ライター・編集・ディレクター

リユース×ITのベンチャーでメディア編集に携わりたいSEOディレクター募集

株式会社ウリドキネット

Mitglieder von 株式会社ウリドキネット

Alle anzeigen (3)
  • 2005年に学生起業をし、ECサイトを立ち上げ、漫画の大人買い市場を開拓する。
    代表取締役を9期務めた後、MBOにより同社取締役に譲渡。
    そのままシリアルで起業し、2014年12月に㈱ウリドキネットを設立する。

  • 東京大学大学院を修了後、2014年4月に金融系ベンチャー企業に入社。経営企画室マーケティング事業部でWEBマーケティング全般に従事。
    2015年9月ラクスル株式会社に入社。マーケティング部に所属しWEB広告の運用、代理店ディレクションに始まり、SEO対策、コンテンツマーケティング、メールマーケティング、LPO、サイト改善・導線改善、リードジェネレーション、MAツール運用、アクセス解析など幅広い業務に従事。
    2019年1月株式会社ウリドキネットに入社、最高マーケティング責任者に就任。

  • 大学卒業後、アパレルブランドで販売を行い、さらにブランドを知ってもらうためにSNSでの発信やイベントの企画を担当。特に情報発信に興味をもち、ホテルと飲食店を運営する会社で広報業務に従事した後、ウリドキネットが運営する「ウリドキニュース」の編集・ライティング業務を担当しています。

    幼い頃から「書いて表現すること」に興味をもち、詩や俳句のコンテストで受賞した経験があります。

    点と点を繋げて文章にして、書いたり直してしていく作業が好きです。
    同じ内容でも、表現を一つ変えるだけで印象が変わる面白さがあります。

    ただ情報発信するための文章だけでなく、読み手に行動を起こしてもらう...

Was wir machen

  • amazon・楽天がBtoC、ヤフオク・メルカリがCtoCにイノベーションを起こしたように、我々は買取というCtoBの領域にイノベーションを起こします
  • 『世界を変えるC2Bプラットフォームをつくる』というミッションのもと、日本最大級の買取価格比較サイト『ウリドキ』を運営しています

株式会社ウリドキネットは、『世界を変えるCtoBプラットフォームをつくる。』というミッションのもと、

・買取最高値や買取相場情報を提供する「URIDOKI」
・買取に関心あるユーザーに買取業者や買取のコツをご紹介するメディア事業「URIDOKI NEWS」

の2つの事業を展開しているベンチャー企業です。

amazon・楽天はBtoCの領域に、
ヤフオク・メルカリはCtoCの領域にイノベーションを起こしたように我々は買取というCtoBの領域にイノベーションを起こします。

本来モノを査定し、買取るという行為は専門家であるプロの行う行為です。
弊社は、査定のプロである専門家が力を発揮できる売却インフラを構築し、「モノを売りたい人々には安心を。プロからは信頼を」を実現することで、誰でも安心して取引ができる世の中を構築します。

Warum wir das tun

  • 社会全体の所有の最適化を促し、モノがより循環する社会を実現していきます。
  • フリーアドレスの解放感あふれるオフィスで全部署がコミニケーションを取りやすい環境になっています。

———————————————-
プロがエンパワーメントする仕組みを作ることで、人々の生活を豊かにする。
———————————————-
 
日本のリユース市場は年間1.7兆円市場となり、直近では年9.2%も成長しています。
タンスの奥に眠っている遊休資産を含めると、その規模はナント16兆円以上。
最近ではC2C領域であるフリマアプリが急成長を遂げました。

これからは使わなくなったモノは、より早くより簡単に、次の人の手に渡っている世の中となっていくでしょう。

一方、日本ではまだ凡そ6割もの人々が中古品の譲渡・売却を行っていません。
特に、高額商品や専門性の高い商品のインターネットを通じた取引数はまだまだ多くありません。
安心がなければ価格が担保されないからです。

ウリドキは、査定のプロである専門家が力を発揮できる売却インフラを構築することで、誰でも安心して取引ができる世の中になると信じて、社員一丸となって業務に取り組んでいます。

一緒に、モノがより循環する社会を実現していきましょう。

Wie wir's tun

  • 白を基調とした清潔感あるミーティングルーム
  • 月に1回全社で数値の共有会・その後の交流会を実施して社内コミュニケーション活性化を行っています。気軽に相談できる企業文化です

