This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.
経営企画

会社の数字状況を管理することで事業成長を支える経営企画メンバー募集!

Kaizen Platform

Mitglieder von Kaizen Platform

Alle anzeigen (3)
  • 2003年、早稲田大学を卒業後、株式会社リクルート入社。同社のマーケティング部門、新規事業開発部門を経て、アドオプティマイゼーション推進室を立上げ。株式会社リクルートマーケティングパートナーズ執行役員で活躍の後、2013年にKAIZEN platform Inc.を米国で創業。

  • "CTOの役割"とは以下を経営としてCommitする事だと思ってます
    ● Productが事業上の競争力となっていること
    ● Productが事業を大きくすることに貢献していること
    ● その状態を長期に渡って持続すること

    それは何故でしょうか? 私はこう考えています

    ● 事業をScaleさせるためには「儲ける仕組み」が重要
    ● 「儲ける仕組み = Product」であることが多い
    ● そのためにはそれを実現するTechnologyが必要不可欠

    モノを作る人達が、事業の中心に居続けるような組織づくりに邁進してきました。これからもそんな会社にしていくことに全力を尽くしていきます

  • 90年代の就職氷河期に新卒でリクルート入社後、通信ネットワーク事業に所属、3年で事業撤退を経験した後は主に人事系を中心とした部門で18年4社に渡り様々なフェーズでの人と組織に関わる仕事やしくみづくりに関わる。株式会社クロス・マーケティングを経て2017年5月より現職

Was wir machen

  • 8d001f0f 56c6 45c2 acef a0ce94750d5d Kaizen Platformとは
  • 132d363e 2434 49d7 9998 37aca4f2d370 Kaizen Platformが提供したい価値

Kaizen Platformは「UI改善をOpen化するPlatform」を通じてクラウドソーシングの未来を作っていく会社です。

UI改善には以下の4つの課題があります。
1) 開発スケジュール
 発注してからリリースまでに数ヶ月かかる
2) 課題の発見
 サイトのどこを改善していいかわからない
3) アイデアの枯渇
 課題はわかってもアイデアが出てこない
 社内だけで考えると顧客目線のアイデアになりづらい
4) 人材確保
 サイト改善の担当者がいない
 必要なタイミングで適切に担当者をアサインできない

UI改善を世界の数千人のGrowth Hackerネットワークに接続することで解決するのが我々の"Kaizen Platform"です。
これまで企業の中に閉じていたUI改善の仕事を、Openに応募を募ることでこれまで企業が解決できなかった課題を解決します。

Warum wir das tun

  • 3a4ad733 1846 4e4d 8caf cc3566ce10c8 マーケティングやネット事業の責任者、リーダーをお招きし、Kaizen Growth Drive 2016 で話をする当社CEOの須藤
  • 60f582b6 6ba4 441a b722 4bcddba113fa 多くの企業様と今まで出会うことができなかった様々な才能を結びつけるべくサービス事例なども積極的にアウトプットしています

〜改善活動のインフラに〜
スマートフォンが生活に浸透し、Webサイトや広告が「ユーザーが企業の情報に出会う重要な場所」に急速に変化してきています。
Webサイトや広告の改善(UI改善)は、リアルの店舗同様に、見た目や使い心地の改善活動を日々細かく積み重ねる必要があるものです。

我々はこれら一連の流れに必要なものを全て提供する「改善活動のインフラに」なりたいと考えております。

全てが自動で機械的に最適化されていくマーケティングオートメーションの未来ではなく、企業と、企業が今まで出会うことができなかった様々な才能を結びつけるインフラとして、働く人と事業の成長のためのプラットフォームを目指しています。

Wie wir's tun

[ミッション] 新しい働き方と雇用の創出

[バリュー] " Kaizen Value "
「自律性」
業務領域の境界を超えることを厭わず、自ら率先して物事を推進しているか
「チームを優先する」
自分の仕事より同僚を助けることを優先する姿勢を持っているか
「質・結果へのこだわり」
人に言いたくなるような仕事が出来ているか?
胸を張れるものづくり、提案ができているか?
「オープン/透明性」
情報や、やっていることを自分だけで独占せずに、確実に人に伝えているか?
「カスタマーフォーカス」
ユーザーからの声に対して真摯に向き合い本質的解決に取り組んでいるか?
「グローバル」
グローバルなコミュニケーションをサポートしているか

私たちのミッションを体現するためには仲間が必要です。
ミッションとバリューに共感いただき、一緒に実現したいと思っていただける方を募集します!

Beschreibung

当社の経営企画グループは「会社の状況を記録・管理し、それを次に活かしていくための情報発信を担う業務」 として、事業が最大限のスピードで成長するために変革を促すと共に、変化に柔軟に対応できる体制を築くことがミッションです。

【具体的な業務内容】
・社内外会議体の企画・運営・推進(社内外取締役会含む)
・事業計画の策定とモニタリング
・通期事業計画の策定
・事業計画のアップデート 四半期
・経営指標モニタリング
・モニタリングサイクルの運用

ベンチャー企業の経営企画担当として、縦割りではない、Finance領域全般の経験ができることが当社のメンバーとして仕事をする面白みです。
また、経営企画の領域にとらわれない、事業への理解、事業サイドとの距離の近さからくる事業、プロダクトへの理解が身につきます。

<必須スキル・経験(下記いずれかのご経験をお持ちの方)>
・事業経営等経営企画部門での実務経験がある方
・投資銀行もしくはコンサルティングファームにて企業分析等を行った経験がある方

<歓迎するスキル・経験>
・ベンチャー企業等での成長ステージの管理部門での勤務経験

Hervorgehobene Beiträge

Allgemeine Infos
Suche nach 経営企画
Jobart Mit Berufserfahrung
Besonderheiten Use foreign languages / Interview per Skype möglich
Infos zum Unternehmen
Gründer 須藤 憲司
Gegründet März, 2013
Mitarbeiterzahl 55 Mitarbeiter
Branchen Consulting / Survey / IT (Internet/Mobile) / Advertising

Weitersagen (0)

Weitersagen (0)

Standort

東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル10F

Page top icon