This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
マーケター/ディレクター

LegalTechベンチャーで共に成長し、IPOを目指すマーケターを募集!

株式会社クラスアクション

Mitglieder von 株式会社クラスアクション

Alle anzeigen (1)
  • ClassAction代表取締役CEO 兼 トップコート国際法律事務所代表弁護士。
    「IT×法律」(Leagaltech)の領域を得意としています。
    大手企業法務の法律事務所出身。個人からの詐欺を初めとした少額被害の事件を多数経験。
    少額被害者が全く救われていない日本の法律業界の現状を解消すべく、事業会社クラスアクションを起業し、集団訴訟マッチングプラットフォーム「enjin」を立ち上げる。

Was wir machen

  • 7efd610f f58e 4494 9be1 da068463f33d?1542375062 メンバーの集合写真
  • 7b17e023 6394 48cd 8d2e 6ed40a510294?1541737422 MTGの風景

<すべての被害者が救われる世界を>

世界には、詐欺や悪意ある企業の活動によって苦しんでいる「被害者」が大勢います。
ところが、被害者の多くは弁護士に依頼する際の費用が高いことや、弁護士事務所の敷居が高いこともあって、その被害を回復できずにいます。
そういった被害者は、日本国内だけでも、当社調べで「16兆円」も存在しています。

我々の事業は、こういった「すべての被害者が救われる世界」を実現することのできるLegalTechサービスです。

【事業内容】

◆ 集団訴訟プラットフォーム「enjin」

世界でも例を見ない、少額被害者と弁護士団を結びつけるウェブのプラットフォームの運営をしています。

enjin:https://enjin-classaction.com/

現状、詐欺や事故などで集団で被害にあっても、被害者が集まることは容易ではありません。
また、弁護士もニュースにならないような規模の被害は認知のしようがありません。
そんな被害者や弁護士を繋げるプラットフォームを作り、「すべての被害者が救われる世界」を創造します。

◆ 直近の集団訴訟事件

1)破産者マップ(3億円)
2)コインチェックのNEM流出事件(約580億円)
3)はれのひの倒産詐欺(約1億円)
4)強制不妊手術の国賠事件(約2,000億円)
5)ジャパンライフのマルチ商法と倒産事件(2,000億円)
など多数の集団訴訟が発生しています。
それ以外にも、埋もれている多数の被害者の方がいます。

◆ 集団訴訟の現状

「二割司法」と言われる日本の法律社会では、「弁護士に依頼したくても、被害額より弁護士費用の方が高くて依頼できない」という方が多数を占めています。
そんな中、被害者や弁護団でホームページを作ったり、メディアを通して周知をしていますが、まだまだ被害者の方に情報が行き届いていなかったり、弁護士に依頼することへの抵抗や泣き寝入りをしまっている方も多いのが現状です。

そういった被害者の方に対して、コンテンツやメディアを通して、より集団訴訟に参加しやすい文化を醸成させたいと考えております。

また、すべての人がもっと自由に法律を活用できる世界を実現するため、「訴訟費用に特化したクラウドファンディングサイト」を開発中です。

Warum wir das tun

  • B618c6d7 f353 4f4a 98bc 92586fbdafa5?1541737422 オフィス内の風景
  • Dddb4e4c 7960 409f a170 cd36515d0a4f?1541737422 受付

◆ すべての被害者が救われる世界を

・少額被害で弁護士に依頼できない方や、泣き寝入りしている方を減らしたい
・長時間の違法残業を強いる会社に訴訟を起こし、苦しむ従業員を減らしたい
・詐欺の加害者が集団訴訟を恐れた結果、犯罪が減少する世の中にしたい
・被害者の方を救える弁護士が、もっと身近な存在になる社会にしたい

という想いから事業を運営しています。
1人では勇気がなくて訴訟ができなかった方も、気軽に同じ被害者を集めることができ、辛い想いを少しでも救える社会を創造します。

◆世界をあっと言わせる仕事をする
レガシーな法律業界においては、テクノロジーの力を通じて、人々の生活をより豊かにより便利にしていく余地がたくさんあります。
我々は、リーガルテクノロジー(LegalTech)の力を駆使してレガシーな法律業界をアップデートするイノベイターで在り続けます。
第1弾が集団訴訟プラットフォームですが、それに限らず、

■ブロックチェーンの技術をべースにしたクラウドファンディングサービス
■著作権をブロックチェーンでプロテクトし、クリエイター に価値還元するサービス
■RPA・AIの力で士業の世界を自動化するサービス

など様々なLegalTechサービスの開発を構想しています。

Wie wir's tun

  • A904bf54 893b 4e2d 9a35 e7cfea7399de?1541737422 オフィス外観
  • 762923c1 347e 4d70 aefa ec15d4550141?1541737422 オフィス入口

◆ 様々なバックボーンのメンバー

・大手事務所出身の弁護士
・弁護士ドットコムの黎明期から上場までの経験者
・監査法人出身で多数の会社の経営経験者
・Google出身のグロースハッカー
・サイバーエージェント出身のエンジニア
・7億円規模のPMや開発責任者を経験したエンジニア
・台湾でメディア立ち上げを経験したコンテンツライター
・大手新聞社出身の記者/編集者
・SEO業界最大手出身のマーケター
・弁護士兼外務省、参議院法制局出身の法務責任者

