This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
法務

急成長のスタートアップを支える法務担当者を募集中!

BASE株式会社

Mitglieder von BASE株式会社

Alle anzeigen (3)
  • BASE株式会社 代表取締役CEO。1989年生まれ。大分県出身。
    趣味は、大好きなインターネットを見る事。高校・大学と情報系の学校に通う。両親は経営者。クラウドファンディングのcampfireの運営を行うハイパーインターネッツ社でエンジニアのインターンとして働く。paperboy&co.創業者家入一真氏とモノづくり集団Livertyをスタートし、複数のサービスのディレクション,バックエンドのプログラミングを行う中、2012年8月よりBASEプロジェクトをスタートし、同年11月BASEをローンチ、12月にBASE株式会社代表取締役に就任する。

  • BASE株式会社 CFO
    早稲田大学商学部卒業後、大手ゼネコン(東証一部)にて経理財務業務を担当。
    2007年よりミクシィにジョインし、経理マネージャー、経営企画等の業務を担う。
    2013年に株式会社フリークアウトに入社。経営管理マネージャーとして2014年6月に同社のIPOに貢献。その後、同社にて経理財務、経営企画、IR業務全般を担当。
    2015年6月にBASE株式会社にCFOとして参画、コーポレート業務全般を担当。

  • BASE株式会社 エンジニア 
    PAY.JP事業部 部長 / BASE子会社 ピュレカ代表。
    1990年生まれ。早稲田大学商学部卒業。在学中はクレジットカード決済連動型優待を提供する株式会社カンムでインターンとして従事。2012年にオンライン決済代行サービスを運営するピュレカ株式会社を創業。ローンチ前にピュレカをBASEに売却し、2014年12月よりPAY.JP事業部長兼エンジニアとして、BASEにジョイン。

Was wir machen

  • 4c071691 c38b 4152 81c4 43f418388478?1553823104
  • 187c8213 1cbf 41b0 95fc baafe8ce29cb?1553778580 開設店舗数は70万ショップを突破

◆BASE株式会社
* ミッション:「価値の交換をよりシンプルにし、世界中の人々が最適な経済活動を行えるようにする」
* ネットショップ作成サービス「BASE」(https://thebase.in/
* ショッピングアプリ「BASE」(https://thebase.in/sp

◆PAY株式会社(BASE100%子会社)
* ミッション:「支払いのすべてをシンプルに」
* オンライン決済サービス「PAY.JP」(https://pay.jp/
* ID型決済サービス/お支払いアプリ「PAY ID」(https://id.pay.jp/

◆BASE BANK株式会社(BASE100%子会社)
* ミッション:「銀行をかんたんにし、全ての人が挑戦できる世の中に」
* 即時に資金調達ができる金融サービス「YELL BANK」(https://thebase.in/yellbank

---

ネットショップ作成サービス「BASE」のショップ開設数は70万店舗を突破しました。利用実績調査(※)にて、利用実績No.1に選ばれており、47都道府県すべての地域で「BASE」をご利用いただいています。

※2018年 マクロミル「ネットショップ開設に関するインターネット調査」より

---

BASEをご利用いただいている方の多くは、自ら商品を企画・生産されている方です。

BASEのショップオーナーさんたちは、自分の好きなことを選び、経済的な成功のために自分の好きなことを犠牲にせず、好きなことを仕事や生き方で表現している方々がたくさんいらっしゃいます。

私たちは、そういった自らの人生のオーナーである方々を「オーナーズ」と呼んでいます。

BASEはオーナーズの未来に貢献するプロダクトを今後も作っていきます。

➤ 「We are Owners」(https://thebase.in/weareowners

Warum wir das tun

◆ミッション

「価値の交換をよりシンプルにし、世界中の人々が最適な経済活動を行えるようにする」

世界中には、‟その人にしか作れない素敵な価値”をつくっている方々が多く存在するにもかかわらず、‟価値をつくる作業”よりも「ネットショップを作成・運営する」「世の中の人に買ってもらう」という作業に、多くの時間やリソースを注いでしまっているという事実があります。

「BASE」はそんな方々が、‟その人にしか作れない素敵な価値”の創造にもっともっと多くの時間を注げるように、価値を交換する「場」として「BASE」、価値を交換する「手段」として「PAY.JP」「PAY ID」を展開しています。

プロダクトを磨き続け、これからより多くの方々にご利用いただき、素敵な価値をつくっている方々が、その価値に合ったしっかりとした対価を受け取ることができる未来をつくります。そして、日本で創出される価値の総量拡大に貢献していきます。

◆「BASE」はどのようにして生まれたのか

ネットショップ作成サービス「BASE」は、代表・鶴岡の母の声がきっかけでした。

鶴岡の母は、大分の商店街で洋品店を営んでいます。「ネットで服を売ってみたい」と鶴岡に相談があったので、大手のECモールを使ってみるよう勧めましたが、使い方が難しくてできないと母から返ってきます。

その際に「母と同じような悩みを持っている人が世の中にたくさんいるのではないか」、そう感じた鶴岡は、「BASE」の開発を始めます。これが「BASE」のルーツです。

BASEでは、ローンチ以降、「お母さんも使える」をサービスのコンセプトとして日々プロダクト作りを行っています。

◆今後のBASEはどうなっていくのか

BASEはネットショップ作成サービスの提供にとどまらず、今後は金融事業にも本格参入していきます。

代表の鶴岡は今後のBASEについて下記のように考えています。
「”価値の交換を最適化したい”というのがすべてのテーマ。特にEC・決済・金融の面では、いままで大きい会社しか受けられなかったような恩恵を個人などの小さな単位でも受けられるようになる。EC・決済・金融の面でオーナーズの未来に貢献したい。」

《参考記事》
➤ 鶴岡がForbes JAPAN「日本の起業家ランキング2019」にて3位に選出
https://forbesjapan.com/feat/startup2019/

➤ 【随時更新】BASEのことをまとめてさくっと知りたいときに読んでほしい、記事・情報まとめ
https://www.wantedly.com/companies/base/post_articles/119772

Wie wir's tun

  • 519ce1dd 53b9 4840 ace2 324819c98491?1553778580
  • E400a498 57c8 433d 94cf d45b7146340e?1553778581

鶴岡が考える「共に未来に貢献する仲間」とは、下記のような人です。

「BASEでは「Stay Geek」という哲学を掲げていて、基本的には自分が担当している領域においてはGeekでいてほしいなと思っている。Geekはいろんな意味があるとは思うけれど、探求してる人・熱心な人・妥協しない人・こだわる人、遊び心がある人、そんな人の総称かなと定義している。こだわりを貫けるチームが、目に見えないこだわりを積み重ねてユーザーに評価していただける時代。「Stay Geek」な人達と精一杯リスクを取って良いプロダクトを作りたい。」

メンバーインタビューはこちら
➤ 「BASE Book」(https://basebook.binc.jp/

テックブログはこちら
➤ 「BASE開発チームブログ」(https://devblog.thebase.in/)]

➤ オフィス環境について
https://basebook.binc.jp/entry/2019/02/08/110117

➤ 休暇制度について
https://basebook.binc.jp/entry/2019/02/13/165115

Beschreibung

管理部の組織体制強化をするにあたって、法務チームのメンバーを募集致します。
今後のBASEの成長を支えていく重要なポジションです。
価値の交換をよりシンプルにし、世界中の人々が最適な経済活動を行える基盤創りを支えてください!

■法務担当者
経営陣とも密に接しながら、法務という立場から当社の経営を支えていただきます。

【業務詳細】
・法的観点での経営陣へのアドバイス
・新規事業における法的観点からの調査及び法的課題の解決
・提供するサービスに係る法的課題の解決
・トラブル/訴訟対応
・IPOに関する業務
・資金調達に関する業務(主にリーガル面)
・M&Aに関する業務(主にリーガル面)
・株主総会、取締役会関連業務
・知的財産の管理、商標調査
・関連業界の動向調査/情報収集
・規定整備・管理

Werte

Keine Angst vor Fehlschlägen

「Be Hopeful」 楽観的でいること。期待した未来は実現すると信じて、勇気ある選択をしよう。

Schnelle Entscheidungen

「Move Fast」 速く動くこと。多くの挑戦から多くを学ぶために、まずはやってみよう。

Offene Kommunikation

「Speak Openly」 率直に話すこと。より良い結論を得るために、その場で意思を伝えよう。

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach 法務
Jobart Mit Berufserfahrung
Infos zum Unternehmen
Gründer 鶴岡裕太
Gegründet Dezember, 2012
Mitarbeiterzahl 120 Mitarbeiter
Branchen Financial Services / Insurance / IT (Internet/Mobile)

Weitersagen (19)

Alles anzeigen

Weitersagen (19)

Alles anzeigen

Standort

東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 37F

Page top icon