This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
78986240 e308 4067 930e f467850a624a
株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン

スタッフインタビュー

Beliebteste
Beliebte Beiträge

スタッフインタビューvol.27「『めんどくさい』を強みに」

非常勤ファシリテーターのあっちゃん(山路歩)。NPO法人体験学習研究会や株式会社日能研などでさまざまな体験プログラムを提供しています。あっちゃんが体験してきた人と共にいることとは。 PAとの出会い PA(プロジェクトアドベンチャー)のことは大学生のときに知りました。その後、株式会社日能研に就職し、2004年に...

スタッフインタビューvol. 35「オーナーシップを持って動くーインターンシップ伴走後記」

プロジェクトアドベンチャージャパン(PAJ)初のインターンシップが終わりました。インターンシップ開始前から準備をし、30日間伴走した、なべちゃん(渡邉貴大)が考えるメンターの役割とは。 PAJインターンシップの内容についてはこちら インターンインタビュー「一歩踏み出す〜PAJインターンシップ」はこちら インターン...

スタッフインタビューvol. 57 「自ら選択できる機会を子どもたちに」

非常勤ファシリテーターのKAI(甲斐﨑博史)は東京都公立小学校教諭を27年間勤めたあと、フリーランスに転身し、現在は軽井沢風越学園設立準備財団で新しい学校づくりに携わっています。KAIが大切にしている子どもたちとの関わり方とは。 PA(プロジェクトアドベンチャー)との出会い 今から19年前、学年崩壊をして誰も...

スタッフインタビューvol.26 「プログラム・コーディネーターという仕事」

今年4月からプログラムチーム・コーディネーターのマネジャーになったのんちゃん(青木望)。コーディネーターの仕事の面白さ、やりがいについて聞きました。 目に見えないものを言語化していく 企業コーディネーターと学校コーディネーターの共通の思いは、「PAの価値をどう伝えるか」と「いかに最良の場をつくるか」ということ...

スタッフインタビューVol.3 「1人ひとりに寄り添える場づくりを」

プログラムチーム所属、主催ワークショップコーディネーターのなべちゃんにコーディネーターの仕事についての話を聞きました。 美味しそう!なワークショップを  僕はプロジェクトアドベンチャージャパンで主催ワークショップのコーディネーターをしています。具体的には日程や場所、ファシリテーターなどの調整業務と、ワークショ...

Latest
Neueste Beiträge

スタッフインタビューvol. 61「吸収して成長していく!」

PANZA宮沢湖オープニングスタッフ最年少のジュンチ(高田隆平)。見るもの全てが物珍しそうに働いています。ジュンチが目指す働き方とは。 PANZAとの出会い 前職では印刷オペレーターをしていて、同じような仕事をやり続けていることに疑問を感じました。もっと学びのある場所で働きたいと思って転職活動をしている中で、...

スタッフインタビューvol. 60 「受け身から能動へ!」

2019年2月入社のたなちー(スウォボダ千明)。沖縄に移住してすぐに「PANZA沖縄」のスタッフになりました。たなちーがこれからやっていきたいこととは。 PANZAとの出会い 夫が沖縄でダイビングの仕事をすることになったのを機に沖縄にやって来ました。前職では図書館の朗読会や新しい本が出版されたときの出版イベン...

スタッフインタビューvol. 59「遊びのスパイスを振りかける」

PANZA宮沢湖オープニングスタッフのこっしー(大越泰樹)。地元出身のこっしーがかける「FUNMOCK(ファンモック)」への想いとは。 PANZAとの出会い 埼玉県飯能市近辺で仕事を探していて求人サイトで見つけました。求人を見たときの第一印象は「面白そう!」でした。前職では飲食業をやっていましたが、自分の体験...

スタッフインタビューvol. 58 「自分のカラーを生かして」

沖縄に移住してきたばかりのPANZA沖縄のりん(木村梨乃)。まだ右も左もわからない状態の入社3日目のインタビューです。沖縄に移住してきたばかりのりんの新しい沖縄ライフとは。 PANZAとの出会い 沖縄に移住するタイミングで転職先を探していたときに転職エージェント経由で出会いました。海関係か農業関係で働きたいと...

スタッフインタビューvol. 57 「自ら選択できる機会を子どもたちに」

非常勤ファシリテーターのKAI(甲斐﨑博史)は東京都公立小学校教諭を27年間勤めたあと、フリーランスに転身し、現在は軽井沢風越学園設立準備財団で新しい学校づくりに携わっています。KAIが大切にしている子どもたちとの関わり方とは。 PA(プロジェクトアドベンチャー)との出会い 今から19年前、学年崩壊をして誰も...