それぞれバックボーンは違いますが「すべての被害者が救われる世界を実現したい」「世界をあっと言わせる仕事をしたい」という強い想いで日々仕事をしています。

◆ 億単位の資金調達に成功
事業の将来性やメンバーの熱い想いが届き、シリコンバレーのベンチャーキャピタルやエンジェル投資家等から億単位の資金調達を実施しました。

◆ 働きやすい職場環境

最先端のIT企業のようなオフィスを構えており、残業を強制するような古い文化はありません。分からないことがあれば丁寧に共有し、助け合う文化があります。

また、風通しや居心地の良い環境も整備しております。

・近距離手当
・社内表彰制度
・誕生日のお祝い
・社員懇親会

程よい緊張感を持ちながらも、和気あいあいとした雰囲気で仕事をしています。

◆ 法律事務所も運営

同じ経営陣でトップコート国際法律事務所というブロックチェーン・ICOといった「先端企業法法務に特化」した法律事務所を運営しております。連携会社として、様々なシナジーを生み出しながら活動しています。
https://topcourt-law.com/

◆一般社団法人LegalTech協会の運営
会社・法律事務所と同時に、「リーガルテクノロジーの力で人々の生活をもっと豊かにもっと自由に」をビジョンとしたLegalTechスタートアップが結集する一般社団法人LegalTech協会も運営しております。

協会HP:https://legaltech-association.org/

日本では、LegalTech企業といわれる企業がほとんどなく、この領域で事業運営をしていく下地もなければ社会的に認知もほとんど無い状態です。
こういった状況では、どれだけ個人単位で頑張ったとしても、弁護士などの士業が起業しやすい環境であったり、サービスを普及させる、ましてやユニコーン企業を輩出することは極めて難しいと感じています。
そこで、士業の先生方をはじめ多くの人がLegalTech領域で起業しやすく、サービスを広く普及させることができるだけの「インフラ」を作るということを主たる目的として、この一般社団法人LegalTech協会を立ち上げました。

協会・会社・法律事務所が一体となってLegalTechの普及にと務めています。

Beschreibung

< 仕事の概要>
集団訴訟プラットフォームenjinのユーザー(被害者)を呼び込むための最適な戦略の立案・提案のほか広くマーケティング業務を担って頂きます。
ユーザー属性が他のサービスとは違い、「被害者」という点で極めて特殊なため、これまでの経験をベースにしつつ、その特殊性を踏まえた施策をご提案いただける方を求めています。

< 詳細>
・最適なマーケティング戦略の立案・提案
  例:SNS、ネイティブ広告、youtube広告やSEO等のう
   ち、どの方法が最適かの選定・実施
・リスティングやSNS広告等の運用
・サイトのディレクションや分析
・SEO施策の立案等

<弊社の特徴>
弊社が運営する集団訴訟プラットフォーム「enjin」は、被害者の方と弁護士の先生とをお繋ぎするサービスです。
そのため、
・「集団訴訟のマッチング」という点で世界でも稀有なモデルであること
・「被害者」という特殊なユーザーを相手にすること
・同時に、日常では接することがほとんどない「弁護士」を始めとした専門家にも遡及する必要があること

といった他の企業には無い特徴があります。

<弊社で得られるもの>

・世界初「集団訴訟マッチング」サービスのグロースを担当できること
・「被害者」「弁護士」「加害企業」という3つのレイヤーを意識した特殊なマーケティング領域を担えること
・訴訟費用に特化したクラウドファンディングサービス等、新規サービスも同時並行で進めているため、複数のLegalTechサービスの立ち上げられること

<こんな人をお待ちしてます!>
我々CAは、「すべての被害者が救われる世界の実現」というミッションを掲げながら、同時に、レガシーな法律業界にITの力で切り込むことで、「すべての人が法律をカンタンに活用できる世界」を実現することを目指しています。

このミッションの実現には、単に「enjin」を成功に導くだけでは到底足りません。
我々CAは、enjinに限らず
 ・訴訟費用に特化したクラウドファンディングサイト
 ・離婚にまつわるサービス
 ・知的財産にまつわるサービス
など、新しいLegalTechサービスの開発にも着手し、ミッションの実現に向けて全力で取り組んでいます。

リーガルテクノロジーの力で「世界をあっと言わせたい」方
は是非、CAの門を叩いてください。

・SEO経験者
・ディレクター経験者
・ウェブ広告運用経験者

をはじめ、我々とともに成長し、IPOまで導く気概のある主体性を持った方のご応募、お待ちしております!

Allgemeine Infos
Suche nach マーケター/ディレクター
Jobart Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Interview per Skype möglich / Internationales Team / Komm mit Freunden vorbei / Snacks/Lunch kostenlos
Infos zum Unternehmen
Gegründet November, 2017
Mitarbeiterzahl 21 Mitarbeiter
Branchen Consulting / Survey / IT (Internet/Mobile) / Media / Publishing

Weitersagen (2)

Weitersagen (2)

Standort

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング13F

Page top icon