This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
画像認識エンジニア

ロボットの目と意識をつなぐ画像認識大臣Wanted!

GROOVE X株式会社

Mitglieder von GROOVE X株式会社

Alle anzeigen (4)
  • I was a Ph.D. student in Tohoku univ. I majored in mechanical engineering in undergraduate and information science in graduate school, especially about the machine learning.

    I have a master's degree in information science. I have a strong interest on the machine learning, especially about t...

  • 主に、少人数のチームを率いたウェブ開発を行ってきました。自身でコードを書くとともに、スクラムベースで効率的なチーム運営をすることを得意としています。現在は、初めてのロボット業界で四苦八苦しながら、上流から下流までのソフトウェア全般の開発に携わっています。

  • GROOVE X 創業者兼 CEO。トヨタ自動車で空力技術者としてスーパーカー”LFA”やドイツでFormula-1の開発に従事。11 年よりソフトバンク孫正義 CEO が立ち上げた「ソフトバンクアカデミア」参加。12 年、同 CEO から誘いを受けて「Pepper」の開発リーダー着任。15 年から現職。

  • Atsuya Kose
    Ingenieur/ Programmierer

Was wir machen

  • F389b1fa a801 4e2c 9840 fdae56ce6d3e?1545094391
  • 8ffa1cc1 10ab 43ea b30b 27ba49f44b9f?1545095022

■新世代家庭用ロボット「LOVOT」開発
https://lovot.life/
私たちGROOVE Xは2015年に設立したスタートアップです。
GROOVE Xの考えるロボットは、人々の生活に潤いを与える存在として、人が一緒にいたくなるような新世代の家庭用ロボットです。それは、将来癒しを与える存在を超え、人の潜在能力を向上させる力も持ち得ると考えています。

■LOVOT [らぼっと] とは
『LOVOT』は人の代わりに仕事をする便利なロボットではありません。人に甘えて邪魔もしてくるし、時には知らない人に人見知りをするかもしれません。
だけど、一緒にいるとホッとする、うれしくなる、笑ってしまう。なんだか、あたたかい気持ちになってくる。
そんな風にロボットが人と信頼関係をつくり、生活に潤いと安心を与えられる存在になれば、人のパフォーマンスは高められると、私たちは信じています。

Warum wir das tun

  • Bee724ee 2fcd 48fe 8f77 71913625221e

私たちは、最先端の技術をめざします。
培った経験と知恵、消えることのない情熱とともに
有したその技術を、ますます磨いていきます。
それはすべて、新しい未来をかたちづくるために。
では、新しい未来とは?私たちは思います。
未来は見えない。だからワクワクもするし、たから不安を感じる。
ならば未来を、すこしでも身近で、安心できる場所としていくため、
技術というものを活用しなければならないんだ、と。
この生活と地続きの感情、たとえば、
うれしいとか、愉快だとか、さびしいとか、
そういうものと真正面から向かい合うこと。
私たちの技術は、そこをめざします。
人間にとって、かけがえのないものというのは、
100年先も1000年先も、
なにひとつ、変わることはないのだから。

その進化は、人間を見つめているか。

GROOVE X

Wie wir's tun

  • Db2768f1 d91e 46f9 aaef 5594cd4c03cf?1507251585
  • B14536f9 7959 44b5 b994 284338cf3ccb

GROOVE Xの開発現場には、様々なジャンル、経歴、年代の人たちが集まっています。
多様性があるからこそアイディアが飛び交い、場にグルーヴが生じ、時に誰も予期しなかった発想の高みにたどり着くことができています。
型にはまらない優れた技術力・才能を持つ様々な分野のスペシャリストの集団が、様々なアイディアを出し、トライ&エラーを繰り返して、まだ誰も見たことのないロボットを創造できるのだと考えています。
トライ&エラーを繰り返すために、スクラムと言う開発プロセスを活用し、1週間単位のスプリントを繰り返し、開発を進めています。みんな、どんどん失敗します!失敗から学び、軌道修正しています。
情報の透明性を重視し、物理的なカンバンとともに、Slack, Confluence, Bitbucket, G Suite などのツールを活用しています

Beschreibung

■業務内容
- 画像特徴量を用いた画像認識やトラッキング
- 深層学習を用いた画像認識やトラッキング
- OpenGL や OpenCV を用いた画像処理
- 画像通信周りの設計

■歓迎されるスキル(すべてが必須というわけではありません)
- 機械学習や深層学習に関する基本的な理解
 -- 回帰分析、クラスタリング、ベイズ統計、ニューラルネットワーク、ディープラーニングなど
- OpenCV による画像処理経験
- 画像特徴量や画像認識、トラッキングに関する知識
- Python, C++ による実装スキル
 -- NumPy, Pandas, Scikit-Learn, Chainer, TensorFlow, Keras

■歓迎される経験
- 電気メーカーの研究所やロボティクス・画像処理系の大学研究室でのご経験
- スマホ・アプリデベロッパーでの画像処理系業務のご経験
- 個人のブログやQiitaなどでの"画像処理"関連の記事執筆など、業務以外での技術研究

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach 画像認識エンジニア
Jobart Mit Berufserfahrung / Auftragsarbeit
Besonderheiten Interview per Skype möglich
Infos zum Unternehmen
Gründer 林 要
Gegründet November, 2015
Mitarbeiterzahl 81 Mitarbeiter
Branchen Electronics / Electrical Equipment

Weitersagen (16)

Alles anzeigen

Weitersagen (16)

Alles anzeigen

Standort

東京都中央区日本橋堀留町1丁目8−12 さくら堀留ビル 7F

Page top icon