This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
Webエンジニア

エンジニアにとっての「イケてる」を大切にする会社で働きたいエンジニア募集!

株式会社SmartHR

Mitglieder von 株式会社SmartHR

Alle anzeigen (4)
  • サラリーマン時代、10万人に1人と言われる疾患を発症。完治の見込みは20%と宣告を受けるも、闘病期間中に傷病手当金(社会保険の一つ)を受給できたおかげで、リハビリに専念し無事完治。社会保険のありがたみを身をもって感じる。その後、2013年に株式会社KUFUを創業。会社経営のなかで、経営者としては社会保険手続きの煩雑さに課題を感じ、2015年にSmartHRを発案しました。

  • SIer経験+モダンな開発スキル。複雑でおカタイ要件をかみ砕き、シンプルな設計へと落としこむのが得意です。カリフォルニア州立大学でコンピュータサイエンスを専攻。卒業後、大手SIerにてメッセージングミドルウェアや分散データストアの研究開発、金融業向けシステム開発に携わる。iOS、Mac、Win 等、様々なデバイス向けソフトウェアの開発経験。情報セキュリティスペシャリスト。

  • 大学卒業後、ナビゲーションサービスを運営する会社に新卒で入社。経路探索や交通費精算、動態管理といったサービスを支える大規模な WebAPI の設計と開発を担当。API の法人展開にも携わり、お客様と二人三脚でサービスを成長させることを経験。発想力と瞬発力に自信があり、TechCrunch 主催のハッカソンでは企業賞を3冠受賞。2016年に株式会社KUFUに参加。

  • 種子島生まれ。ロケットの打ち上げを見ながらのんびり育つ。
    ソーシャルゲームやクラウドファウンディングの実装や運用を行う。守備範囲はサーバーサイドのインフラから実装まで。前職では、広告配信システムを Docker で約1年間運用したり、モノリシックなRailsアプリを切り離して一部 micro services 化したりするなどしました。

Was wir machen

  • SmartHR で社会保障制度をハックします
  • 多くの企業さまにご導入いただき、継続利用率も非常に高くキープできています。

社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト「SmartHR」を開発しています。

■ SmartHR
https://smarthr.jp

書類を自動作成し、役所への申請もWebから。人事情報も一元管理できます。役所への申請では電子政府の外部連携APIも活用しています。

また、今後は既存資産の有効活用や、スケーラビリティの向上、機能の多様化を狙い、SmartHRの開発に加え、アップセルプロダクトやプラットフォーム化の推進も進めていきます。

■ SmartHR CTOが語る中長期戦略。徹底的なアプリ開発とAPI対応で「プラットフォーム化」促進へ
https://mag.smarthr.jp/guide/vision/detail/smarthr_2019kickoff_serizawa/

Warum wir das tun

  • エントランスではヤギさんがお出迎え
  • IVS、TechCrunchなど各所で賞をいただきました!

「労務手続き」って具体的にどう行っているかご存知ですか?

ざっくり言うと「雇用」に関する「役所の手続き」です。例えば従業員を雇用した時に行う社会保険や労働保険への加入手続き、育休・産休の保険金給付の申請などのことです。

小さな会社では経営者が、比較的大きな会社では総務部や人事部の方々が担当されています。
会社がこの手続きをやってくれるお陰で、医療費の自己負担が減ったり、育休・産休や、病気での休職時、失業時などに生活に必要なお金を受け取ることができるのです。

つまり「労務手続き」は、従業員が安心して働けるよう影から支えるとても大切なお仕事です。

でも労務手続きって、実はとても大変なんです。

 ・たくさんの書類を書かなければいけない
 ・用語が難しい、どこに何を書けばいいか分かりづらい
 ・作った書類をお役所に持っていかなければならない
 ・そもそもどんな手続が必要かわからない

などなど・・・。

私たちは SmartHR を通じて、このメンドウな手続きを分かりやすく、簡単に、親しみやすくしたいと思っています。そしてすべての人が、より価値のある仕事に集中できるような世界をつくっていきたいと考えています。

Wie wir's tun

  • 社内で月に1度、全社員で締め会を行っています!
  • 2019年4月、六本木一丁目駅直結のオフィスに移転しました

■ メンバー
現在SmartHRのメンバーはおよそ140名です。まだまだこれから組織を強くしていくフェーズです!

■ SmartHRのはたらく環境
メンバーがよりパフォーマンス高く働けるよう、はたらく環境づくりの現状にも満足せず、日々アップデートしていきたいと考えています。

〇働きやすさ
・フレックス制(コアタイム10:15-16:00)
・ツール使い放題(ほぼノールック)
・たばこ吸わない手当て
・オフィスコンビニ
・オフィスおかん
・お昼寝推奨(お昼寝スペースあり)
・セキュア手当て(1Password などの費用負担)

〇コミュニケーション活性化
・フリーアルコール(毎日18:30以降)
・シャッフルランチ(毎週水曜日)
・部活制度

〇スキルアップ支援
・書籍購入制度(Slack に書くだけ)
・資格保持費用の負担(士業など)
・勉強会や講座受講の費用負担(都度相談)

〇育児サポート
・男性向け育休制度(2週間の休暇)
・一時貸付金(育児休業給付金が支給されるまで)
・育児環境を整える補助金

〇季節モノ
・花粉症対策グッズ
・麻疹の予防接種費用の負担

〇エンジニア向け
・リモートワーク(週1回)
・PC周辺機器の自由選択
・RubyKaigi などカンファレンスの参加費、交通費、宿泊費
・業務扱いで RubyKaigi などのカンファレンス参加

Beschreibung

SmartHRはエンジニアにとっての「イケてる」や「カッコイイ」を大切にしています。

成果物、知見を共有するオープンな文化を推奨していたり、エンジニアのコミュニティへの還元を意識して実践しています。車輪の再発明をしたくない、社会をハックしたいという思想のもと、複数のライブラリを公開しています。

◆電子政府(e-gov)の API に対応したライブラリ「kiji」を公開しました
https://smarthr.co.jp/news/496

◆マイナンバー検証ライブラリ「Tsubaki」を公開しました
https://smarthr.co.jp/news/16646

◆行政手続きの電子申請をもっと身近に!CSV 形式届書作成ライブラリ「kirico」を公開しました
http://tech.smarthr.jp/tech/549

まだまだ未熟な組織ですが、今後もエンジニアの価値観をたいせつにする会社でありたいと考えています。

ご興味をお持ちいただけた方とは、ざっくばらんにお話させてほしいと思っています!お気軽にご応募ください!

◆お仕事
以下のうちいずれか、あるいは複数を適性に応じて担っていただきます。

・サーバサイドの企画、設計、開発、運用
 ・Ruby on Rails を用いたウェブシステムの制作
 ・公開・非公開 API との連携(e-Govや他社給与システムなど)
 ・非同期・分散処理の仕組みを活用した機能作り
・ライブラリの企画、設計、開発、運用
・インフラの設計、構築
 ・大規模データベースのスケーリング
 ・分散マイグレーションの設計と実装
 ・自動テスト・自動デプロイの改善活動
 ・インスタンス監視要件の作成
・自社サービス API を活用したプラットフォームの企画、設計、開発、運用

◆必須要件
・SmartHR のビジョン、ミッション、バリューへの共感
・プロダクションレベルでの Web サービスの開発、運用経験

◆歓迎要件
・Ruby on Rails を用いた Web サービスの開発経験
・Git を用いた複数人での開発経験
・Amazon Web Services を利用したインフラ運用経験
・OSS の開発、コントリビュート経験
・スタートアップでの就業経験
・SaaS / 業務ソフトの開発・運用経験
・プロダクションレベルでの RDBMS 構築・運用経験

◆開発体制
スクラムをベースに SmartHR の機能開発やカイゼンを行っています。
週次でスプリントを回し、開発メンバー全員でゴールを共有することを心がけています。
ユーザから上がった機能要望や不具合に対しては、全員で課題のコストを見積もり、早い開発スピードを保ちつつも無理のないスケジュールを立てています。

◆テクノロジースタック
・フレームワーク: Ruby on Rails 5
・フロントエンド: ES2015, Sass, webpack
・リポジトリ: GitHub
・開発環境: Docker
・本番環境: AWS, Heroku
・AWS スタック: Elastic Beanstalk, RDS, ElastiCache, Route53, VPC
・CI: Buildkite
・サーバ監視: New Relic, Sentry, Mackerel
・情報共有: Qiita:Team, Kibela
・コミュニケーション: Slack
・タスク管理: JIRA

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach Webエンジニア
Jobart Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Interview per Skype möglich
Infos zum Unternehmen
Gründer 宮田 昇始
Gegründet Januar, 2013
Mitarbeiterzahl 109 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile)

Weitersagen (70)

Alles anzeigen

Weitersagen (70)

Alles anzeigen

Standort

東京都 千代田区 麹町2-1 PMO半蔵門 9F