スタッフインタビューvol. 56 「一緒に成長していくチームを目指して」

アドベンチャーエンタテインメント・PANZA部門のまこ(徳田真子)はPAJ(プロジェクトアドベンチャージャパン)への転職をきっかけに大阪から東京にやって来ました。2019年オープンを目指している「PANZAてんしば」のマネジャーです。長年テーマパークで働いてきた、まこの新たなチャレンジが始まります! PAJと...

スタッフインタビューvol. 55「PA(プロジェクトアドベンチャー)を体現していく」

アドベンチャーエデュケーション所属のんちゃん(青木望)。前回のインタビューで、「PAJの顔になります!」と宣言していました。その後ののんちゃんのワークライフとは。 PAJ(プロジェクトアドベンチャージャパン)との出会い 2017年5月に入社して1年8ヶ月経ちました。前職で組織開発をしていたので、組織開発、人材...

スタッフインタビューvol. 54 「心穏やかにコミュニティを育む」

PAJ(プロジェクトアドベンチャージャパン)非常勤ファシリテーターのヒデ(高橋秀典)は、群馬県みなかみ町でレイクカヌーツアーを行う「レイクウォーク」を経営しています。アウトドアガイドとファシリテーターとしての経験を生かしながら地域の活性化を目指しています。 PA(プロジェクトアドベンチャー)との出会い みなか...

スタッフインタビューvol. 53「仕事も楽しんで、人生をもっと楽しく!」

2019年4月にオープンするPAJ(プロジェクトアドベンチャージャパン)運営施設「PANZA(パンザ)ぎふ清流里山公園」の新しいスタッフTK(田中泉帆)。岐阜生まれ岐阜育ちのTKのPANZAにかける思いとは。 PANZAとの出会い 地元出身ですが岐阜にアドベンチャーパークとジップラインがあるPANZAとい...

スタッフインタビューvol. 52「未来の風に乗って」

2018年12月に「PANZA(パンザ)沖縄」のマネジャーに就任したAちゃん(土居秀人)。「A」はアドベンチャーの「A」です。就任直後からプロジェクトアドベンチャージャパン(PAJ)東京オフィスにて1ヶ月間を過ごしています。長らく音楽業界や出版業界で働いていて、2012年夏に沖縄に移住したAちゃんの沖縄、PANZ...

スタッフインタビューvol. 48 「脱、いままでの自分<後編>」

プロジェクトアドベンチャージャパン(PAJ)に入ってきて数ヶ月。ひたすら走ってきたオフィスチームのマネジャー、くまさん(西村準哉)。カルチャーショックを受けながら、PAJの中で探しているヒューマンリソース(HR)の新しいかたちとは。(前編はこちら) 新しい学びの入り口 入社前にPAJ主催のワークショップ(アドベン...

スタッフインタビューvol. 51 「人のエネルギーに触れる」

非常勤ファシリテーターのハヤト(稲田勇人)は、群馬県みなかみ町でカフェレストラン亜詩麻を経営しながら、野外教育事業に関わっています。ラフティング世界大会に出場した経験を持つハヤトが考えるチームとパフォーマンスとは。 PA(プロジェクトアドベンチャー)との出会い PAとの出会いは、みなかみ町でアウトドアの仕事...

スタッフインタビューvol. 50 「いつまでも子どもたちと共に」

PAJ非常勤ファシリテーター最高齢のももちゃん(百瀬幸一)は72歳。企業を定年した後、教育ファシリテーターや、農業を通して子どもの成長を支えるボランティアなどで子どもたちと関わっています。 PA(プロジェクトアドベンチャー)との出会い 私はずっとリコーに勤めてきて、45歳以降は新入社員からマネージャーまでのマ...

スタッフインタビューvol.49「幅を広げながら成長し続ける」

2017年4月入社、アドベンチャークリエーション所属のゆうや(平野裕也)。昨年(2018年)は新規アドベンチャー施設のプロジェクトマネジャー(現場監督)に初挑戦しました。(詳しくはこちら) 現場監督をやってみたゆうやの思いとは。 プロジェクトアドベンチャージャパン(PAJ)に出会うまで 小さな頃から建物や建築...

スタッフインタビューvol. 48 「脱、いままでの自分<前編>」

オフィスチームのマネジャーとして入社した、くまさん(西村準哉)。人事、総務、経理の一切合切を担い始めました。新しい文化の中で、くまさんが探している働き方とは。前後編の前編です。 未来志向のヒューマンリソース(HR)を求めて 僕の30代のHRの仕事は、ギャップアプローチと呼ばれる、対処療法的にマイナスをゼロに近...

Follower
Beiträge
68
Likes
177
Über den Space
78986240 e308 4067 930e f467850a624a
スタッフインタビュー
プロジェクトアドベンチャージャパンは、アドベンチャーをベースとした安全で質の高い学びを提供することにより、人の成長に貢献します。 学校向けや企業向けの研修プログラム、指導者育成プログラムなどのソフトに加えて、アドベンチャー施設やジップラインなどのハードの提供も手掛け、...
Autoren

Page top icon