This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
バックエンドエンジニア

クレジットカードの心臓。決済の基幹システムを Go で書くエンジニア募集。

株式会社カンム

Mitglieder von 株式会社カンム

Alle anzeigen (14)
  • * 大手SIer: Web系案件、情報セキュリティ案件。
    * サイバーエージェント: Amebaのサーバ管理、DBA、運用自動化、ツール開発。
    * トレタ: 予約管理システムのバックエンド、インフラ、運用省力化、開発基盤の整備。
    * カンム: 金融システムを書いている

  • 慶應義塾大学理工学部情報工学科卒業後、産学連携の研究開発ベンチャーに開発者件研究員として入社し、人工知能や自然言語処理といった分野の研究開発に従事。
    カンム設立後、自社サービスの運用、証券会社のWebサイト構築・アクセス解析等の仕事を行う。現在は決済×アドテクの分野で、新しいビジネスモデルの構築に邁進中。マサリスト。

  • The University of Texas at Austin B.A. in Economics取得後、ITコンサルティング会社Accentureに入社。大手GMS、大手アパレルSPAの基盤構築プロジェクトを経験し、よりプロダクト/サービス構築よりの仕事がしたいと考えてカンムに参画。
    カンムではサーバサイド全般/インフラ全般を担当。趣味は炎の大道芸。

  • 公立はこだて未来大学大学院システム情報科学研究科修了後、株式会社エスキュービズムに入社。主にPythonによる自社サービス全般の開発・運用を経験した後、より成長できる環境を求めて彷徨っていたところでランチに誘われカンムに参画。
カンムではフロントエンド、サーバサイド全般を担当。

Was wir machen

  • バンドルカードアプリ
  • リアルカードも発行中

【WHAT】
2016年9月にVisaのプリペイドカードを発行し、順調に利用者数を拡大しています。既に150万インストールを超え、2019年にはTV CMも放映。上場も視野に入れて事業を進めています。
https://vandle.jp

Visaのプリペイドカードとは、インターネット決済をはじめ、Visaのカードが使えるお店であればどこでも使える、先に金額をチャージして使うタイプのカードです。弊社は、このVisaプリペイドカードの仕組みを使って「シンプルでわかりやすいカードを作る」をテーマに、カードを設計しました。

■誰でもすぐに作れる
クレジットカードは20歳かつ大学生以上、与信審査もあって通るからわからない。作り方がわからない。そこをとっぱらって誰でも作れるようにしました。また、アプリを入れて会員登録したらすぐにカード番号をお知らせしてネットで使えるようにしました。こうすることでカード作成の敷居を下げ、すぐ必要な人にすぐ使っていただけます。

■すぐにチャージできる
プリペイドカードはその性質上、事前にチャージする必要があります。この事前チャージがハードルとなって離脱してしまう方は少なくありません。バンドルカードではこの課題を解決しようと、後払い式のチャージ方法「ポチっとチャージ」を2018/04にリリースしております。

ポチッとチャージがあることで「インストール→登録→チャージ→買い物」という、実際に行いたい「買い物」というポイントまでの一連の流れをスムーズに行える設計になっています。

■使いすぎない/安心安全なカード体験
先のお金をチャージするカードなので、お財布と同じように使った金額を管理しやすく、使い過ぎることがありません。
また、不正に使われてもその場ですぐにカードを停止することができます。

■利用シーン
アプリをインストールしたらすぐにカード番号が割り振られ、ポチっとチャージしたらオンラインのVisa加盟店ですぐに使える、という体験を提供します。また、リアルカードも販売しており、街のお店で日常的に利用されるカードに成長しております。

■全て自社開発
基幹システムおよびアプリやWeb等、ほとんどのものを自社で開発しています。これにより、Webサービスと同じくらいの開発スピードで、カードサービスを改善していくことが可能です。

■媒体紹介
・カンム紹介資料
https://speakerdeck.com/achiku/kanmu-inc-current-status-2019-05
・カンムは「世の中のお金の流れを円滑に」する。
https://www.growingcompany.jp/article/interview/kanmu_yamaki/
・バンドルカードができるまで
http://ideyuta.com/vandlecard/

Warum wir das tun

  • バンドルカード
  • オフィス風景

もともと代表の八巻は、技術力が直接売上につながるような事業・会社やりたいと思い、株式会社カンムを創業しました。その想いは今も変わらず、金融という数値を扱う最もITと相性が良いと思っている領域で事業を始めました。

それでは、なぜブランドプリペイドカードを提供するのか?それには2つの理由があります。

1つは、ほとんどの人がネット決済に関わってきている昨今、カードを作れない人、カードを避けていた人、あらゆる人にわかりやすいカード体験を提供したいと考えています。プリペイドカードは年齢制限がなく、与信も不要なため、すべての人がすぐに作ることができます。また、「使いすぎが怖い」「借金みたいで嫌だ」「不正利用が怖い」という人にも、先払いとアプリという部分で解決できています。

そして、わかりやすいカードの実現のために、「カードの作り方がわからない」「いくら使ったのかわからない」「停止するのに電話しないといけない」といったクレジットカードの使い勝手の悪い点を解決するべく、自社でほとんどのシステムを開発しています。カードの仕組みですので、セキュリティを確保し、少しでも落ちないようにしないといけません。金融ならではの制約の中、Webサービス並みの開発スピードを維持する、これが技術的なチャレンジの一つ目です。

