


ではまず、皆さんの入社の経緯をお願いします!

お:みよさんも既卒で元々UZUZに登録してたんですよね?面談してくれたのって誰だったんですか?

み:わたしはねーひろさん(副社長の岡本)。UZUZに登録する前に大手の人材紹介会社にも行ったの。既卒も大丈夫ですよーって言ってたのに「え?なにしに来んですか?」って言われて5分で返されたんだよね(笑)このままじゃやばいと思ってすごく焦ってた。その時家もなかったからさ。

お:家なかったんですね(笑)

み:そうそう、で最後に1つだけ登録しようと思って目に留まったのがUZUZで、面談で出てきてくれたのがひろさんだったの。登録した時にどんな会社なんだろうって気になってたから、面談前にブログとかめっちゃ見てたんだよね。で、ひろさんと面談してそこから「うちに来る?」って言われて「はい、入ります」って即決。

全:はっやーー!笑

い:東京にいる時ってどこに住んでたんですか?彼氏の家とか?

み:うんん、もともと妹と住んでたの。私姉妹の二番目で、三番目の妹と住んでたんだけど、四番目の妹が来るからって玉突きで出なきゃいけなくて。

お:今やんは?どういう経緯で入社したの?

い:私も元々登録者で、面談した横山さんにUZUZを紹介してもらったんです。

お:そっか!

い:もともと台湾から帰って来て就活始めたときに、やっぱり既卒って不利だなって思ったんですよね。で、営業の経験積んでた方が有利だよなと思って、就職活動前にスペースマーケットのインターン行きました。

お:ふーーん。

い:そこで翻訳の仕事をしてました。

み:なんでUZUZだったの?スペースマーケットでインターンとかやっててさ。

い:ああ、営業やりたいっていう…あ、はずかしいですね、これ改めていうの。

お:聞かれるとね(笑)

い:ホームページのプロフィールに書いてある通りです。大学の時に台湾に留学してて、その時に台湾人だからとか中国人だからとかマナー悪いとか。そういう○○人だからっていうレッテルみたいなもので判断されるのって違うよなって思っていたんです。

いざ自分が既卒になって就職活動をするとギャップみたいなのを感じたんです。例えば面接に行くと面接官に、「え、なんでこの時期に帰ってきたの?」「計画性ないね。」って言われて、面接終了!みたいな感じだったんで。なんだか、えー…、、みたいな。既卒への偏見みたいのはすごく感じていたところで、UZUZのレッテルで見ないってところにすごく惹かれました

全:へええ。

い:で、横山さんとの面談で衝撃を受けたんです、ええええみたいな。

み:えええって。笑

い:すごく親身になって私の話を聞いてくれて、ほんとに他のエージェントの面談と違うなって。

み:すごいね。さすがよこやん(横山のあだ名)。

い:ききさんは?

お:んー、私の場合は結婚があったらからなんだよね。前職である程度のポジションももらえていて、評価もされていてすごく仕事にやりがいがあったんですけど…。残業時間があまりにも長いから旦那の希望で就業時間を減らして欲しいってのがあって。

み:どのくらいだったの?

い:めっちゃ長かったですよね?

お:あーでも月100時間越えくらいだよ?

全:いやいやいや、多いでしょ!笑

い:基本終電とかですか?

お:あ、そうそう。始発で行って、終電までやって、で土日たまに出社して。忙しい時はほとんど毎日行くみたいな。そんな感じでやってましたね。

み:あー、それをもっと短くして欲しいっていう。

お:そう。旦那の希望で。そのときはまだ付き合ってる時だったんだけど、俺と別れるか、それとも結婚して仕事やめるかどっちかにしてって言われていたんですよね。で、プロポーズがあって。もうこれは腹くくるしかないなって。

み:へえええ。

お:でやめるって考えた時にいろんな職を見たんですよ。旦那的には6時とかに帰ってきて欲しいって思いがすごく強かったんですけど、そうなると選べるお仕事って限られるなって思ってたし、つまんないなって思っちゃって。

前職がワイワイ働いてて社風はすごく好きだったっていうのもあって、UZUZだったら、そんな規模は大きくないけどいろんなお仕事任せてもらえる可能性もありそうだし、一緒に働いていて気持ち良さそうだなって思って。で、くにさん(社長の今村)も働き方でいままで結婚した女性の人ってまだいないけど、変えていこうって思ってるって話を聞いた時に、本当に変えていこうとしているんだなって思って、ここにしよーって思ったの。

い:へええ。何経由だったんでしたっけ?

お:私も今やんと一緒だよ。登録して、面談した後になぜかくにさん出てきて、帰る時になんで私社長と面談したんだろって(笑)

み:みんなそうなんだ、登録からなんだ。

い:みよさんってUZUZ5人目のメンバーですよね、不安ってなかったんですか?

お:私もそれすごい思う。

み:いや。それすっごい聞かれるんだけどさ、崖っぷちで今の時点で不安も何も就職先ないし、なんの不満もなかったもん、本当ですか?雇っていただけるんですか!?って。


UZUZの好きなところと改善して欲しいところ

み:私は柔軟なところ、柔軟すぎるところが好きかな。

全:確かにー!!みよさんそうですよね!!!旦那さんがニューヨークに転勤になってもリモートで働くんですよね?

み:そうっ!しょうさん(専務の川畑)に相談したら、じゃあなにやる?って言われて。

お:続けることはもう前提。

み:そう。旦那の転勤が決まった時、退職かなーって思ってて。それで相談したら、この業務はできそうかなって話になって。「えっ、続けていいんですか」って思ったよ(笑)今リモートでもできる広報の仕事と、マーケ側の更新業務とかできるところを切り出してくれてるんだよね。

お:みよさん、ニューヨーク行ってマーケやって広報やってって、、もうキラキラでしかないじゃんwしかも家がマンハッタン!

全:かっこいい、、、羨ましいいい。

み:でも結局英語も喋れないから家でずーっと一人で泣きながら仕事を…(笑)

お:確かに友達作ってくの大変。

い:アピアー(テレビ電話)でランチしましょ、時差ありますが。。

み:時差14時間ね(笑)たまにMTGの時間とかも作ってくれるみたいで、本当に柔軟。そういう意味だとききだってそうじゃんね?結婚と両立できるってところとかさ。実際入ってみてどうだった?

お:んー、そうですね、入社してすぐの時はみんなめっちゃ気を遣ってくれてました。結婚している女性が当時はまだいなかったからだと思うんですけど…。飲み会とかもみんな盛り上がって2次会3次会行くじゃないですか、でも私には帰っても大丈夫だよとか、旦那さん心配するからって言ってくれたりとか。

あとは旦那さんもどんな会社か心配だと思うから、こういう会あるんだけど一緒に来ない?みたいな感じでよく誘ってもらってました

み:すごい。

お:特にくにさんとかひろさんとか。だから心配してくれているんだなっていうのはめっちゃ思いましたね。手巻き寿司の会とか行きましたよ、旦那と一緒に!

み:いい会社や。

お:それは有り難いです。社員の家族とかにも理解あるし、すごく嬉しかった。結構家族とかでみんな集まってません?そういうの今までの会社とかではあんまりなくて。

み:土日とかも集まってる人は家族ぐるみで集まってるしね。

お:そーそー。

み:あ、わたしがニューヨークに行くってなった時にわからないことがたくさんあって、ひろさんがこの前ニューヨークについて教える会を開いてくれた!

い:えええ、優しい、、!

お:それはすごい、めっちゃ優しい!!

み:保険はどうするとか、こうしたほうがいいとか、いろいろ教えてくれて。。改めて公私ともにいい人だなって。

お:今やんは?

い:応援するっていうのはすごくありますよね。ひとりひとりの意見を大事にして改善していこうってすごいじゃないですか。ひろさんとクロスランチ行った時に、研修でこういうのあったらいいと思うんですよねって言ったら、いいじゃんそれ!!やろうよ!!って言ってくれて。

み:基本応援してくれるっていうか、基本肯定から入って行くよね。

い:そうなんですよ。それに、めっちゃ仲良くないですか?金曜日だいたいUZUZの人と飲んでます、私。

お:それは頻度高い!!笑

い:なんか友達いない説(笑)

み:別で飲んでても合流するしね。会社としての飲み会じゃなくてもいろんなコミュニティで飲んでるし。

お:みんな本当にいい人!!みんな可愛いっ(笑)

み:みんなすぐ飲もうってなるし、すぐなにかにつけて打ち上げとかやるしw

全:(めっちゃ盛り上がる)

みなさん、改善点も!笑

い:うーん、オフィスが本社と初台で離れているので意思疎通がはかりづらい時があるかなって。チャットだと冷たく感じちゃうので。

み:あー確かに。

(少し割愛)

い:あとは優しすぎるところです、しいてあげるなら。

全:確かに!!

お:あとはそれぞれの拠点が仲良いから、本社と初台の拠点同士で戦ってる感じになるよね。

み:そんなばちばちしてる?!

お:ちょっとねw

み;優しいよね、みんな。さすが既卒第二新卒の支援しているだけある。笑

お:あ、あった。変化が多すぎるところは大変だよね。今日はこうだったことが、明日には変わってたりとかキャッチアップするのが大変だなって思う。だからそこに対応できないと結構しんどいよね。

み:確かに、研修資料とかも速攻改定されるよね。

お:そうそう、マニュアルとかもしょっちゅう変えなきゃだから。マニュアルもういらないんじゃないかなってw

み:良くも悪くもだね。柔軟なのはいいんだけどね。

お:そうなんですよ!!


こういう人と働きたいってあります?

み:今ってUZUZの第二創業期だからそこを支えたいっていう人が欲しいな。ベンチャーで30人を100人フェーズに持っていきたいっていうがつがつしている人!女性は最近入社も多いし、そろそろ男性社員も!

い:同い年の方、来て欲しいですね。私、UZUZが1社目なので自分の同世代と比較した時にどのくらいのフェーズに入るかがわかんなくて。どんな感じなのかなってすごく気になります。同じ時期に入ったももちさんとかぐりくんは二卒だし、既卒としての同期いないので。UZUZが基本になってしまって、市場的に私ってどうなんだろって。思いませんか?

お:んー、私は大学の友達とか前職の知り合いと比較するかも。大学の知り合いだとメーカー行ってたりとか、技術職で研究やってたり、エンジニアやってたりとかしてるからそういう働き方あるんだなとか。危機感からくるモチベーションが強いの?

い:わたしは遅れてるなって思ってて。実際市場からみた立ち位置ってどうなんだろとか、どのくらいの差があるのかっていうのは気になります。

お:今やんが社内で仲良い人が多いからじゃない?日中いつも一緒にいて、金曜日とか平日夜は飲みに行くし。

み:社外は意識しないと出れないかもね。

い:なので話戻るのですが、やる気めっちゃあって、いくぜい!みたいな人が入って来たらやべえって思いますね。すごい他力本願みたいですが(笑)

み:年下で突き上げてくるとか?

お:同期とか同い年でもバリバリやってるとか?

い:そうですね。

み:なるほどね。ウズカレ講師も募集してるじゃん?どういう人と働きたいとかある?

お:社外で同じようなことやってた人が一番は来て欲しいなって思います。今のウズカレって社内の人たちでしか作ってないんですよ。なんとか社外セミナー行ったり、本読んだりとかしてるけどそれでも全然足りないなって思うから。単純に求職者のためにっていうのはすでにみんな持ってるから、逆にそうじゃない視点とかも欲しいですね。

今は売り手市場だから教育がそんなに強くなくてもやっていけると思うんですが、今後売り手市場じゃなくなった時に、ここの底上げができないと企業側のハードルが上がるので厳しいなって思うんですよね。

全:確かに。


じゃあ最後にUZUZで成し遂げたいことを!

い:UZUZニューヨーク支社の立ち上げ?

み:ああ、いいね。

全:いきたい!!いく!!

お:わたし一人で転勤する!w

み:なんだろ。ニューヨーク支社の立ち上げと、ニューヨークでも「うずうずー!」が通じること。

全:爆笑

み:真面目に答えると、まずは、UZUZってちょっと変わった名前だなって思うから、UZUZをブランドにしていきたい。リクルートとかマイナビとかさ。マイナビとか元々「毎日就職ナビ」からきててブランド化してるしさ。UZUZっていうのが通じて、早く既成事実を作りたい。

(しょうさんも同じことを言ってた!さすが広報!)

み:うん。じゃあそのためには一位とってという難しい話は…、はい、お二人からお願いします!笑

お:なんでしょ、ウズカレで成し遂げたいのは、カレッジというのをもう少し成熟したものにしたいなって思いますし、私個人としてはその中でばりばり働いていきたい!

み:かっこいい

お:必要とされたいんですよね。それが子供だけってなっちゃうと依存しちゃうから、仕事においても自分の立ち位置が欲しい。この会社に残っていたいし、事業を残したいってなると今携わってるカレッジをもう少し横展開したい。新しい職種に展開して行くのもそうだし、ベースになるヒューマンスキル講座の底上げしたいなって。

い:ききさんいろいろ積極的に行ってますもんね。

み:すげええ。

い:やりたいことって難しいですね。入社時は外国人の方とかのサポートしたいなって思ってました。ただ今はまだできるこがと少なすぎてまだ見えてないです。ただこの前白石市に行って来たんですけど(地方創生事業のバスツアーに参加して白石市へ一泊二日で行って来た)、潜在マーケットめっちゃありそうだなって思ったんですよ!仙台とかがんがん開拓してったりしたらUZUZいけんじゃないって。

お:20代の若い人紹介しますよっていったら来て来てって感じ?

い:地方都市は可能性あるなってすごく感じたんですよね、わくわくしました。

み:今は首都圏がサービスの中心になってるけど、登録の電話してると全国にいるーって思うんだよね。あとUZUZYouTubeチャンネルも立ち上がってるし実際のサポートができたらもっと広がりそう。

い:まずは目の前の業務を頑張ります!

全:がんばろう!!


終始ツッコミを入れながらワイワイ話してくださいました、ありがとうございます!

株式会社UZUZs Stellenangebote
8 Likes
8 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen