This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

ドラッグストア「大再編」の号砲が鳴った【PhantomAI週間株価予報】

ドラッグストア「大再編」の号砲が鳴った

日本株市場がにわかに活況を取り戻している。6月14日の東京株式市場では東証一部の売買代金が2兆円の大台を突破し、日経平均株価も3日ぶりに反発して見せた。

株式市場ではホルムズ海峡での石油タンカーが攻撃を受けるなど地政学リスクが高まったが、それでも日本株市場は大きく下げることなく、マーケットが淡々と対応して見せたのも大きい。ここのところ米中貿易戦争などに翻弄されてきた株式市場だが、ここへきて冷静さを取り戻しつつあるように映る。

そんな日本株市場にあって、ズバリ的中率80%を超える『Phantom株価予報AIエンジン』(財産ネット社開発・運営、詳細はhttps://phantom-ai.com/)が導き出した「今週の注目銘柄」を紹介しよう。

まず、今週の『Phantom株価予報AIエンジン』がピックアップした大本命銘柄は







財産ネット社(https://zaisan.net/)が独自開発した株価予測AI『Phantom AI』が、トレンド分析し、未来の株価を計算しています●「目標株価」は、翌営業日に80%以上通過すると期待される範囲になります(225銘柄でバックテスト検証済)●「押し目買いゾーン」、「吹き値売りゾーン」は、一般的には上髭下髭エリアです。一時的に値が動いた場合、その後目標株価へ収束する可能性が高いゾーンです。ゾーンを超えて推移した場合は、当エンジンの想定を超えるイベントが発生した可能性が高くなります●この予測をもとに個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

財産ネット株式会社s Stellenangebote
Anonymous
Picture?1523336632
1 Likes
Anonymous
Picture?1523336632
1 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen

Page top icon