This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
事業開発、BizDev

大企業の組織人事課題を解決する人材クラウドサービス、事業開発の幹部候補

エール株式会社

Mitglieder von エール株式会社

Alle anzeigen (3)
  • エール株式会社 代表取締役
    新卒でワークスアプリケーションズに入社、新規営業にて社長賞を受賞。その後、人事総務部のマネージャーを経て、プロジェクトマネジメント会社のgCストーリーに入社。営業・新規事業開発・子会社(健康経営支援)を担当。両社ともにGPTW「働きがいのある会社」ランキングにてベストカンパニーを受賞。現在は、エール株式会社の代表取締役。慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科にて、1対1のコミュニケーションが「働く人の幸せ」と「生産性・パフォーマンス」に与える影響についての研究を行う。

  • 新卒でワークスアプリケーションズに入社し、コンサルティング部門、PM部門、プリセールス部門、事業企画部門、などのManagerを経験。また個人事業主として、中小企業向けの経営コンサルティングも経験。2018年より、エール株式会社に参画。

    ミッション:「みんな違ってみんな良い。そんな世界に変革する。」

    行動指針:「自然体で魅力的な人になる」
     ①愛情と感謝を持ち、公平誠実に接する
     ②我慢せず常に自然体で自由に楽しい人生を選ぶ
     ③相手とのWin-Winな関係を築くため、日々成長し続ける

  • エール株式会社 ブランディング責任者
    茶道家として活動した後、転職サービス「ビズリーチ」を運営する株式会社ビズリーチに創業期より新卒1期生として入社。その後、エール株式会社の創業に参画し、「働く1人1人が『幸せに働ける社会』を創る」を掲げて「クラウド1on1 YeLL」の事業開発に従事、その後ブランディング責任者。また、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科にて「恐れ」「勇気」という感情や、意思決定コミュニケーションデザインの研究を行うとともに、日本の伝統を現代に最適化させる一般社団法人Nippon Collection代表理事。

Was wir machen

副業を中心とした社外のクラウド人材(以下、クラウドサポーター)との1対1の相談機会を提供することで、「企業内のリーダー層の育成」を行っています。
AIによる最適なクラウドサポーターを選定し、相談内容を言語・非言語データの収集・解析することで、個人と組織が成長するためのフィードバックを行っています。

Warum wir das tun

人が成長する上で、「誰と」「どんな」コミュニケーションをするのかは非常に大切です。
一方で、職場内でのコミュニケーション量は減少しています(労働時間の規制、プレイングマネージャ比率増加、飲み会・喫煙所等の減少など)。また、ハラスメント/メンタル問題の増加により過去の部下育成とは異なるコミュニケーションが求められています。

その解決策として「1on1」を取り入れる会社が増えていますが、この変化が激しい時代において、上司と部下のコミュニケーションだけを増やして、適切に人の成長を導いていけるのでしょうか?

YeLLでは「人材育成は社内で行うものだ」という暗黙の前提を壊し、「組織」という枠を越えた人材育成のプラットフォームを創造しています。働く人が自らの持つポテンシャルを最大限に発揮し、組織の生産性と個人の働く楽しさを最大化する全く新しい概念の社会インフラを構築します。

今は、企業のリーダー層に特化していますが、この先は働く全ての人にこのインフラが届くためのBtoBマーケットの拡大を行います。そして、更にその先では、育児で悩むママ、介護問題を抱える40-50代、健康寿命を伸ばしたい高齢者層など、CtoCという形で、1対1の会話によって、より楽しく幸せに生きられる人を増やすために、このプラットフォームを提供します。

Wie wir's tun

組織人材コンサル、外資系消費財メーカー、ERPパッケージベンダー、急成長人材ベンチャー等、多様なバックグラウンドを持つメンバーが集まっています。

また常に外部の知見を取り入れるために、業務委託にてデータ解析ベンチャーの元COOやクラウドソーシング会社の元執行役員、人材大手の元人事責任者、コーチ育成の教育プログラム開発者、コミュニティデザインの第一人者等の有識者にも事業に参画をしております。
また、数多くのベンチャーを急成長させてきた株主とのコミュニケーションも大切にし、事業が小さくまとまらないよう、大きなビジョンの実現に向けて、日々議論を交わし試行錯誤を繰り返しています。

これまでの総額1.2億の資金調達に加え、2019年中には更なる資金調達を行い、ここからの1年で、社員数を2倍の15名、クラウドサポーターを3倍の1000名にし、ビジョンである「働く楽しさがつながる世界」の実現に向けて、事業拡大をしていきます。
そして、私たちの組織自体も、サービスの目指す方向性と同様「楽しく働くと生産性が両立する組織」を体現していきます。

Beschreibung

クライアントは、他の企業がベンチマークをするような大企業に特化。
そのような日本を代表する大企業が抱える組織課題を解決すべく、これまでにない新しいソリューションの戦略から実行までを行います。

【具体的にやっていただきたいことの一例】

◼目標の計測・管理
 −業績目標から各種KPIへのブレイクダウン・水準設定
 −各KPIの結果を踏まえたPDCAの推進
 −(必要に応じ)目指すべき業績目標の再修正

◼目標達成に向けた注力領域・ターゲット顧客の明確化(営業部門と協力) 
 −クライアント:マーケットポテンシャルを踏まえた注力先クライアントの明確化
 −サポーター:新規サポーター開拓先の明確化

◼ターゲット顧客を獲得する手法の考案(営業部門と協力)
 −クライアント:営業先企業のDMU/KBF分析、営業スクリプトの考案
 −サポーター:新規サポーター開拓方法の考案(例:提携戦略の考案など)、デジタルチャネルを活用したマーケティングの高度化など

◼サービスモデルの高度化(サービス開発部門と協力)
 −UI/UXの継続的改善、など

◼中長期を見据えた際の事業モデルの再構築・検討
 −プライシング・マネタイズモデルのブラッシュアップ
 −当社/外部エンジニアとの議論を踏まえた自社技術の活用方向性の検討
 −派生する事業の立案/実行

【こんな方と一緒に働きたいと思っています】

 ・大きなトレンドやマーケットを俯瞰的に見る力がある
 ・地頭がよく、課題の深掘り、問題の評価ができる
 ・できればBtoBのHR系サービスの経験がある
 ・社内外のプロジェクトメンバーと円滑なコミュニケーションができる
 ・今まだだけど、将来的には上記のような人になっていきたいと思っている
 ・社内で活躍している28〜35歳ぐらいメンバーと違和感のない関係づくりができる
 ・20代は成長や成果のために死ぬ気で働いてきたが
  今後についてはもう少し自分の興味関心に移行していきたい
 ・ベンチャーマインドを持っている
 ・新しい時代の日本や日本企業を創ることに心底楽しさを感じている
 ・「幸せに働く人で溢れる未来を創る」というビジョンに深く共感する

向かっていく課題が大きいだけに、今のメンバーだけでは到底実現できない事業だと思っています。

「早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け」

一緒に遠くに行ってみたいなーと思ったら、ぜひご連絡ください!
最初は正社員という形での関わり方でももちろん大丈夫なので、ざっくばらんにお話しましょう。

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach 事業開発、BizDev
Jobart Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Interview per Skype möglich / Wochenendprojekt / Komm mit Freunden vorbei
Infos zum Unternehmen
Gründer 櫻井将
Gegründet Juni, 2013
Mitarbeiterzahl 6 Mitarbeiter
Branchen Consulting / Survey / IT (Internet/Mobile) / Human Resources / Nursing Care

Weitersagen (28)

Alles anzeigen

Weitersagen (28)

Alles anzeigen

Standort

〒141-0032 東京都品川区大崎1-20-8 INOビル大崎3階