This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
iOS/Android

お支払いアプリPAY IDを開発するiOS/Androidエンジニアを募集

BASE株式会社

Mitglieder von BASE株式会社

Alle anzeigen (5)
  • PAY株式会社 代表取締役 CEO
    1990年生まれ。早稲田大学商学部在学中の2012年に21歳で決済サービスを運営するピュレカ株式会社を設立。2014年にBASE株式会社にジョインし、決済事業を統括するPAY Divisonのマネージャーに就任。「支払いのすべてをシンプルに」をミッションにオンライン決済サービス「PAY.JP」ID型決済サービス・お支払いアプリ「PAY ID」を運営。2018年1月にBASE社のPAY Divison分社化により、BASE100%子会社のPAY株式会社を新設、代表取締役CEOに就任。

  • BASE株式会社 代表取締役。1989年生まれ。大分県出身。
    趣味は、大好きなインターネットを見る事。高校・大学と情報系の学校に通う。両親は経営者。クラウドファンディングのcampfireの運営を行うハイパーインターネッツ社でエンジニアのインターンとして働く。paperboy&co.創業者家入一真氏とモノづくり集団Livertyをスタートし、複数のサービスのディレクション,バックエンドのプログラミングを行う中、8月よりBASEプロジェクトをスタートし、11月BASEをローンチ、12月にBASE株式会社を設立し代表取締役CEOに就任。

  • BASE株式会社 取締役CTO

    FA装置メーカー、ウェブ制作のベンチャーを経て、2006年にGMOペパボへ。ショッピングモールサービスにプロデューサーとして携わるかたわら、2007年から携帯向けTwitterクライアント「モバツイ」の開発・運営を個人で開始。モバツイ譲渡後、2012年11月6日に想創社設立。
    モイ株式会社にてツイキャスのチーフアーキテクトを勤めた後にBASE株式会社のCTOとしてジョイン。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 後期博士課程の学生でもある。

  • BASE株式会社 PAY.JP事業部エンジニア
    筑波大学情報科学類、在学中。1991年生まれ。2010年に筑波大学に入学後、とある脆弱性の報告をきっかけに様々なスタートアップに携わり、プロダクト開発や企業経営の基礎を学ぶ。2012年当時からPAY.JPの前身となるピュレカ株式会社においてセキュアなインフラ構築の大部分を担当し、ピュレカがBASEの子会社化した2014年12月にインフラ設計を担当するエンジニアとしてPAY.JPにジョイン。2016年春に大学を卒業後、BASE株式会社に正式入社。

Was wir machen

・オンライン決済サービス「PAY.JP」
 https://pay.jp

 シンプルなAPIと豊富なライブラリで、スムーズに決済を組み込むことができます。
 わかりやすく安い料金体系でビジネスを支援します。
 PAY.JPは開発者による、開発者のための決済APIです。

・ID型決済サービス/お支払いアプリ「PAY ID」 
 https://id.pay.jp

 「お店でも、友達にもスマホで支払える」
 「PAY ID」でのお支払いは、専用のQRコードを読み取るだけ。
 スマホ一つで、様々なシーンで簡単にお支払いができます。

Warum wir das tun

PAYのミッションは、「支払いのすべてをシンプルに」です。

ネットとテクノロジーの発達により、世の中は大きく変わろうとしています。
PAYでは支払いのすべてをシンプルにすることで、
お金を扱うすべての事業者・個人にとって、もっと豊かで便利な生活を提供していきます。

《参考記事》
➤ 決済領域に、ハッカーマインドで変革を|PAY 株式会社 代表取締役CEO 高野兼一
https://www.wantedly.com/companies/base/post_articles/115870

➤ メルペイ曾川景介氏、freee横路隆氏、PAY高野兼一氏が語る「お金の価値を支える技術基盤とは」―日本のお金をアップデートする_#02
https://techplay.jp/column/342/3

Beschreibung

プロダクトチームは10名程度の少数精鋭組織となっており、各自の裁量が大きく、個々の能力を求められる組織です。

決済サービスとしての信頼・安定性を担保しながら、コードの品質・スピード感を維持した開発が求められる、やりがいのある環境です。

「支払いのすべてをシンプルに」というビジョンに共感し、その実現に向けてフルコミットできる方、ご応募をお待ちしております。

モバイルチームのメンバーインタビューです。ぜひご一読ください。
➤ 新しい技術を貪欲に取り入れ、時代に合った決済プロダクトを作る。PAY モバイルチームにインタビュー
https://basebook.binc.jp/entry/2018/12/12/181342

【開発環境】
プログラミング言語/フレームワーク等: Kotlin, Java
各種ツール等:GitHub, Slack, esa

【開発方針】
- 不確実性の大きい市場に対して高速にソフトウェアを試作、改善できることを目的とした、意味のあるGUIアーキテクチャ
- データバインディングを活用した投資効果の高い自動テストの既述
- ビルド・デプロイ・リリースの高速化に寄与するタスクへの重点的な取り組み
- GitHub Projectsを利用したタスク管理を行って、プロダクトマネジメントの観点から常にユーザーに価値のある変更を届ける

また、私達PAY IDモバイルチームはiOSとAndroidのエンジニアのポジションを明確に区別していないため、
iOSとAndroidどちらの開発に参加してもらっても構いません(両方でも!)。
もしくはiOS(Android)のエンジニアとして経験を積んだので今後はAndroid(iOS)アプリの開発力もつけたい、という方にも最適な環境です。

来るべきキャッシュレス社会の実現に向けて、一緒にプラットフォームを盛り上げていただけるような方のご応募をお待ちしています!

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach iOS/Android
Jobart Mit Berufserfahrung / Auftragsarbeit
Infos zum Unternehmen
Gründer 鶴岡裕太
Gegründet Dezember, 2012
Mitarbeiterzahl 120 Mitarbeiter
Branchen Financial Services / Insurance / IT (Internet/Mobile)

Weitersagen (56)

Alles anzeigen

Weitersagen (56)

Alles anzeigen

Standort

東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 37F

Page top icon