2つ目は、決済手数料はもうこれ以上上がらない、そういう時代でも成り立つカードビジネスの提供です。

以前、CLO(Card Linked Offer)という決済データを用いたクーポン・送客サービスを提供してきましたが、それも一つの例で、自社会員・データを用いて、会員にメリットのある形でのビジネスモデルを構築したいと考えています。まさにCLOはデータ解析の精度が売上に直結します。そして、アプリや決済データを蓄積して、独自の与信モデルを作り、新しい金融サービスを提供したいと考えています。

Wie wir's tun

  • アプリやWebサイトから物理カードまで、携わる業務の幅はとても広いです。
  • 社内コミュニケーションも活発です。

自分たちの理想のカードを作るべく、大手カード会社と提携して、弊社がカードの発行主となれるBINスポンサーモデルという形態でカードを提供しています。これにより弊社専用のカード番号があてがわれ、様々なジャンルのカードを企画・発行することができます。

また、全て自社で開発しているため、既存のプリペイドカードシステムと比べて相当安く運用することが可能になっています。

そして「作る人がビジネスをわかっている」ことも大事だと思っており、週次でデータを見てわかったことの共有や、事業計画・ビジネスモデルの共有を意識的に行っています。そうすることで、現場の意思決定の精度とスピードが上がると考えています。

なお、大手システムコンサル会社出身、ベンチャー企業のWebエンジニア、研究開発畑のエンジニア等、幅広い経験の人が集まってチームを作っています。

Beschreibung

【カンムのバックエンドエンジニアとは】
カンムのバックエンドエンジニアとは、サーバサイドのアプリケーション設計と開発、インフラの設計と構築、それらの運用改善、関連部署や関連企業との調整、を行うポジションになります。やれることの幅が広く、暇をすることはありません。

【おもしろさ】
現状のカンムは一般的な言葉で一言で言うとクレジットカード会社です。主なサーバサイドのコンポーネントとしては、ユーザがバンドルカードを利用する際の残高の管理と決済を担う決済システムと、ユーザが操作(利用履歴や残高の確認や入金)するアプリと通信するAPIになります。アプリとそれが通信するAPIサーバ+その決済システムと聞くと、よくある一般的なECサイトのシステムのように聞こえますが、その裏側ではパートナー企業のデータセンターやVisaのシステムと繋ぐなど SIer のようにシステムを連携しています。特に小さなベンチャー企業で Visa と直接つないで決済システムを内製している会社は日本では弊社ともう一社くらいしかありません。
「既存金融サービスを越えていく」という具体性1割エモさ9割の標語のもと、レガシーな金融業界に新しい価値を提供していくために多くの企業や人を巻き込んで事業を進めています。そして多くの人や組織を巻き込むことにより、それぞれの事情や思惑が絡み、システムも複雑になっていきます。エッジケースや大人の事情を考慮した複雑なシステムをゴリゴリと開発し、それをシンプルに運用する仕組みを作りませんか?

【社内の雰囲気】
なぜか駄菓子好きが多いですね。

【仕事内容】
Visa などのビジネスパートナーと通信するシステムやユーザのカード情報や残高を管理する基幹システムの開発、運用を主に担当していただきます。

- Goを用いた TCPサーバ/クライアントの設計、開発、運用
- PCIDSS(※)に準拠したインフラの設計、構築、運用
- Python を用いた運用管理サービスの設計、開発および運用
- パートナー企業とのシステム連携のすり合わせとその実作業
- みんなの仕事が楽になる仕組み作りやツールの開発
※ カード情報保護のための国際統一セキュリティ基準

【使用言語・環境】
- 言語: Go, Python
- DB: PostgreSQL
- 他ミドルウェア: nginx, HAProxy, Fluentd, OpenLDAP
- OS: Ubuntu, Windows Server
- サービス: AWS, GitHub, CircleCI, Sentry, Mackerel, Tenable.io, Soracom
- 機器: YAMAHA, Cisco

【必須スキル】
・AWS を使ったことがある
・Linux の基本的なオペレーションができる
・DB の論理設計ができる
・アプリケーションおよびそのインフラの設計開発運用ができる
・カスタマーサポートなど他部署との協業ができる

【歓迎スキル・経験】
・ゼロから設計して、開発〜運用までを行った経験がある
・Go言語の使用経験がある
・金融、決済システムの開発、運用経験がある
・情報セキュリティの知識がある
・AWS, nginx, PostgreSQLなど一般的なインフラで使用されるサービスやミドルウェアの使用経験がある
・Cisco や YAMAHA などのネットワーク機器のオペレーション経験がある
・他社とコミュニケーションして関係を構築できる

【求める人物像】
・プロダクトに興味を持てる人
・気になったことを深く追求できる人
・手を動かせる人
・カジュアルにPRを出せる人
・職責が細かく別れていない職場環境を好む人
・チームで働ける人(周りが何をやっているか興味がある, どうすれば会社やチームが良くなるかを考えられる人)

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach バックエンドエンジニア
Jobart Mit Berufserfahrung
Infos zum Unternehmen
Gründer 八巻渉
Gegründet Januar, 2011
Mitarbeiterzahl 35 Mitarbeiter
Branchen Financial Services / Insurance / IT (Internet/Mobile) / Advertising

Weitersagen (6)

Weitersagen (6)

Standort

東京都渋谷区恵比寿1-20-18 三富ビル 10階