開発・マーケティング・営業それぞれの部門が目標を持ちながら、サービスの成長に対して連携をしながら自分にしかできない仕事をしています。

一緒に働くメンバーの成長なくしてベンチャーの成長はありえません。
そのため自己成長サポート体制も充実しており、有益な書籍やセミナー受講などは全額補助しています。
また、人員も増加していっている為、一人一人が働きやすい環境づくりになるよう体制も整えています。

現在、ミッションを達成する為に、3つのバリューを掲げて仕事に取り組んでいます。
①Break -突破力・実行力-
「失敗やリスクを恐れずに一歩前へ踏み出す」
スタートアップで新しい価値を創造していく上では常に多くの困難が伴います。簡単な仕事だけでは大きな成果を挙げることはできず、新しいチャレンジや難易度の高いトライが必要となっていきます。そこで失敗やリスクを恐れずに1歩前へ踏み出せるか、思い切って推し進めることが重要だと弊社では考えています。

②User -ユーザー目線・ユーザードリブン-
「常に利用者側の立場に立ってどうすべきか考える」
仕事を進める上で、目先の数値などにとらわれてしまいがち、実際のエンドユーザーを意識出来なくなってしまうことは少なくありません。多くのWEBサービスで起こることですが、ユーザーの顔が見えないために気持ちを理解する意識が薄れてしまい、真のニーズや課題に気付けないということが起こらないように常に利用者側の立場に立ってどうするべきか考えます。「ユーザー」とは利用者・査定士・店舗だけではなく、時には一緒の仲間に対しても向けられています。

③Grit -やり抜く力-
「1度やると決めたことは最後まで諦めずにやり切ること」
様々なトライをする中で全てがすぐに成果が出る訳ではありません。多くの業務を行う中で中途半端に終わってしまうこと、後回しにしてそのまま手つかずになってしまうことなども少なくありません。そのため1度やると決めたことは最後まで諦めずにやり切ることは非常に重要です。弊社ではやり切った上でPDCAを回して次のトライへ進むことが継続的に成果を出すことに繋がると感じています。

サービスの成長と共にメンバー全員が成長するという文化があり、入社当時は未経験だったメンバーも、現在では他のメンバーと変わらぬ活躍を見せています。

現在、ウリドキネットには連続起業家である木暮に加え、
・『アジャイルサムライ』共訳著者であるエンジニア
・急成長ベンチャーをマザーズ上場までけん引したWebマーケター
・楽天グループで営業チームを束ねていた営業マネージャー
など多様なバックグラウンドと専門性を持つ社員が在籍しています。

これまで世の中になかった事業を少数精鋭チームで開発・運営しています。

Beschreibung

弊社の運営するウリドキニュースでは、「もっと身近にリユースを」をテーマに買取にまつわる様々な記事コンテンツを発信しています。

このウリドキニュースはこの1年で500%以上の成長を遂げており、需要に対して供給が追いつかなくなりつつあります……。
今回の募集では、そんなウリドキニュースをさらに一緒に成長させていける編集者・ディレクターを募集いたします。

【お任せする業務内容】
記事コンテンツの企画・ライティング・編集
サイト全体のアクセス解析・改善
外部ライターの進行管理・ディレクション

上記以外にもご経験やスキル、興味に応じて様々な業務を担当して頂くことができます!

【歓迎するスキル・ご経験】
媒体問わず記事コンテンツの執筆・編集経験のある方
WEBメディアの運営経験のある方
コンテンツマーケティング・SEOへの知見のある方

【こんな方、大歓迎です!】
主体的に物事に取り組める方
急成長中のベンチャーで裁量を持って働きたい方
マーケティングやSEOの専門性を高めていきたい方
リユース業界に関心のある方

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach ライター・編集・ディレクター
Jobart Berufsanfänger / Praktikum/ werkstudent / Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Interview per Skype möglich / Komm mit Freunden vorbei / Studenten willkommen
Infos zum Unternehmen
Gründer 木暮 康雄
Gegründet Dezember, 2014
Mitarbeiterzahl 20 Mitarbeiter
Branchen IT (Internet/Mobile) / Media / Publishing

Weitersagen (45)

Alles anzeigen

Weitersagen (45)

Alles anzeigen

Standort

東京都渋谷区道玄坂1-19-11 道玄坂セピアビル5階