This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

ウィルフォワードには"決まった採用フロー"がないという話

会社訪問をした時にはどんな雰囲気を想像しますか?

私は介護福祉士として医療現場で7年間働いた後、専門商社でOLとして働いていました。

今年の1月からウィルフォワードの広報・ライターとしてのキャリアをスタートさせたばかりです。(私の加入時のストーリーはウィルフォワードブログにあるのでこちらも是非ご覧ください!)

今まで就職・転職活動で多くの企業の面接を受けましたが、ウィルフォワードの採用の面で私が驚いたことの一つを紹介します。

それは、決まった採用フローがないことです。

ウィルフォワードには「履歴書を持って、椅子に座って人事担当者と面接をして、その後二次面接があります。」というような、いわゆる普通の採用フローは設けられていません。

代表の成瀬はそれを「ラブストーリーは突然に採用」と呼んでいます。

採用活動を「本気で結婚相手を探すように」してみたらどうなるんだろう?一目ぼれで結婚(一発で内定)するかもしれないし、同棲(インターン)してからお互い考えるのもありなんじゃないか。

実際自然に人と人の出会いって考えたら、「ウィルフォワードっていいな」って思ったとしても「働きたいな」になるかどうかは別。

だからもっと自然に付き合いたい。だから堅苦しいリクルートスーツを着た「THE就活」もなし、

出会った人と、絶対に恋愛(選考)しなきゃいけないのもおかしいし、

結婚しない(不採用やミスマッチ)からといって友達までやめる必要はない!という想いのもと、新卒採用・インターンシップ・中途採用を行っています。

そして先日ウォンテッドリーで連絡を下さった、ライター志望の方とのランチ会でした!

ウィルフォワードはオフィスが3階建ての一軒家なので、

広いキッチンで料理をし、普段から一緒にご飯を食べる、チームビルディングも行っています。

この日も、気がつけば皆、リラックスした雰囲気で話をし、自分のことや仕事のこと、今後のやりたいことや趣味のことを話していました。


「背伸びもしない、そのままのウィルフォワードを見て欲しい。」


決まった採用フローを設けていないのは、そんな想いがあるからです。お互いを知り、オフィス見学でも、是非オフィスにお越しください。

これからも、転職したからこその驚きと、素敵な部分を発信してきたいと思います!!

株式会社ウィルフォワード's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings