This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

新しい挑戦の中で生まれた、“みんなの想い”を背負っていく覚悟

新卒1年目から経営に参画

学生時代、ラクロスに没頭していた私が、新卒1年目で任されたのは経営管理室の経理というミッション。「倉田、経理やってみるか?」と、代表の小島に聞かれたときには業務内容の具体的なイメージはなく、ただ経営者の意志決定を近くで見てみたいという気持ちしかありませんでした。実際にやってみて、事業拡大フェーズの経営を間近で見ながら新しい経理体制の構築をしていくことは思った以上に刺激的でしたね。

ひたすら試行錯誤を繰り返し、ゼロから体制を構築

経理体制を構築するためには、多くの人を巻き込んで既存のやり方を抜本的に変える必要がありました。小島や経営陣から厳しいフィードバックを受け、自分の力不足や視野の狭さを痛感する日々でしたが、極限まで考えるという経験を繰り返すことで、経営に役立つ力がついてきた気がします。

また、ウィルゲートには年齢に関係なくフラットに議論できる社風があります。実際に、なんの実績もない私の提案を取り入れてくれたり、議論してくれたりすることが何度もあり、「自分の仕事が経営を動かす一要素になる」という責任感とプレッシャーがありました。その分、がむしゃらに走り続けることで、体制が形作られていくのを肌で感じることができました。ウィルゲートには、意志があれば機会を与えてくれる文化や、挑戦を称賛する風土があるので、未経験の私でも挑戦し続けることができたのだと思います。

そして2016年からはCFOとともに事業推進チームを立ち上げ、経理的な観点から各事業の課題を抽出し、解決にあたっています。事業全体を理解する必要があるため、各事業の方と話しをする機会も多いのですが、みんなビジネスに熱心なので毎回新たな発見があって、とても楽しいですね。

みんなの想いを背負って、事業と組織を推進

自分の仕事には、会社が進む方向を決める責任があると思っています。経営陣含め、みんなが本気でやっているのは分かっているので、なんとか結果に繋げたいという気持ちは、入社してからずっと変わりませんね。 今後は、目標に向かって本気になれる組織の中で、誰よりも、事業・組織を推進していける存在になりたいと考えています。そのために、さらに「経理の専門家としての深い知見」「多角的な視座」を磨いていきたいです。

株式会社ウィルゲートs Stellenangebote
30 Likes
30 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen