This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
株式会社キッチハイク

大切にしていること

Beliebteste
Beliebte Beiträge

叩くべきは木魚ではなくエンターキー。お寺生まれのCTOが出家と家出の狭間で、ついに見つけた自分がやるべきこと。

1. 昔、何していたの? 実家がお寺で父親がお坊さんという一般的な家庭で育ったため、普通に生きていきたいと思っている将来の夢はサラリーマンという少年でした。タイトルに木魚とありますが、実家は浄土...

東大の卒論は「アウトサイダーアート」。社員6人のスタートアップで、今、人生をかけてやりたいこと。

昔、何していたの? 東大の卒論は「アウトサイダーアート」 絵が好きだったので、中学時代から美術部だったのですが、街のギャラリーで草間彌生さんの作品に衝撃を受けて、現代アートに惹かれるようになりま...

自分の狂気に遠慮しない。突き抜けたビジョンと徹底的な仕組み化がつくる“おいしい未来”。

1. 昔、なにをしていたの? 海外をウロウロしていました。ウロウロしているとお腹が減ったので、現地の人の家におじゃまして、ごはんを作ってもらいました。東南アジアから始まり、オセアニア、インド・ス...

私は1秒で退職を決めた。4年前の約束を果たすのは、“今”しかないと思ったから。

昔、何していたの? 学部首席で表彰された学生時代 神奈川県横須賀市の海が近く山の上にある住宅地で、四人兄弟の末っ子として生まれ育ちました。年の離れた親とはあまり意見が噛み合わず、子どもながらに早...

自分で世界を変えると決めた。らーめん屋の娘が描く、「おいしい」をみんなでつくる未来。

1. KitchHikeで何をやっているのか 主な仕事は、サービスのマーケティングです。KitchHikeの認知拡大と、ユーザーにいかに楽しく・毎日使ってもらうかの具体的な施策をプランニングし、日々実験を繰り返しています。また、前職が野村総合研究所(以下、NRI)のSEということもあり、プロダクトの要件定義やUI...

Latest
Neueste Beiträge

社会の淵にあるアイディアが、僕と世の中をひっくり返す。一冊の本から始まった、偶然を紡ぐ2年間のインターン。

こんにちは!キッチハイクインターンの中村孔大です。 キッチハイクと出会ってから、2年が経ちます。一度はインターンを卒業して、海外へ飛び出した時期もありました。それでも帰ってきたのは、このチームでまだまだ学びたいと思ったから。 振り返ると、必死で追いかけて、悩んで苦しんで、ひたすら楽しかった。キッチハイクに出会えて...

【速報】あと1人募集!第3期インターン生2名が決まりました。

こんにちは! 別れと出会いの春ではありますが、キッチハイクでは先月から募集を開始した第3期インターン生が2名決まり、現在早くも活躍中です。募集枠は残るはあと1枠......! 引き続き、どんな方に出会えるか楽しみです。 早速ですが、ジョイン仕立てのインターン生をご紹介します!どんなきっかけでジョインし、どんなこ...

『大解剖!インターン生活24時!』休学して見つけた、食コミュニティと納豆。成長が止まらないネバーギブアップの9ヶ月。

こんにちは、キッチハイクのインターン鈴木真由子です。 私は、2019年3月に大学とキッチハイクを卒業して、「納豆で、納豆を食べて、生きていく」ことを決めました。(「なっとう娘」については、Instagramにて「@nattou_musume_」で検索!) 休学後、ひょんなことからキッチハイクに出会い、2018年6...

血肉にしたいのはリアルで起きる偶然。キッチハイクと出会ったのは必然。インターンが社員になったのは突然。

1. 叩くべきは釘ではなくエンターキー 祖父に憧れて目指した建築士 小さい頃から近くで暮らしていた祖父の職業である大工に憧れるようになるまで、そんなに時間はかかりませんでした。昭和らしいというか、男らしいというか、祖父は怒るとノコギリを持って家の中を追っかけ回してくるような人でした。いまでもチェーンソーじゃなくて...

決めたのは1%の直感。目指すのはチームのインターフェース。“つなぐこと”がキッチハイクのデザイナー、私の役目

1日に何度も見ちゃうようなアプリを設計する はじめまして。キッチハイクのデザイナーです。ユーザーのみなさんに「使って楽しい、次回も楽しみ!」と1日についつい何度も開いて使ってもらえるような Web サイトとアプリのデザインを担当しています。 📷 ( 上記写真 * ) 2018年9月にアプリのリニューアルを行いまし...

2019年、飲食業界はスナック化する!?創業→M&A 経験者が見た「食コミュニティ」の兆し

1. これまで、なにしていたの? 飲食業界に飛び込んで、立ち上げた「東京トンテキ」 大学卒業後、生命保険会社での営業、システム会社での基幹システム構築、外資系コンサルティングファームでのSCM導入やオペレーションマネジメントなどを経験したのちに独立、飲食経験のないまま2007年4月に渋谷で「東京トンテキ」をオープ...

サッポロビールと業務提携!新サービス「HOPPIN' GARAGE」をリリースしました!

こんにちは!キッチハイクのバックオフィス担当 佐藤です。 10月22日(月)、キッチハイクはサッポロビールと業務提携を発表し、新サービス「HOPPIN' GARAGE」をリリースしました。 HOPPIN' GARAGE は、「こんなビール、できたらいいな」という個人の空想を実現し、オリジナルビールを仲間とシ...

弱みは、強みになる。本気になった大学5年生の、狂気にまみれたインターン実録365日。

「 “ 働く” って、なんだろう?」 道に迷い、就活を放り投げ、この問いを追いかけようと決めた昨年の夏。何者でもない自分がキッチハイクにインターンとして飛び込み、いろんな挑戦と失敗を経て、1年が経ちました。そして今、やっと「これだ!!」と言えるものにたどり着いた実感があります。 そして、365日のインターン生活を...

覚悟ができた瞬間は、チームからの「おかえり!」。京大院を飛び出して、私、スタートアップのエンジニアになりました。

家業は、5代続く「川原町泉屋」 実家は岐阜県の長良川近く、鮎料理と加工食品のお店をしています。もとは製造業だったのですが、5代目である父が本格的に鮎と向き合うことにしたそうです。それは、わたしが小学校5年生のとき。磨き抜かれた塩焼きの技術や、匂ったことも口にしたこともない発酵食品に触れることは、当時の私にとって、...

「若いうちの苦労は、サブスクで買おう!」僕がトライ&エラーを繰り返すのは、最後の成功を信じているから。

1. 昔、何をしていたの? 一浪、二留、無職。 僕は、1年遅く大学に入り、2年遅く卒業し、3年遅く社会人になりました。大学を出たのが25歳。就職活動はせずに、まっすぐ無職になりました。当時は、炊飯器を買えないほど貧乏で、拾ってきた炊飯器の釜を直火にあて米を炊く、原始人と現代人の狭間を行ったり来たりする生活を送って...

【遠山正道×キッチハイク】Soup Stock Tokyo は、おでん屋から始まった?個人の引力が事業をつくる「自分ごと仕事」の時代

みんなでつくって、みんなで食べる。キッチハイク社は日々オフィスで「まかないランチ」を楽しんでいます。今回は、なんと株式会社スマイルズ代表の遠山正道さんがまかないゲストに! 遠山さんは、食べるスープの専門店『Soup Stock Tokyo』、セレクトリサイクルショップ『PASS THE BATON』、ネクタイ専門...

【既卒・転職編】人生の分岐点は、自分で決める!ぶっ飛びたいからキッチハイクを選んだ。

キッチハイクには、さまざまなバックグラウンドを持つメンバーが集まっています。今回は、「既卒インターン」・「飲食業界から転職」の2人を紹介します。なにを思ってキッチハイクにジョインして、今なにを感じているのでしょうか? 話を聞いてみました! プロフィール *樋口 茂寛 (フルタイムインターン) 筑波大学人文・文化学...

【田中元子×キッチハイク】喫茶ランドリーに学ぶ、創造性を引き出す「補助線」のデザイン

こんにちは!KitchHikeマガジン編集部のMasatoです。 前回に続き、「キッチハイクのまかないランチ」にゲストをお呼びする企画、第2弾!今回は「株式会社グランドレベル」代表取締役、田中元子さんにお越しいただきました。インタビュー時は桜シーズン真っ盛り!「1階作りはまちづくり」を実践する元子さんをお迎えする...

私がルールブックよ!夢は、バックオフィスから「未来の働き方」のロールモデルをつくること。

目標は、チームの最大出力! キッチハイク初のバックオフィスメンバーとして、2017年9月に入社しました。チームひとりひとりが最大出力できる環境づくりをしています。 メンバーが快適に安心して働けるよう、福利厚生の整備、就業規則の改定など、会社の成長に直結する仕組みをどんどん作っています。ここ最近で手がけたのが、社員...

「いい未来をつくろう、1秒でも早く。」採用動画をリリースしました!

キッチハイクの採用動画を公開しました! https://www.youtube.com/watch?v=i3q6BnzvlJ4#action=share 株式会社キッチハイク ミッションは、「食でつながる暮らしをつくる」です。 5年前、私たちは、よりよい未来をつくると決めました。想いは今も変わりません。 「いい未...

Follower
Beiträge
27
Likes
902
Über den Space
大切にしていること
このスペースでは、私たちキッチハイクが大切にしている考え方を様々な切り口で展開した記事をまとめています。
Autoren