This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

2018年全社会のテーマは "Next Stage"

VML TOKYOでは、データに基づいたマーケティング戦略を立案し、
広告制作 / 運用サポート、分析 / レポーティングをマーケティング支援として行っています。

                  ◆ ◆ ◆

VMLでは毎年テーマを設定し、1年間の振り返り、翌年の方向性について共通認識をもつために、年末の全社会を行っています。今年は、「Next stage」をテーマに掲げ、次のステージに向かうために、メンバーの結束力をより深めることができました。また全社会の後半では、ワークショップも行い、普段の業務からは発見できないメンバーの思考や特徴を知る機会にもなりました。

以下、全社会の様子を写真も含めご紹介します。


「NEXT STAGE」:テーマ設定の背景

VMLでは新しい社内制度、評価制度の開始や、情報共有会の活性化など、次のVMLのステージを創るための準備を進めています。これからメンバー皆でNext Stageを創り、未来に向かうために「Next stage」というテーマを設定しました。

このテーマに沿った全社会を創り上げるため、全体を通して飛行機の機内をイメージできるようなセッティングをし、メンバー全員で来年に向かって飛び立つイメージを表現しました。

▼会場イメージ


▼VMLオリジナルのPASSPORT
(会場入場には、VML PASSPORTが必要!)



第7期KICK OFFから半年が経ち...

全社会の前半は、7月からの半年間の振り返りを行いました。
VMLでは、7月初旬に第7期KICK OFFを行い、目標や方向性の確認しました。
「Next stage」に向かっているVMLですが、前に進むためには、現状の把握が必要不可欠です。KICK OFFから半年が経った今、この半年間の活動や現状、そして来年の方向性について再度、共通認識を持つことができました。


発案力、提案力が問われるワークショップ!

後半は、メンバー全員で行うワークショップも取り入れました。
「社員旅行をゼロベースからプランニングする!」というお題の元、2人1組のペアになり以下の手順でワークを行いました!「Next Stage」ではゼロベースからよりチャレンジングな提案をしていきたいという思いから、このワークを行うことに決定しました。

▼このワークの目的は?
目的は、ゼロベースからチャレンジングな戦略を考え、相手を説得させるための軸を学び、実務に活かすこと。

▼ワークの進め方とルール
はじめに、ペアの人と社員旅行のプランニングを立て、各チームプレゼンテーションをしました。ゼロベースから考えることが前提なので、予算・期間・場所などから全てプランニングしてもらいました!


そして、VMLの役員4名がどのプランが良いか評価をし、オリジナルスタンプを押し、スタンプの数が多いチームから順に豪華景品を獲得しました!

▼役員の似顔絵スタンプ(VMLオリジナル!)


▼スタンプをもらえる評価基準は?
VMLの役員がどのプランが良いか評価し、写真の似顔絵スタンプを押してくれました!
その評価軸が以下の3つ!

・チャレンジングで、ワクワクするプランであるか
↪ 相手をワクワクさせ、今にも社員旅行に行きたい!と思わせるようなプランニングは、
 クライアントに提案する際も必要なスキルです。

・チャレンジングな計画をどのようにクライアントに説得するか
↪ チャレンジングな戦略には、リスクが付き物!
 リスクヘッジが行えているかで、相手の納得度が変わってきます。

・社員旅行を通して、VMLをどのような会社にしたいかが明確である

▼優勝したペアの案は...?
優勝したペアの案は、
「4チームに分かれ、VMLのロゴのルーツをたどる旅をする」
というチャレンジングでありながら、VMLの可能性が更に広がるプランでした。

VMLのロゴは、Technology/Strategy/Knowledge/Creative 全ての交差点がVMLであるという意味があります。4軸それぞれのスペシャリストが存在する海外のオフィスへ行くことで、根本からロゴの意味を理解し、クライアントへのサービスを向上させようという案でした。

社員旅行と言いつつ、4チームに分かれ旅をするという斬新さ、またそれぞれの国で本場を身につけるチャレンジングさが役員の心を動かしたようです!

このプランが、初のVML社員旅行のプランとして採用されるかどうかは代表と絶賛検討中です^^!
メンバー皆が、会社のことメンバーのことを考え、チャレンジングなプランを考えてくれました。

全社会を通じてメンバー皆が、来年に向けての良いスタートを切れたことでしょう!


おわりに

私たちは「データを活用して、どのように人の心を動かすか」を追求しています。クライアントの先にいる生活者の心を動かし成果を生み出すことが、クライアントへの価値提供であると考えています。データに基づいたマーケティング施策は、結果などの数値の検証を繰り返し、再現性を高めることで、より良い成果を導きます。また成功体験だけではない様々なラーニングを共有し、各プロジェクトへ活かすことをVML全員が大切にしています。

クライアントと直接コミュニケーションが取れず、課題の具体的な共有や本質的な解決に至っていないとお悩みの方、VMLで一緒にクライアントの課題解決へつながる仕事をしませんか?

VML TOKYOs Stellenangebote
Anonymous
D1e0c699 25fd 4667 a487 a329d7142d77?1524137919
1 Likes
Anonymous
D1e0c699 25fd 4667 a487 a329d7142d77?1524137919
1 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.

Page top icon