This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

visasQ Engineering Meetup #2 -ビザスクを支える技術- を開催しました

5月からビザスクに入社した江澤です。

5/20(月) に弊社オフィスで visasQ Engineering Meetup #2 -ビザスクを支える技術- を開催しました。今回はその様子を少しご紹介したいと思います。

イベントページ
visasQ Engineering Meetup #2 -ビザスクを支える技術- - connpass

visasQ Engineering Meetup とは?

日本最大規模のスポットコンサルのマッチングプラットフォーム「ビザスク」の、開発に関する学びやサービスの立ち上げ・拡大過程でエンジニア組織がどのように変化し、どのような取り組みを行っているのか、その学びや知見をもとにエンジニア同士が交流・意見交換する場です。

当日の様子

会場準備

CTOの花村が参加者の方向けのクラフトビールをせっせと並べていました。ちなみにお酒の手配もCTO自らやっています。つよい。
1番に登壇するのできっとまだ自分の準備をしたいと思うのですが、自ら参加者の方をおもてなしするCTOの鏡です。参加者一人ひとりの顔を思い浮かべながら目をつぶって並べていました。

LT#1「ビザスクを支える技術」 by CTO 花村創史

(スライド: https://speakerdeck.com/shoezawa/bizasukuwozhi-eruji-shu

最初のLTはさきほどビールを並べていたCTOの花村から「ビザスクを支える技術」。
ビザスクの事業と実績の話から、採用技術・技術的な課題・これからチャレンジしていきたい技術などを話していました。スマホでスライドを操作しているのが場慣れしていている感を出していてかっこいいです。

私が所属しているWebチームでもUX改善プロジェクトの準備が着々と進んでいます。UI/UXやフロントエンド技術に興味のあるエンジニアさんを募集中です!

LT#2「クライアントポータルを支える技術」 by VQポータル開発チーム 喜多太樹

(スライド: https://speakerdeck.com/dkita/technologies-supporting-vq-client-portal

2番目はクラフトビール大好きエンジニアの喜多による「クライアントポータルを支える技術」。
クライアントポータルとは、フルサポート形式「VQ」において、クライアントと弊社スタッフのコミュニケーションをサポートするためのプラットフォームです。

クライアントポータルでは Firebase や Vue.js など比較的新しい技術を積極的に採用しており、今回はその中でも Firebase Realtime Databse を使ったときのノウハウをかなり具体的に話していました。今回のイベントページには Firebase のことは全く書いていないので、普段 Firebase を使っているけど発表を見逃してしまったという方はぜひスライドを覗いてみてください。

ちなみに、今回のイベントでビザスクTシャツを着ていたのは喜多だけでした(小声)。

LT#3「TwilioとStripeを使った従量課金サービスの裏側」 by Webチーム 村上哲平

(スライド: https://speakerdeck.com/tetsuco9/twiliotostripewoshi-tutacong-liang-ke-jin-sabisufalseli-ce

最後は長らくWebチームを1人で支えていたスーパーエンジニアの村上による「TwilioとStripeを使った従量課金サービスの裏側」。
こちらも最近開発した通話課金機能の実装で使った Twilio と Stripe の話です。通話課金機能は通話時間によって依頼料を決定するシステムで、ビザスクから送られてくる電話番号に架電すると Twilio を通して依頼者とアドバイザー間で通話することができ、通話時間を自動計算して依頼料を請求できる機能です。

Webチームのエンジニアは元々村上1人だったところ、最近私を含め2名のエンジニアと1名デザイナーがチームに参加しました。新しい人が増えてメンター的な役回りもあり、すごく忙しい中で直前まで発表練習をして当日はスラスラとプレゼンしてた村上。できる男です。

懇親会

LTのあとはピザとクラフトビールを飲み食いしながらの懇親会。
登壇者やスタッフとして参加していたビザスクエンジニアの方と参加者が、発表内容や最近使っている技術についてワイワイと楽しく談笑していました。

写真の右手では弊社テックリードの寺坂(赤っぽいカーディガンを着た人)が技術について熱く語っていました。中央奥ではCTOの花村が満面の笑顔で話していました。何を話しているのかすごく気になります。

まとめ

イベントの様子はいかがだったでしょうか?また2~3ヶ月後に開催を予定しているので、興味のある方はぜひ connpass のグループに参加してください!!

イベントページ
visasQ Engineering Meetup #2 -ビザスクを支える技術- - connpass

株式会社ビザスクs Stellenangebote
20 Likes
20 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen